日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

ライフネット なぜ就活生に
「重い課題」を問うのか

ライフネット なぜ就活生に「重い課題」を問うのか

 日本生命保険出身の出口治明元会長と若手カリスマ経営者の代表格、岩瀬大輔社長が2008年に開業したライフネット生命保険。「ネット生保」という新たなスタイルは当時、大きな話題になった。2011年から新卒採用を始めた同社は、応募する学生に「重い課題」と呼ぶ論文やプレゼンテーションを提出させる独自の選考を貫いている。学生側の売り手市場が続き、「とにかく早く」と動く企業が多いなか、書類選考の締め切りを遅く設定、秋採用も実施する予定。ユニークな採用活動の背景を採用担当者の篠原広高氏に聞いた。

採用開始当初から続ける「重い課題」

ライフネット生命の篠原広高氏

 ――2018年卒の採用予定数と採用の流れは。

 「採用予定数は毎年2、3人です。今年は、まず『重い課題』という独自の課題を6月15日までに提出してもらい、グループディスカッション、部長や人事担当者との個別面接を経て、最終の役員面接となります」

 ――3月に広報解禁、6月に選考開始という経団連のスケジュールより、ずいぶん遅いですね。

 「当社としては、これでも去年より1カ月から1カ月半早くしました。学生が就職活動に臨む時期からずれているので、やめてしまった学生には会えませんが、それはしかたないと思っています。結果として応募数は去年より少し多く、順調です」

 ――「重い課題」とはどういうものですか。

 「数字・論理的思考で見る課題A(17年は訪日外国人旅行者を6000万人に増やす目標が達成されたときに起こる問題と解決策)と、当社が求める人物像でもある『応援される人かどうか』などを表現してもらう課題Bのどちらかを選んでもらいます。体裁は自由ですが、Aは論文形式の人が多いですね。Bはバリエーションに富んでいます。パワーポイントでもいいし、動画でもなんでもいいです。課題Bでは、文章や表現のうまさではなく、自分と正直に向き合っているか、自分が周囲に応援される理由をつかんでいるか、自分の弱さをきちんと開示しているか、といった点を見ています」

 「『重い課題』を始めた目的は2つあります。まだまだ社員も少ないベンチャー企業なので、新卒採用に多くの時間や手間、お金をかけられません。一方、人と会い、採用するというのは簡単にできることではありません。そこで考えたのが、重い課題でした。受ける人の数は減りますが、本気の人だけが受けてくれるのです」

「採用ゼロ」でも構わない

 ――応募状況はどうですか。

 「当社はもともと数を追う採用をしていません。毎年、重い課題の応募数を見ながら、採用活動を前半と後半に分けていますが、今年は前半で33人の応募がありました。後半は10月からの予定です。去年の応募は全部で38人だったので、今年のほうがやや応募状況はいいです」

ライフネット生命の岩瀬大輔社長

 「100を超える応募があった時期もあるので、それに比べたら少ないです。11年当時、インターネット生保という業態の革新性は高かったですし、メディアで会社が取り上げられ、選考方法も話題になりました。当時はより先鋭的だったので『ベンチャーで働きたい』という学生に注目されたというのもあると思います」

 「ただ、社風や価値観に合わない人でもいいからとにかく採用しようとか、新卒は絶対にとろうとかいう考え方ではないんです。極端に言えば、ゼロでもいいんです。ここまで予定の人数を採用できていますが、それは結果的にそうなったということです。一番いいのは、2人の応募があって、2人とも採用できることですね」

 ――採用が絶対ではないなら、創業5年の早い時期から今まで新卒採用を続けているのはなぜですか。

篠原氏は「若い世代の感覚を取り入れるためにも新卒採用は重要」と話す

 「当社の事業は、若い世代、特に子育て世代に『安く入れる保険という選択肢を提供したい』というところから始まっています。ターゲットとする顧客は、常に若い世代なんです。中途採用の人材だけで組織を運営することはできても、結果として若い世代の感覚が抜け落ちてしまう危険があります。それが非常に怖いんです。だから、人数は少なくても採用を続けています」

 ――学生の応募で、どういうきっかけが多いのですか。

 「入り口は『出口(治明元会長)さんの本を読んだ』『大学に岩瀬(大輔社長)さんが講演にきて気になっていた』といったように、2人の経営者の影響が大きいです」

 「経営陣を含め、当社が耕してきたものが4、5年たって実を結び、そのうちの一つが採用に表れたというイメージです。実際に応募してくれる人たちは、以前から当社を知っています」

採用も「種まき」

 「採用活動も、直接的に『応募してよ』と呼びかけるより、『種まき』のような意識でやっています。若い世代に向け、お金について学んでももらうセミナーを開くといったことです。そこでよい印象を持ってもらえれば、採用にはつながらなくても、将来保険の契約をしてくれるかもしれませんよね」

 「実は重い課題も、人事からではなく、マーケティング担当者のアイデアから生まれたんです。当社を知ってもらうために、採用でも何かできないだろうかと。『採用×プロモーション』『採用×マーケティング』という発想でなかったら、新卒の採用活動をしようとはならなかったと思います。今よりもずっと規模が小さかったですから」

 ――求める人物像で「応援される人」という話がありました。

 「社員に『どんな人と一緒に働きたいか』をたずね、出てきたキーワードをまとめたものが『応援される人』です。自分が何もしないで応援される人はいません。努力していたり、人をいつも助けたりしているから、何かのときに自分が応援してもらえるんだと思います」

 「岩瀬が『ギブ・アンド・テークなんか考えるな、ギブ・アンド・ギブ・アンド・ギブだ』とよく話しています。自分のできることを相手にどんどん与えることで、信頼関係ができます。本当に困ったときに助けてもらえるようになります。応援されているということは、その人がその前に何かをやってきているということです。そういう人と働きたい、と思っています」

 ――創業者の出口氏が6月に会長を退きました。影響はありますか。

ライフネット生命の創業者で、会長を務めた出口治明氏

 「今年の採用活動で、やりづらかったことはないです。出口もよく、『どこかでバトンを渡そうと考えていた』と話していました。少しずつ若手に権限を委譲し、生命保険の『エバンジェリスト(伝道師)』としての役割を重くしていたので、今回の退任も非常にスムーズでした。誰かがいないと困る仕組みでなく、『100年続く会社』になれる仕組みをつくりたいと思っています」

 「創業当初は、『カリスマ経営者と働きたい』という思いで応募する学生もいたと思います。岩瀬がブログで募集したのに応募するような形ですよね。しかし、もうそういう段階ではありません。経営者をきっかけに会社を知り、『保険を本質に戻す』とか『性的少数者(LGBT)のための生命保険に意味を感じた』とか、事業に価値を感じて応募する学生が増えています。共感するポイントが、属人的なものから組織そのものになってきていると感じます」
(松本千恵)[NIKKEI STYLEから転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>