日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

やりたいことの見つけ方(3)カードを引き続けると何が起こる?

やりたいことの見つけ方(3) カードを引き続けると何が起こる?
authored by 八木彩香

 前回はフリーライターとして独立、そしてフリーランスから法人化することに決め、合同会社Torana Company(トラナカンパニー)という会社を立ち上げたところまでお話ししました。

 今回は現在のWEB業界の仕事にプラスして、パーソナルトレーニング事業と飲食店経営に踏み出した経緯をお話ししたいと思います。

 その前にちょっと余談を。この連載名にも含まれている「やりたいこと」って、どうやって見つけるのがいいんでしょう...? 正直、私も確実にやりたいことを見つける方法を編み出し、「こうやってやるんだよ!」というアドバイスができるわけではありません。ただ、一つだけ心に決めていることがあります。

 皆さんはUNOというカードゲームを知っていますか? 昔からある定番の遊びなので、きっと一度はやったことがあるのではと思います。さて、いきなりですが自分のターンが来たはいいものの手持ちのカードが少なく、何も出すものがないとき、あなたはどうしますか? きっとほとんどの人が山積みになっているカードの中から1枚新しいものを引きますよね。じっと手元のカードを見つめて頭をかかえる人は少ないと思います。

カードを引かなければ何も起こらない

 私は人生もコレと同じようなものだと思っていて、「これだ!」と思うカードが出るまで、とりあえず引き続けるべきだと思います。余計な手持ちのカードが増えるのは不安かもしれませんが、今持っているカードと組み合わせて活用したり、今は役に立たないと思ってもゲーム展開が変わったときに救世主になってくれたり...。引いたカードの行方は今後どうなるかわかりませんが、カードを引かなければ何も起こらないことは間違いありません。

 私なりの「やりたいことの見つけ方」はカードを引き続けること。つまり行動を起こし続けることだと思っています。

パーソナルトレーニング事業の撮影でトレーナーさんと

 そういった信念のもと、独立してから続けて来たWEBメディアの仕事に加えて、パーソナルトレーニング事業と飲食店経営に踏み出しました。それらの事業を選んだ理由は(ビジネスパーソンとしては相当ナンセンスかもしれませんが...)やりたかったから。それだけです。

 パーソナルトレーニング事業でいうと、大学時代に体育会系の仲間と一緒に活動したように、スポーツに関する事業で気の合う元アスリートたちと何か一緒にできればと思ってサービスを開始しました。

 もう少し事業内容を説明すると、Torana Body Making(トラナ ボディ メイキング)というサービス名で、女性限定のパーソナルトレーニングを展開しています。「トラナ式 耐筋(たえきん)トレーニング」というメソッドに基づき、「耐える力」を鍛える動作を中心とした、細くしなやかで美しい筋肉を作ることに特化したサービスです。『鍛えるべきは"動かす"筋肉より"耐える"筋肉』をモットーに、女性のスタイル維持に最適な筋肉を育てることを目的としています。

 現在はまだ小さな活動ですが、今後を見据えて大きなことを言うと、アスリートのセカンドキャリア支援にも携わっていきたいと思っています。

飲食店「旅する酒場 サカタビ」のコースター
飲食店「旅する酒場 サカタビ」のコースター

自分で決めた道だから後悔しない

 飲食店経営に関しては弊社の理念である「価値を知るきっかけを作る」という言葉をわかりやすく実体験できる場を作りたいという想いからはじめました。お店の名前は「旅する酒場 サカタビ」。「人生という名の旅に欠かせない、人とのつながり。なんだかんだいって、人間が一番面白い」というキャッチコピーで、「何かがはじまるワクワク感」をテーマにしています。「旅する酒場 サカタビ」が交流の場になって、誰かの人生を彩るキッカケになることを願って毎日一生懸命営業中です!

飲食店でWEBの仕事中

 というわけで、現在は合同会社Torana Companyの代表としてWEBメディア事業、パーソナルトレーニング事業、飲食店経営の3つを手がけています。しかし、いまだに何が「やりたいこと」なのかはハッキリわかっていません。ただ、今は全力で生きていて、誰のためでもなく自分の決めた道を歩んでいる自覚はあります。もしかしたらこれがやりたいことではないのかもしれませんが、「無駄だった...!」と後悔することはないでしょう。

 さて、次回は飲食店の立ち上げの話をもう少し詳しくお届けします。「飲食店を立ち上げたい!」と思っている誰かの背中を押すようなものができたら嬉しいです! 次回もよろしくお願いいたします。

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>