日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

「僕は孫さんを超えますよ」
異才96人は未来の人材
孫正義育英財団の異才支援プロジェクト

「僕は孫さんを超えますよ」異才96人は未来の人材孫正義育英財団の異才支援プロジェクト

孫正義氏は支援を決めた子供たちに「若くていいね」と話しかけた
孫正義氏は支援を決めた子供たちに「若くていいね」と話しかけた

 96人の異才は未来のグローバルリーダーになれるのか。2017年7月下旬、ソフトバンクグループの孫正義社長が私財を投じて設立した孫正義育英財団は、8歳から26歳までの96人に対する支援を決めた。孫氏やノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥・京都大学教授らが選んだのは、「AI(人工知能)が人類の知的能力を超える『シンギュラリティ』の時代が到来するときに、人類を代表する可能性のあるリーダー候補だ」という。この中から次世代のリーダーは育つのか。未来人材の素顔に迫った。

16歳の高校生がビットコイン事業

 JR渋谷駅から徒歩で約10分。クリエーターなどが集まる複合ビル「渋谷キャスト」がある。そこに孫財団が異才のために用意した快適な一室があった。3Dプリンターや様々な端末が置かれ、コーヒーなども飲み放題だ。ここで96人のうちの4人と会った。
「僕は今、東京の大手町でビットコインの会社を経営しています。憧れているのは英ヴァージン・グループのリチャード・ブランソンですね。彼のように様々な分野の会社を経営し、世界一の会社をつくります。僕は孫さんを超えますよ」。こう話すのは山内奏人さん(16)。東京学芸大学付属国際中等教育学校に通う高校生だ。

山内奏人さん(右)と片山晴菜さん
山内奏人さん(右)と片山晴菜さん

 山内さんは、小学6年生のときに「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2012(15歳以下の部)」で最優秀賞を受賞、天才プログラマーとして有名になった。中学時代にスタートアップ企業にエンジニアとして携わり、「Walt(ウォルト)」という会社を起業。「決済や送金など個人のお金に関するビットコイン事業を展開しています。40代ぐらいの方を含め、10人ぐらいでやっています。学校から大手町まで電車で1本ですから。授業とも両立していますね」と話す。

 孫氏は、高校1年生のときに米国に旅だち、19歳で起業の誓いを立てた。山内さんは、「大ぼら吹き」と呼ばれた孫氏を上回るスピードで起業を展開しているわけだ。「先日、英国の大学に招かれスピーチしてきました」という山内さん。帰国子女ではないが、英語もペラペラ。すでにグローバルな次世代リーダーとしての素質は十分のようだが、孫氏にどこまで迫り、追い抜けるのか。

14歳でシンガポール留学へ

中学生の中馬慎之祐さん
中学生の中馬慎之祐さん

 「人間の弱みは強みに変えられるからね」。7月28日の最終選考会で、孫氏は1人の少年に話しかけた。都内の成蹊中学に通う中馬慎之祐さん(14)だ。卵アレルギーに悩んでおり、食物アレルギーに関するアプリ「allergy」を開発。選考会では、最初、選考委員に話しかけられず、「落ちたな」と感じた。後ろの席に戻ろうとしたとき、孫氏にこう声をかけられた。

 あどけない顔の中馬さんだが、「U-22 プログラミング・コンテスト2015」で経済産業大臣賞、アプリ甲子園2015で優勝、「BCN ITジュニア賞2016」などの受賞実績があり、プログラマーとして活躍している。「将来の夢は宇宙飛行士」だったが、まずデジタル技術の腕を磨くため、孫財団の支援でシンガポールに留学しようとしている。孫財団が選んだ最年少の8歳の少年も9月からカナダ・バンクーバーでプログラムに参加するという。

 「今後、4年間で米欧、アジア、南米など世界7カ国・地域を回りながら、色々な勉強をします」。北海道出身の片山晴菜さん(18)は明るく話す。米ミネルバ大学に日本人初の合格を果たし、進学する予定の片山さん。この大学は米国に1年滞在した後、半年ごとに韓国、インド、ドイツ、アルゼンチン、英国、台湾にそれぞれ渡って、現地で生活しながら、ネットなどを活用して学ぶ。片山さんも帰国子女ではないが、全国高校生模擬国連大会に参加、インターナショナルスクールで学び英語は堪能だ。この際の奨学金は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏の財団が助成、次は孫財団の支援を受けるわけだ。海外留学には多額の負担がかかるが、片山さんは「親から親孝行な娘だといわれた」と笑う。

東大院生の三上智之さん
東大院生の三上智之さん

 「今、生物の進化について研究中です」。東京大学大学院で生物学を専攻中の三上智之さん(24)。この4人の中では最もイメージしやすい従来型の秀才だ。ラ・サール高校(鹿児島市)時代に国際生物学オリンピックに日本代表として2度参加し、それぞれ銀メダルを獲得した。「起業したいとか、海外留学とか、いまは考えているわけではないのですが、自分と違うタイプの人たちと交流したいと考え、孫財団に応募しました」という。

 孫氏は、なぜこの財団をつくったのか。日本は画一的な教育を施し、異才が育ちにくい風土がある。米マイクロソフトのビル・ゲイツ氏やアップルのスティーブ・ジョブズ氏ら異能の経営者と渡り合ってきた孫氏は「これじゃ世界のリーダーには勝てない」と昔から嘆いていた。

孫氏、山中教授と意気投合

 16年、山中教授と会った時に「我々で未来のリーダーとなる異才を支援しよう」と意気投合した。孫財団の源田泰之事務局長は「様々な人や学校の紹介を受けながら、異才を探し回りました。今回は日本人が中心でしたが、対象は世界の異才です」という。ネットなどでも募り、約1100人の応募があった。書類選考後に面接し、数学オリンピックの経験者らによって学力も確認した。最終選考に残った110人の中から96人を選び出した。

 96人は、まず1年間は準会員となる。その後、改めて審査を受け、4年間正会員として支援を受けることになる。さらに審査で延長が認められれば、28歳まで在籍することもできるという。支援額は決めておらず、一人ひとりと話し合いながら、オーダーメードで決めていく。中馬さんの場合、食物アレルギーもあるので「親御さんの同伴も必要なら、その負担も検討対象となります」(孫財団)という。

 孫財団は「もちろん孫氏もソフトバンクも見返りは何も求めません。社会に役立ち、世界を変えるような人材を育成したいだけです」(源田事務局長)と強調する。

 「若くてうらやましいね。もう一度、僕も戻りたい」。最終選考会で孫氏は、9歳の異才を前に何度もこう漏らした。今年60歳となった孫氏。ソフトバンクグループの時価総額は10兆円に迫り、日本有数の資産家になった。だが8月7日の決算説明会では、自身の人生に対する自己評価を問われ、「28点。しかし、先は明るい」と答えた。人生に満足せず、まだまだ挑戦したい孫氏。異才たちの若さがうらやましくて仕方ないようだ。

孫氏の後継者は誰か

孫財団の支援の決まった異才たち
孫財団の支援の決まった異才たち

 孫氏にとって最大の課題は後継者問題だ。「グローバルなビジネスを理解し、もちろんテクノロジーもファイナンスも分かるリーダーでないといけない」と孫氏は後継者の条件を語る。一方で「60代で後継者を育成して必ずバトンタッチすると公言しているが、60代というのは69歳まであるのでまだ時間はある」という。孫氏のお眼鏡にかなう後継者選びは容易ではないだろう。

 ソフトバンクの社内、社外を問わず、カリスマ創業者に代わる人材は簡単には見つからないという声ばかり。「将来、孫さんは自分の脳のデータをAIに移植して永久CEO(最高経営責任者)になるのでは」という珍説も浮上するほどだ。6月の株主総会で「後継者はAIか」と聞かれ、孫氏は「生身の人間になってもらいたい」と語った。

 今の日本には、グローバルリーダーになる人材が圧倒的に少ないといわれる。そんな孫氏の危機意識が「異才支援プロジェクト」につながった。16歳の起業家、山内さんは「孫さんは自分のクローンをつくりたいのかな」と笑う。この異才の中から、世界を変える第2、第3の孫正義氏は誕生するのだろうか。
(代慶達也)[NIKKEI STYLE 2017年9月3日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>