日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

女性と建築士2つの目線で提案
入社2年目で大型契約

女性と建築士2つの目線で提案 入社2年目で大型契約

 大阪ガスは家庭用燃料電池「エネファーム」の販売に力を入れている。小型になってマンションに置きやすくなり、大手不動産会社に契約を働きかけやすくなった。前田香穂さん(25)は入社2年目で数百戸の大型物件での採用を取り付けた。大学でデザインや建築を学び、営業の相手は就職を検討していた業種。話がかみ合って顧客と波長が合ったところに女性の視点を加えた。

 「この物件にエネファームを置けば子育てという切り口が追加でき、魅力が増します」。昨年夏、前田さんは不動産大手での発表の場で提案した。この不動産会社が関西で開発する数百戸規模のマンションへの納入案件だ。

 「配管はどう通せばいいのか」「施工の手順は」。設置を前提にしたかのような質問が盛んに出たことで、前田さんははっきりとした手応えを感じた。「近くの競合物件で子育てに着目したものはありません。違いが出せます」と畳みかけた。

 この時点では採用決定ではない。その後も不動産会社のオフィスを訪ね「あの件、どうなりましたか?」と問いかけ、ことあるたびに提案を思い出してもらった。「配管はここを通せばいいと思います」「景観はまったく問題ありません」。入社2年目にもかかわらず要望や疑問にテキパキと応えた。今年3月に無事、採用内諾に至った。

◇     ◇

 エネファームは家庭で電気が起こせ、省エネルギーにつながる。マンションが完成した暁には入居者が集まって子供の環境教育をする予定だ。子育てとエネファームを組み合わせた提案で引き付けた。昨年5月からこの案件への営業活動を始めるなかで開発予定地の周辺で子供が増えていることに着目した。

 エネファームは都市ガスから電気とお湯を作る装置。2016年春に大ガスが発売した新型は小さいため、集合住宅の各戸に置きやすい。前田さんが所属する法人開発営業部(大阪市)の約20人が手分けして担当する。前田さんは分譲マンションの担当だ。

 積水ハウスや大和ハウス工業、野村不動産など7社の不動産会社が大ガスのエネファームを採用することを決めていた。前田さんは新たに8社目から採用の内諾を得た。大ガスはこれまでに870戸の契約があったので、今回の案件で計1000戸の大台に乗せることになる。

◇     ◇

 小学生の頃に引っ越したのをきっかけにインテリアに興味を持った。短大を卒業した後、大学に入り直して住環境の内装デザインや設計などを広く学んだほどだ。2級建築士とインテリアコーディネーターの資格を取り、住宅メーカーや不動産会社への就職を考えていたが、就職活動で大ガスが住宅への販売に力を入れていることを知って入社を志望した。

 就職したかった業界が顧客になった。「意匠のコンセプトや設備の設計などについて顧客と対話するのに生きている」。顧客がどんな物件にしたいのかを素早く理解し、設計や構造の面での制約も勘案して現実的な提案につなげられる。話がスムーズに進んで顧客の評価が上がっているところに、女性らしい視点の提案が受け入れられた。

 15年まで法人開発営業部の営業担当は男性だけだった。上司の大内崇裕チーフ(41)は「同僚も彼女の意見を聞いて参考にしている」と話す。最年少ながら既に頼りにされる存在だ。大ガスは女性の採用を増やしており、今年度も営業担当に新人の女性が配属された。

 前田さんは「エネファームの活用方法を入居者にわかりやすく伝えるなどの取り組みも進めたい」と最終利用者である入居者の姿も意識し始めている。

前田香穂 2015年武庫川女子大生活環境学卒、大阪ガス入社。同年5月からマンション向けにガス機器を営業するリビング事業部法人開発営業部に所属し、不動産会社を担当。2級建築士とインテリアコーディネーターの資格を持つ。大阪府出身。

(岩井淳哉)[日経産業新聞2017年9月13日付、NIKKEI STYLEから転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>