日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

これからの女子キャリと生き方(23)Decide by Myself~自分の人生は自分で選択しよう

新居日南恵 authored by 新居日南恵manma代表
これからの女子キャリと生き方(23) Decide by Myself~自分の人生は自分で選択しよう

NGOジョイセフのホームページ

 こんにちは。manmaの新居 日南恵(におり・ひなえ)です。先日、女性のいのちと健康を守るために活動している国際協力NGOジョイセフが展開している「I SELECTSHOP by I LADY」のお披露目会で、案内人をつとめさせていただきました。今日はこの取り組みについて、皆さんにご紹介させていただきたいと思います。

自分らしい人生を、自分で選ぶ

 NGOジョイセフさんが展開している「I LADY.」キャンペーンというものがあります。日本の女性にも、自分らしい人生を、自分で選んでほしい、そんなメッセージを発信するキャンペーンです。

 「LADY」とは、「LOVE/ACT/DECIDE/YOURSELF」の頭文字を取ったもの。途上国の女性のSRHR(リプロダクティブヘルス/ライツ)※をサポートしてきたジョイセフさんが、国内の女性にこそ課題があるのではないか、ということで始められました。

※SRHRとは
SRHRとは、人が生まれてから通っていく性と生殖にまつわるすべての過程。「思春期」「月経」「恋愛(異性愛/同性愛/両性愛)」「セックス」「性感染症」「避妊」「妊娠」「中絶」「出産」「不妊」「男性不妊」「婦人科疾患」etc......。そのすべてがSRHRにまつわるできごとです。早い時期からこの知識をつけておくことで、自分自身を性感染症や望まない妊娠から守ることができる。そして相手も守ることができる。前向きに自分の人生を選ぶことにつながるのです。(I LADY.サイトより)

「I LADY.」キャンペーンホームページ

 途上国では、出産で命を落とす人や、自分自身の結婚や出産のタイミングを自分で決められない人がいます。そして、決める権利を強く求めています。一方で、日本は安全で平和的に感じるからこそ、女性が自分自身で「決める」という感覚が、より低いのではないか。自分で決めることをせずに、苦しんでいたり悩んでいたりする女性も多いのではないか。

お買い物をするように、自分の人生を選ぶ

「I SELECTSHOP by I LADY」の案内板

 だからこそ、自分自身の健康に関することを自分で決める体験をしてほしいということで、今回「SELECT」をテーマに、ブースができあがりました。"お買い物"をするように、自分自身の健康に関する問いに対する答えを、自分で選んで、決めて、カゴにいれて行く。そんな体験ブースです。

 「望まない妊娠を防ぐために、あなたの対処法は?」などなど、普段なかなか考えない問いも。お披露目会に参加された皆さんも、真剣に一つ一つ考えながら、選んでいらっしゃいました。

 当日の様子は、こちらの動画からもチェックしていただけます。

 私自身も、I LADY.キャンペーンにアクティビストという形で関わらせていただいています。若い世代にこそ、積極的に関わってもらいたいテーマ。とはいえ、なかなかとっつきにくいですよね。

 I LADY.キャンペーンでは、可愛いTシャツやiPhoneケース等を展開し、若い世代に興味を持ってもらえる工夫が凝らされています。まずは、可愛いグッズを身に付けて、自分自身の心と体をちゃんと大切にしているかな? 自分自身の人生、ちゃんと自分で決められているかな? と、問いかけることだけでも、大切な一歩だと感じます。

「#I am Remarkable」と自分を認めよう

 そして、メッセージが共通するところがあると感じるキャンペーンもご紹介させてください。Googleが展開している「#I am Remarkable」というものです。

「I SELECTSHOP by I LADY」のお披露目会で

 自信が持てないと言われている女性たちを、応援するこちらのキャンペーン。普段なかなか自分で自分のいいところを探すことって少ないかもしれません。自分自身の素晴らしいところを自分で探して、認めるというワークショップを展開しています。

 I LADY.も、こちらのキャンペーンも、共通するメッセージがあるように感じますよね。女性たちが自分たちは、価値のある素晴らしい存在なのだと、まず自信を持つこと。そして、自分の人生を自分で選び、自立して生きていくこと。いまの日本においても、とっても大事なメッセージに感じます。一人でも多くの若い世代に届いたら嬉しいです。