日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

早稲田祭への想い2017(6)最高の仲間と共に最高のダンスを届けたい

authored by 早稲田祭2017運営スタッフ
早稲田祭への想い2017(6) 最高の仲間と共に最高のダンスを届けたい
撮影:土肥佑介

 日本最大級のサークル数を誇る早稲田大学。その中で今回は、早稲田大学ジャズダンスサークルOasis(以下:Oasis)の大坪珠子さんと安岡春奈さんにお話を聞きました。Oasisの魅力や早稲田祭にかける想いに迫ります。
(聞き手は早稲田大学教育学部1年、早稲田祭2017運営スタッフ広報制作局 今岡駿介)

Oasisってどんなサークル?

――早速ですが、普段の活動内容や活動実績を教えてください。

大坪珠子さん(左)と安岡春奈さん(右)

安岡 Oasisは基礎的な練習やイベントに向けた練習を含め、週2回活動しています。その他、イベントの中で行う個々の作品ごとに練習することもありますね。参加するイベントは、新歓ライブや早稲田の芸術祭、自主公演で行う夏ライブ、早稲田祭、ジャズダンスのコンテストなど多岐に渡っています。去年Oasisはそのコンテストで準優勝に輝きました。

――次に、ジャズダンスについて教えてください。

大坪 バレエとHIPHOPのリズム感を融合したダンスがジャズダンスです。ジャズダンスといっても、HIPHOPに近いものからバレエ寄りのものまでたくさんのジャンルがあり、Oasisではそれらの幅広いジャンル全てに取り組んでいます。

――では、Oasisの目標や理想を教えてください。

大坪 年末のコンテストで優勝することを目標に1年間活動しています。また、仲間との関わり合いを通じてダンスの技術や表現を高め合うことが私たちの理想ですね。

――次に、そんなOasisのアピールポイントを教えてください。

大坪 全員がとても真剣に「ダンス」というものに取り組んでいるところだと思います。また、みんな仲が良いのでサークルの雰囲気もとても良いです!

同期の絆が深まった自主公演

――お二人がOasisに入った理由を教えてください。

安岡 高校時代の部活の先輩がOasisに入っていたのがきっかけです。体験練習に行ったとき、先輩方がとても優しいのに加え、真剣にダンスのことを考え取り組む姿を見てOasisに決めました。

大坪 私は友達と体験練習に行ったときに、先輩方がとても親しみやすかったのが理由の一つです!また、新歓ライブに行ったとき、1公演の中でいろいろなジャンルを踊る先輩方を見たこともあって。さまざまなジャンルに取り組めるのはすごく楽しそうだなと思いOasisを選びました。

――お二人とも先輩の存在が大きかったのですね。それでは次に、早稲田祭2017のキャッチコピー「その一瞬に華ひらけ」に関連して、今までの活動の中で思い出に残っている瞬間を教えてください。

大坪 2年生のとき、自主公演で踊った学年のナンバーが思い出深いです。それまでは先輩やコーチの振り付けを踊っていたんですけど、そこで初めて衣装、曲、振り付けなどを全部自分たちだけで考えて創ったんです。作品が完成するまでに同期内でいろいろ苦労があったので、本番の舞台で踊った瞬間はとても感動しました。Oasisで活動してきた中で一番思い出に残っている瞬間かなと思います。

安岡 私は今年踊った学年のナンバーが印象に残っています。3年生の演技だけ毎回演技の最後に金色のテープを降らすのですが、それを舞台から見たときに、最終学年である3年生として私は今踊っているんだと実感して感動しました。

自主公演の舞台(撮影:土肥佑介)

集大成としての早稲田祭

――これまでの早稲田祭での経験や早稲田祭に向けての練習で大変だったことを教えてください。

大坪 早稲田祭は3年生にとって最後のステージとなるので、1、2年生は『3年生と踊るのはこれが最後』という気持ちで大切に踊らなければいけません。その中で先輩の後ろで踊った経験というのは、すごく貴重だったなと思っています。

安岡 早稲田祭に向けての練習は授業が始まってからの活動となるので、自分の授業とサークル活動を両立させていくのが大変ですね。

――では、早稲田祭2017での演技の見どころを教えてください。

安岡 ジャズダンスのジャンルにはさまざまなものがあるので、今回の早稲田祭でも一つのジャンルだけではなく、いろいろなジャンルを発表するようにしています。どんなお客様でも楽しんでいただけるような公演になっていると思いますね!また、OB・OGの方が出演する作品が一つあって、中にはプロのダンサーとして活躍していらっしゃる方もいらっしゃるのでとてもレベルの高い作品をお届けできると思います。

部員全員で記念撮影(撮影:土肥佑介)

――以上で最後になりますが、早稲田祭2017への意気込みをお聞かせください。

大坪 今、Oasis全員が一つになり早稲田祭に向けて頑張っている最中です。衣装や振り付けなど、一つひとつ積み上げて早稲田祭のためにたくさんの時間をかけて準備しています。そのことを頭の片隅に置いて見に来ていただければ、すごく楽しんでいただける公演になっていると思います。

安岡 私は逆に、私たちの活動を知らない人や、ダンスに興味がない人などがふらっと立ち寄っても楽しんでいただける公演かなと思います。あまりダンスに興味ない方でも気軽に見に来てほしいです!