日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

芸能人の母校 品川女子、
起業家も育てる進学校に
品川女子学院の漆紫穂子校長に聞く

芸能人の母校 品川女子、起業家も育てる進学校に品川女子学院の漆紫穂子校長に聞く

 東京・品川にある中高一貫の私立女子校、品川女子学院。島倉千代子、山口百恵、広末涼子――。かつて芸能人の通う女子校として知られたが、経営危機に直面して学校改革を断行し、実践的なキャリア教育を展開する進学校に生まれ変わった。28歳をゴールに設定し、そこから逆算したユニークな教育を実践、多くの企業と連携したり、起業体験プログラムを導入したりして、キャリア女子を次々輩出している。女子高生の起業家もいる「品女」を訪ねた。

女子高生の起業、きっかけは母親の病気

品川女子学院の漆紫穂子校長

 「起業のきっかけは母が病気の後遺症で今まで通りの生活ができなくなったからです。困っている姿を見て、生活のなかで問題を見つけるたびに、どう解決すればいいんだろうと、考えるのが癖になっていました」。品川女子学院高等部2年生の有川野乃子さんが起業したのは中学3年生、同校で「デザイン思考」という授業を受けたときだ。

 デザイン思考とは、米シリコンバレーの企業、IDEO(アイデオ)が考案した新たな商品やサービスの開発手法だ。これにより生まれた商品としてはアップルの初期のマウスなどが知られる。観察して仮説をつくり、検証して試行錯誤しながら改善を繰り返して、顧客の問題を解決するための商品やサービスを創り出すという考え方だ。

 この授業を受けた有川さんは「これだ」と思ったという。デザイン思考について勉強し、アイデアコンテストにも参加。貯金をくずして株式会社「SooVIVID(すーびびっど)」を立ち上げた。若い女性を顧客とする企業向けの広告提案やアプリ開発などを手掛ける。簡単な作業やメールは学校の休み時間にこなし、取引先の企業への訪問は放課後や休日を活用するなど多忙な日々を送った。

東京・品川にある品川女子学院

 品川女子の漆紫穂子校長は、「今日も企業の方たちに来てもらい、『デザイン思考』のワークショップをやります。2004年から起業体験プログラムをやっていますし、様々な企業と新商品開発や広告制作などの共同作業もやっています。この焼き菓子もそうなんです」と言って、お菓子のパッケージを見せてくれた。

 生徒たちはナチュラルハウスという食品会社と共同で、からだにやさしい焼き菓子を開発し、オンラインなどで400円弱で販売しているという。

プロの投資家が起業を指南

 これまでにキユーピーや伊藤ハムなど食品メーカーのほか、電通やヤフー、アスクル、衣料品大手のストライプインターナショナルなどと共同作業に取り組んだ。起業体験プログラムは、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表の村口和孝氏の指導を受けてスタートした。ディー・エヌ・エー(DeNA)の創業を支援したことで知られる著名投資家だ。

品川女子の生徒は企業と連携して焼き菓子の商品開発にも携わった

 品川女子では9月の文化祭に向けて各クラスごとに模擬店を出すが、それぞれ事前に生徒たちに10の会社をつくらせる。実際にどのようなビジネスモデルなのか、プレゼンして資金調達も競う。生徒は一人500円出資し、株主となる。文化祭後に収益に応じて利益を配分したりし、監査法人の指導も受ける。仮の株式会社だが、「利益が出て、配当がもらえることもある。まあ、500円の図書カード1枚ぐらいですが」(漆校長)。

 校内には社会起業家もいる。高等部2年生の水野薫さんは16年12月、同じクラスの36人全員と歯周病対策のNPO(非営利団体)を発足させた。「歯周病は様々な病気の遠因になることを知り、予防への意識を高めたいと思いました」と水野さんはいう。日本歯科医師会会長の堀憲郎氏と対談するなど、歯周病予防の広報活動にも一役買っている。

 なぜ品川女子はここまで本格的なキャリア教育をやっているのか。

企業と連携、最初は失敗の連続

品川女子の生徒たちは歯周病対策のNPOも立ち上げた

 「品女の学校理念は社会で活躍する女性を育てることなんです。仕事の上でも、結婚・出産などプライベートの面でもターニングポイントになるのは卒業して10年後の28歳ぐらいじゃないかと。そこから逆算した教育をやろうと考えたわけです。企業と連携した体験型のキャリア教育を実践しようと考えました。でも大変でした、企業など外部関係者との調整もありますし、失敗やトラブルの連続だった」。漆校長はこう振り返る。

 「28プロジェクト」と命名して企業との共同作業や起業体験プログラムを実施するほか、なんと卒業後の『就活』も支援している。卒業した大学生の就職活動支援のため、21歳になると、「白ばら就職情報交換会」を開催、企業のOGなどを紹介したり、就職情報を共有したりしている。そして目標の28歳には卒業生を集めて「ホームカミングデー」を開く。再会して現状報告と確認を行う。

中学の志願者5人、経営難の過去も

生徒が開発に参加した焼き菓子を手にする漆校長

 品川女子と言えば、以前は有名芸能人の通う女子校として知られた。派手なイメージがあるが、しかし「それはたまたま」と漆校長。実は同校は1970年代から80年代にかけて深刻な経営難に陥った。

 「両親がこの学校の経営をやっていましたが、中等部の志願者は5人(77年)にまで落ち込み、その後も低迷しました。当時の品女は高卒の職業女性を育成する学校で、しつけ重視。大学進学の要望に応えられなかった」。漆校長は、早稲田大学の国語国文学専攻科を修了したが、品川女子に就職する気はなく、他校で教師となった。だが、母親が体調を崩したこともあって89年に品川女子に移り、結局6代目の校長になった。

 女子校の再建は容易ではない。現在、渋谷教育学園幕張校と渋谷校を運営する田村哲夫理事長は父親から、経営難に陥った渋谷女子校(当時)を引き継いだ。校名を変え男女共学制にし、両校を多くの東京大学合格者を出す進学校に押し上げた。広尾学園も同様に破綻寸前の女子校だったが、名前を変え、男女共学にして再建した。しかし、品川女子は学校理念を変えず、女子校を貫いて学校改革を実践し、進学実績も伸ばした。

東大合格者も 志願者は200倍に

 品川女子のOG会会長で、NPO「C-ribbons(シーリボンズ)」代表理事の藤森香衣さんは「当時からモデルの仕事をしていましたが、勉強も忙しかった」という。漆校長は「芸能人は勉強しないというイメージでしょうが、(99年卒の)広末さんは、定期試験の1週間前になると仕事は入れず、勉強を重視していました」という。

 99年には品川女子から、初めての東大合格者が出た。同校の1学年の生徒数は約200人。2017年の進学実績は東大や京都大学など国公立大学に計17人のほか、早稲田大学に27人、慶応義塾大学に9人がいずれも現役で合格している。中学入試の志願者は1000人前後に膨らんだ。最悪期と比較すると、実に200倍にV字回復したわけだ。

 女子高生起業家の有川さんは「失敗もたくさんしたが、多くの人と知り合い、いい経験をした。今後は大学受験に専念するため、しばらく仕事は休もうと考えている。大学ではメディア論など社会学を勉強して次につなげたい」という。失敗を繰り返しながら、キャリア女子の育成に注力する品川女子。女子校再生の新たなモデルになっている。
(代慶達也)[日経電子版2017年6月10日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>