日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

チェック!今週の日経(30)始まったAIスピーカー商戦
滑舌が悪いと使えない?

authored by 日経カレッジカフェ 
チェック!今週の日経(30) 始まったAIスピーカー商戦 滑舌が悪いと使えない?
グーグルホームを発表するグーグル日本法人の徳生裕人製品開発本部長(右)

 日経の研修・解説委員やカレッジカフェ編集スタッフが、この1週間の日経電子版や日本経済新聞から企業ニュースを中心にピックアップし、解説する「チェック!今週の日経」。この1週間は衆院解散を受けて、野党のめまぐるしい離合集散の動きが目立ちましたが、産業界でもポストスマホと呼ばれる大型商品が登場しました。それは人工知能(AI)を搭載した「AIスピーカー」。

 米国ではスマートスピーカーと呼ばれ、すでに1000万台以上が販売されているとか。今回はこれからヒット商品に育つと思われるこのAIスピーカーの日本での動きを追ってみましょう。

各社が一斉に発売・発表、国内勢も参入

 10月に入ってAIスピーカーの口火を切ったのは、アマゾンジャパンです。2日に「エコー」という商品名で、日本での販売を年内に始めると発表しました。

 アマゾンは2014年に米国でエコーを発売したAIスピーカーの先駆者で、同国では7割以上のシェアを持っています。10月末に米国で現行機種より価格を約4割下げた新機種を発売し、次は日本市場に参入という目算のようです。

 

アマゾン、日本でAIスピーカー 年内発売(10月3日)

 しかし、その後、数日で他社も一斉に動き出しました。10月5日、グーグルが「グーグルホーム」というAIスピーカーを翌日に発売すると発表。LINEも5日、8月に売り出したAIスピーカー「WAVE」体験版に続く正式版の販売を始めました。ソニーも年内に発売する方針です。5日付日経新聞夕刊の1面にまとめ記事が掲載されていました。

紙面

 

AIスピーカー、日本で号砲 グーグル・LINE・ソニー...(10月5日)

話しかければ欲しい情報を提供、家電の操作も

 ここでまだAIスピーカーをよくご存知ない方のために、解説を。簡単に言えば音声認識機能をもつクラウド型のAIを搭載したスピーカーです。欲しい情報や聞きたい音楽を声で問いかければ、スピーカーが反応してくれ、他の家電の操作までできるというものです。

 例えば、グーグルホームなら、「OK、グーグル。今日の天気を教えて」と話しかけると、最新の天気予報を音声で伝えてくれたり、「OK、グーグル。明日のスケジュールを教えて」と聞けば、カレンダー機能に登録した予定を読み上げたりできます。もちろん、音楽再生はお得意で、「最新のヒットチャートにある曲をかけて」「クリスマスの曲をお願い」といったリクエストにすぐ応えてくれるそうです。

グーグルのAIスピーカー「グーグルホーム」

 さらに米国では「おやすみなさい」と声をかけると家の防犯システムを作動させたり、エアコンやテレビなど他の家電を操作させたりするサービスも生まれています。

 ポイントはAIが学習するにつれ、話し言葉の認識力や回答する情報の精度が高まること。使えば使うほど、より役立つようになるというのがAIらしいですね。例えば、LINEは子供の声の認識機能を高めたり、日本の住環境に合わせて音声と雑音を区別したりできるようにしています。

 価格は「グーグルホーム」が1万4000円(税抜き)、LINEの「WAVE」が1万5000円(税込み)と新型情報端末としては比較的、手頃。米国で爆発的に普及している理由のひとつもこの価格設定でしょう。

意外に低い音声の認識率

LINEのAIスピーカー「WAVE」

 ただ、日本で本格的に普及するかどうかにはいくつか課題があります。ひとつは音声認識の精度です。使っていけば精度が上がるとは言え、使い始めの段階であまりに命令が伝わらなければ「使えない」ということになりかねません。米国での発売から日本での本格展開までに時間がかかったのも、日本語の音声認識機能の問題のようです。

 ちなみに米国のコンサルティング会社の調査では、5000の英語の質問に対し、音声を認識して何らかの回答をした割合がグーグルは68%に対し、アマゾンはわずか20%。その回答が正しかった割合はグーグルが90%、アマゾンが87%だったそうです。日本語認識もちょっと心配ですね。

 もうひとつはどういった情報を提供してくれるかです。これには日本で周到に準備を進めてきたグーグルが一歩、先んじたようで、すでに国内の有力マスメディアなど約30社がサービスを提供しています。ちなみに日経新聞も電子版のニュースを提供しています。これに対し、LINEはまだパートナー企業を公表していません。アマゾンなど他社も含め、今後のコンテンツの充実が望まれることでしょう。
(研修解説委員 若林宏)

記事のリンクは日経電子版に飛びます。ログインしてお読みください。いずれも有料会員限定記事ですが、無料会員(日経カレッジカフェ会員を含む)でも、月間10本までは限定記事を無料で読むことができます。就活のために新聞を購読している方は、その日付の新聞を開いて読んでみましょう。