日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

東進ハイスクール英語講師が教える
「英語難民」を脱するワザ

東進ハイスクール英語講師が教える「英語難民」を脱するワザ
撮影協力:神田外語大学

 2020年度に迫った大学入試センター試験改革。目玉は英語にスピーキングテストが加わることだ。大学受験が変われば、高校や中学の英語学習法が大幅に見直される。しかも小学校の英語授業も本格化する。急速にグローバル化が進展するなか、一般の企業でも外国人社員が増え、ビジネスパーソンにも英語を話す力が求められている。「英語難民」は居場所がなくなりそうだ。英語教育はどう変わるのか、対処法はあるのか。東進ハイスクールなどで活躍し、カリスマ英語講師として知られる安河内哲也氏に聞いた。

スピーキングテスト、民間事業者を活用

 「日本の英語教育は革命的に変わる。20年度のセンター試験から英語は、『読む』、『聞く』の2技能を中心に測定するテストから『話す』『書く』が加わり、英語力の4技能を均等に測定するテストに変更される。ポイントはやはりスピーキング力だ」。文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」委員でもある安河内氏はこう話す。

 センター試験は毎年1月に50万人以上が受験するが、スピーキングの技能など一度に測れるのだろうか。安河内氏は「もちろん、2日間のセンター試験でスピーキング力を試すなんて無理。民間業者を活用することになる。センター試験期間中ではなく、ある一定期間内に例えば、英検などを使ってスピーキングテストをして、それをスコアとするわけだ」という。

 民間業者は最終的に選定されていないが、英検のほか、「TOFEL iBT」、「GTEC CBT」など信頼性が高く、広く普及している検定試験形態を活用することになりそうだ。この手のテストはパソコンやタブレットなどの端末を通じて対応が可能。ただ、全国津々浦々の高校生を対象として、セキュリティーを担保して公平にテストを実施する必要があり、課題も少なくない。

フィリピンと安価なオンライン英会話

 どのようにしてスピーキング力を磨けばいいのだろうか。安河内氏は「当然のことだが、学校の授業でたくさん話すのが一番大事。不運にも外国人講師がいないとか、活動型の英語授業を行っていない学校に通っているような場合は、民間の英会話学校などを利用することになるだろう。ただ、それにはお金がかかるので、安価なオンライン英会話が一番のお薦めだ。アプリは発音の練習には役に立つが、とにかくたくさん話す方が効果的だ。学校でもオンライン英会話を導入していくことが期待される」という。

 例えば、無料インターネット電話「スカイプ」を使えば、毎日25分、フィリピン人と英語でしゃべっても月5000~6000円ぐらいのコスト負担で済むという。「フィリピン英語をバカにする人もいるが、普通に教育を受けた人なら、結構しっかりした英語を話す。米国企業はコールセンターとしてフィリピンをよく活用している」(安河内氏)。確かにネットを活用すれば、地方との教育格差も生まれない。

 20年度の入試英語改革を機に、小学校での英語教育も本格化する。安河内氏は「英語を使うことへの子どもたちの抵抗感が小さくなるだろう。英語の必修化は、現在の小学5、6年から、小学3年に引き下げられそうだ。さらに小学5年からは、これまでの『外国語活動』という扱いでなく、正式な教科となるのではないか」という。名門私立女子校、雙葉学園の雙葉小学校は1年生から英語を教えるなど、都内では英語を学ぶ小学生が増えている。

 有名進学校でも外国人講師を増やすなど、グローバル人材教育に力を入れているところが人気だ。千葉市にある渋谷教育学園幕張中学・高校。東京大学など難関大学の合格者が急増し、17年は東大に78人が合格した。ネーティブの教員が充実しており、田村哲夫校長は「東大もいいが、グローバル社会のリーダーになるためには、若いうちに最低1年は米国などに留学した方がいい」と強調。海外の有力大学にも多くの卒業生が進学している。

 東大合格トップの開成中学・高校の柳沢幸雄校長は、もともとハーバード大学院教授で度々ベストティーチャーにも選ばれた。海城中学・高校の柴田澄雄校長は元三菱商事マン、国際人の育成に力を注ぐ。公立高校でも都立国際高校が初めて国際バカロレア校として認定され、海外のトップ大学に挑み始めている。いずれの進学校も実践的な英語教育に本腰を入れ、短期留学や研修など海外交流を積極的に進めている。

 英語力の向上を迫られているのは、むろん小中高生だけではない。職場でも英語からは逃げられない。

 日本の一般企業でも海外企業とのM&A(合併・買収)や提携が増え、外国籍の社員も確実に増加している。日産自動車のように「役員の半分近くが外国籍。英語文化にもう慣れた」(同社幹部)という会社もあれば、関西系の老舗製薬大手、武田薬品工業の幹部のように「経営幹部は外国人ばかり。メールは読み書きできるが、英語でうまく報告するのは大変。おかげで会議が短くなったけど」とこぼす人も。このままでは若年層と中高年層の間に圧倒的な英語格差がつきそうだ。

20分でスピーキング力を評価

 対処法はないのか。安河内氏は「子供と一緒に学ぶ気持ちが大事だ。文法力なんて中学英語+αで十分。安いオンライン英会話を活用しながら、その都度スピーキングテストを組み合わせる学習が有効だ」。たとえば、国際的な英語テスト「Versant(ヴァーサント)」では、スマホやパソコンなどを利用すれば、20分弱のテストで即座に評価され、結果が出るという。

カリスマ英語講師と呼ばれる安河内哲也氏

 そうは言っても、英会話に強い苦手意識を持つ人は少なくない。日本人の場合はLとRの発音がうまくできず、初めからつまずく人もいる。「多少間違っても、大きな声でゆっくり話せば相手は理解してくれることも多い。発音はスペリングをイメージしながら、Lの時はベロを上の歯の裏につけて、Rの時は舌先をどこにもつけずに発音するように意識すればいい」という。

 年配の日本人の英語嫌いの原点は「英文法」にあると指摘する声もある。現在形、過去形、現在分詞、過去分詞、そこは「三単現のs」、関係代名詞......。受験英語では、英文法の正確性を問われる問題が多い。

 文法にこだわるあまり、しゃべり下手になりがちだが、安河内氏は「英語の入試改革で4つの技能を試されるようになり、マニアックな英文法を問われる比重がグッと低くなる」という。文法力や翻訳が要だった受験英語は否定される。

文法を気にせず、最初はデタラメ英語でも

 安河内氏は「最初はデタラメでもいいから速くたくさん話すことを重視するのが大事。たくさん話せるようになってくると、自ずと正確さを高めようという意識が生まれる。最初から正確さを求めると、それがメンタルバリアとなり、話せなくなってしまう」と強調する。20年は東京五輪の年でもあり、多くの外国人観光客の訪日が見込まれる。「英語難民」と嘆いている時間はもうない。

安河内哲也
 1967年福岡県生まれ。1990年上智大学外国学部卒。東進ハイスクール・東進衛星予備校英語科講師、実用英語推進機構代表理事。文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」委員など歴任。

(代慶達也)[NIKKEI STYLE 2017年9月27日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>