日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

やる気スイッチを入れよう(30)この秋は「逆算」して
なりたい自分に近づこう

菊入みゆき authored by 菊入みゆき明星大学特任教授、JTBコミュニケーションデザイン
ワーク・モチベーション研究所長
やる気スイッチを入れよう(30) この秋は「逆算」してなりたい自分に近づこう
撮影協力:東京理科大学

 夏休みを、なんとなくふわふわと過ごしてしまった、という人も多いのではないでしょうか。自分が何を目指しているのかわかっていないと、この先の学生生活も、そうやってふわふわと過ごし、なんとなく終わってしまうかもしれません。

 この秋は、なりたい自分への一歩を踏み出しましょう。

未来から逆算して、この秋にやることを考える

 将来の計画を立てるとき、普通は、現在を基準に考えます。「今の自分の性格や能力を考えると、こういう仕事をして、こんな趣味を持って」と、今の視点で未来を見ます。これを、フォアキャスティングといいます。しかし、なりたい自分になるには、未来の理想の姿をイメージして、そこから逆算するバックキャスティングの思考が有効です。

 ここでは、バックキャスティングをした上で、この秋を充実させる方法を考えてみましょう。

 次の4つのステップを踏むとうまくいきます。

第1ステップ:理想の状態をイメージする
第2ステップ:未来の自分から今を見る
第3ステップ:具体的な目標を文章にする
第4ステップ:すぐにできることを行動に移す

来年の今頃は、どんな自分でいたいか

 第1ステップで、理想の状態をイメージします。ここでは、1年後にどんな自分でいたいかを考えましょう。今の年齢に1才足して、●●才の自分を思い描きます。そして具体的に、来年の9月●日の午後、何をしているかを想像します。

 大島さん(仮名、大学3年、女性)は、次のようなイメージを描きました。

就活が終わって、第一志望に内定している。家族や友達も内定を喜んでくれている。
ボランティア活動や就活で友達が増え、楽しく交流している。
卒論は大変だが、順調に進み、単位も問題がない。

 すべてがうまくいき、不安やストレスがなく、楽しそうです。ぜひ、この状態を実現したいですね。

1年後の自分になって、1年を振り返る

 第2ステップが、まさにバックキャスティングの部分です。1年後の理想の自分が、この1年を振り返ったとすると、どんなことを言うでしょうか。

 大島さんが、1年後の自分になって、考えてみました。

 「3年の冬からインターンシップに何社か行って、就活も余裕を持ってできたのが、内定につながった」

 「就活に必要なTOEICの点数を1年で上げられたので、有利だった」

 「3年で十分な単位を取っていたので、4年は就活や卒論に集中できた。就活を早めに終わらせたので、アルバイトや旅行ができた」

 なりたい自分になるための要素がリストアップされています。

この秋にしたいことをリストにする

 さあ、いよいよ第3ステップ、具体的な目標の文章化です。バックキャスティングでリストアップされたことの中から、この秋にすべきことは何でしょう。

 大島さんは、次の3つを掲げました。

後期の授業を多めにとって、休まず出席する
11月19日のTOEICで●●点を目指す
10月までにワンデーインターンシップ2社に参加する

 大島さんのように、具体的な時期や、2社などの数字を入れておくと行動に移しやすく、達成へのやる気が強まります。

 秋には、大学祭や部活動の大会等の予定がある人もいるかもしれません。「大学祭の出店で、皆と協力して売り上げ目標●●円を達成する」「部活の大会で、上位3位に入る」という目標もあり得るでしょう。

今すぐできることを始める

 今すぐできることをやりましょう。人は、少しでも目標に近づくと、その分だけやる気が上がることがわかっています。動くことが大切なのです。

 次のように、TO-DOリスト(やるべきことリスト)にして、スケジュールに書き込みましょう。文頭に□を書き、できたらチェックを入れていくと、達成感が味わえます。

☑先輩に、どの講義がおすすめかを聞く
□TOEICのテキストを3ページ分勉強する
□ボランティアのサイトを見て、申し込む

 秋は、長い休みが明け、気候も過ごしやすくなり、気持ちを入れ替えるチャンスの時期です。バックキャスティングで理想像を描き、目標を決めましょう。目標を1つ1つクリアすることで、なりたい自分に近づいていきます。

 これは、単純に気持ちがいいことですし、何よりも、自分への信頼感が湧き、自信が持てるようになります。自信が持てると、やる気にスイッチが入ります。

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>