日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

ビリギャルが今伝えたいこと(2)偏差値より経験値を
人との出会いが近道

小林さやか authored by 小林さやか
ビリギャルが今伝えたいこと(2) 偏差値より経験値を人との出会いが近道

 皆さんこんにちは。すっかり秋ですね(というか台風ばかりですね・・)。何かに夢中になっている時って、時間が経つのが早いですね。さて、前回の記事で少しお話しした、私の新たな挑戦。無事大成功に終わりました!今日はその挑戦を終えて得た教訓や、今感じていることをお話したいと思います。

「渋谷でママ大学」盛況

「渋谷でママ大学」のイベント風景

 10月11日(水)に人気の結婚式場を貸し切って「渋谷でママ大学」という親子イベントを開催しました。当日は、100名以上のスタッフと協力企業の方が集まってくれました。そして、300組を超える方が参加してくれました。

 よくあるイベントってどうやって運営しているかというと、企業さまから「協賛金」と言われるお金をもらって、運営するケースが多いんです。なぜ企業がイベントにお金を出すかというと、お金を出す代わりに、そのイベントで自分の会社の商品の宣伝ができたり、話題作りができたりで、企業側にもメリットがあるからなんです。電車の広告やテレビのCMと一緒です。商品をたくさん売って利益を得るために、宣伝効果が見込めるものにお金を払うのです。だから、入場無料のイベントが成り立つんですね。

 でも、私はあえて、今回は企業の協賛金はもらわずに、イベントをやってみたい!と思いました。理由は色々あるんだけど、純粋に、企業にお金をもらって宣伝させてあげるんじゃなくて、私がみんなに紹介したいものや人だけを集めて、参加者に知ってもらいたかったんです。だから、企業からは一切お金をもらわないことにしたんです。

 ではどうやってイベント運営費を集めたか。前回話したクラウドファンディングです。結果は目標金額を大きく上回り、400万円近くの資金が集まりました。本当にありがたい結果でした。


自分の頭で考える

 それと同じくらい嬉しかったこと。それは当日、たくさんの人が来てくれたということです。イベントができても、当日全然人が来なかったら意味ないですもんね。たくさんの人が来てくれるように、チラシを作ってポスティング(お家のポストにチラシが入っているでしょ?あれです)したり、配ったりもしました。いろんなお店に突然行って、チラシを置いてもらえるようにお願いしたりもしました。待っているだけでは、人は来てくれません。久しぶりにがむしゃらに、やれることを全部やろう!と思って頑張りました。だから、外に行列ができている光景は、私にとって泣けるほど、嬉しいものでした。

 やりたいこと、実現したいことに対して、今何が足りないか?どんなことをするべきか?を試行錯誤でもいい、考えて考えて、行動することって、これからみんなが社会を生き抜いていくために、もしかしたら一番大切なことなんじゃないかと思います。学校の勉強ももちろん大切だけど、ただ「暗記する」だけじゃなくて、「自分の頭で考える」ってことをできる人になって欲しいです。もうすでにあるきれいな絵を、そのまま正確に写して上手に描くのではなく、真っ白なキャンバスに、どんな絵を描いたら人が喜んでくれるだろうか?と考えること。そのためにたくさん悩んで、失敗して、いろんな人に意見を聞いて、相談して、仲間を集めて、みんなででっかい、最高に美しい絵を描いた方が、はるかに楽しい。そしてそれが出来上がった時に、みんなで喜んで、感動して泣いて、感謝しあって、「ねえ、超楽しかったし、めっちゃいいものができたから、また同じメンバーで、もう一回やろうよ!」と誰かが言い出して、「イイネイイネ!またやろう!!」となることって、最高に楽しいし、嬉しいことです。今回のイベントは、まさにそんなイベントでした。

出会い通じ多くの価値観に触れる

 そして、「人に出会いに行く」ってこういうことだと思いました。何か新しいことをしようと思うと、必然的に多くの出会いに恵まれます。そしてその出会いの多くは、この先もずっと続くものです。もしかしたら、人生を変える運命的な出会いになるかもしれない。今回、私はこのイベントの企画運営を通して、また新たな出会いにたくさん恵まれて、多くの人の価値観に触れ、その分たくさん悩んだけど、その中で、自分なりの答えも見つけることができました。そのおかげでこの先本当にやりたいことも、見えた気がします。

 私は講演会で、「偏差値」よりも「経験値」を積んで欲しいと、いつも言っているんだけど、経験値ってどうしたら積めるかというと、「たくさんの人に出会いに行く」ことだと私は思っています。これが一番近道です。学校と塾と家の往復では、経験値は積めません。旅に出てみる。一人で暮らしてみる。難しそうに思えることに挑戦してみる。なんでもいいです。不自由な場所に自分の身を置いてみてください。困って、誰かに声をかけざるをえないくらいがちょうどいい。人って以外と優しいです。困っていたら助けてくれます。いろんなことを教えてくれます。私はこれからも、そんな風に生きていきたいなあって思っています。

 参加してくださった方たちの満足度が予想以上に高く、「第2回も絶対参加したい!」とたくさんの方が言ってくれています。関わってくれたスタッフも「超楽しかった!次も必ず手伝わせて欲しい!」という声がたくさん出ています。なぜ、こんな大成功を収めることができたのか?それは、参加してくれるスタッフみんなに、熱い思いがあったからだと思います。「つまんないなあ、早く終わらないかなあ」と思いながら手伝ってくれているスタッフは、たぶん誰もいなかったです。全てのスタッフが、「このイベントを絶対成功させるぞ!!」と心から思ってくれていた。だから、参加者の皆さんのアンケートで一番多かった感想が、「こんなにスタッフさんが温かいイベントは初めてでした」というものでした。

 社会に出ると、仕事をしてお金を稼いで生活していかなくちゃいけない。家族がいる人は、自分だけじゃなくて家族も養っていかなくちゃいけないです。そのためのお金を、こんな風に、楽しくてワクワクしながら大好きな仲間と仕事をして稼ぐのか、それとも、つまらないと思うことを嫌々やって、疲れたーと家に帰る毎日を耐えてお金をもらうのか、どちらがいいかというと、多分みんな楽しいほうがいいですよね。そのためには、「自分で考える」、そして人の心を動かせるくらいの真剣な想いと、それを自分の言葉で伝えられる力が必要です。学生のうちから、たくさんの人と話をしてください。何度も言いますが、いろんな人に出会いに行ってください。まずは、普段話さない人と話してみることから始めましょう。きっと、今まで見えてこなかったその人のいいところ、素敵なところがたくさん見えてきます。小さな出会いを、のちに運命的な出会いだったね、と周りに言われるような出会いにできるかどうかはあなた次第。周りの出会いに目を凝らして、人生を自分の力で大きく、広げていってください。

 今日は、「人との出会い」のお話でした。

イベントメンバーと

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>