日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

トビタった!私たち(9)マルチRINOのメキシコ奮闘記(2)
「念ずれば花開く」の想いで活動

トビタった!私たち(9) マルチRINOのメキシコ奮闘記(2)「念ずれば花開く」の想いで活動
メキシコのハリスコ州の伝統舞踊を踊る
authored by トビタテ!留学JAPAN

 早稲田大学大学院修士2年の丸田理乃(まるた・りの)です。前回は私が世界を意識するようになった理由、そして、はじめてメキシコに行った時の話しを書きました。今回は帰国後のメキシコとの接点の持ち方、そして1回目のメキシコ留学についてお話しします。

メキシコってどんな国?

 日本に帰国後、私はメキシコと日本の若者同士の交流を進めるための学生団体「日本メキシコ学生会議 Japan and Mexico Youth Change(通称JaM)」を設立しました。日本とメキシコの学生同士の交流は少なく、両国の間には私たちが知らないことがたくさんあると思い、月に一度専門家の方を招いての講演会や勉強会を企画しました。

 講演にはJICAや元JETROの方、メキシコ研究の第一人者の方が協力してくださいました。学生団体はネームバリューの全くないところからのスタートだったため、渉外は書籍や知人のそのまた知人からの紹介など細い伝を頼りに連絡を取り、とにかく直接出向いてお話をして、講演のお願いをしました。もちろん断られることも当然ありましたが、「念ずれば花開く」の想いから諦めずに熱意だけで動いていました。

学生団体JaMの講演会にて

・日本とメキシコの歴史
・メキシコの暮らし
・日本とメキシコのビジネス関係
・メキシコの文化
・日本とメキシコの関係

 日本とメキシコの繋がりについて、約1年間を通して学び、国際交流基金などのご協賛をいただき、最後にはJaMメンバーとメキシコを訪問しました。この活動でメキシコに滞在したのは5日間でしたが、メキシコ人宅へのホームステイや現地学生との交流を通して、メンバーの心にも響く活動になりました。
(詳しくは http://docs.mex-jpn-amigo.org/AmigoNews_1407.pdf )

 そして私はこの活動を通じて出会った教授に、メキシコ留学という選択肢を与えてもらいました。

学生団体JaMのメキシコ渡航。現地の高校生と交流

メキシコ留学1回目 24時間スペイン語で暮らす

 大学4年の春、外務省の「日墨戦略的グローバル・パートナーズシップ研修計画」のプログラムにてメキシコ留学が決まりました。同年8月より私にとって観光旅行を楽しむ国メキシコから、自分で生活する国としてのメキシコへ、1年間の留学が始まりました。
ここでは、スペイン語を学んだ語学学校のことを中心にお話します。

 メキシコと日本の時差は14時間。メキシコ到着後、時差ボケも治らないうちに、大学付属の語学学校でクラス分けのテストがありました。私の入ったクラスは基本コースのはずでしたが、中にはすでに5年以上もスペイン語を学んでいる人もいて、ぺらぺら(笑)。全然基本コースじゃないのです。スペイン語が全くわからないに等しい私にとって、午前中3時間の授業はまさに地獄でした。あまりに分からなさすぎて、自分が情けなくて泣きながら授業を受けた日もありました。

 朝、時刻表のないバスを待ち、満員で外にはみ出しそうになりながらバスに乗り、ようやく大学についても、何を言っているのかわからない。身の安全のために、暗くなる前に家に帰らないといけないから、午後のクラスが終わると一目散に家に向かう。帰宅後は宿題とひたすら復習。そんな毎日を送っていました。奨学生は研修期間中定期的に研修活動報告書の提出と、レベルテストで良好な成績を修めることが外務省より求められ、成績が悪いと奨学金が停止になってしまうので、私は日本にいる時よりも必死に、長時間机に向かっていたと思います。

メキシコのオアハカ州の伝統舞踊を踊る

 そんな私の唯一の支えは、午後のクラスでメキシコの伝統舞踊を習っていたことです(詳しくは https://amiga-mexico.me/articles/152?page=1 )。午後のクラスで週5日、1日2~3時間位舞踊をしていました。華やかで可愛い民族衣装や楽しく明るいリズムにのめり込みました。

 メキシコで生活を送る中で、感じ始めていたことがあります。それは、日本を好きなメキシコ人が多いということです。彼女達は、日本のあらゆることについて大変興味を持っていました。メキシコで日本人として、「日本を発信していきたい」。こんな思いがいつしか私の中に芽生え始めていました。そして海外入試で大学院受験。9月入学のため帰国後数日で、大学院生活が始まりました。

プロフィール
丸田理乃(まるた・りの) 早稲田大学大学院修士2年。メキシコ国立自治大学(UnivercidadNacional Autonoma de Mexico)研究生。メキシコに魅せられて留学すること5回。やりたいこと、見たいもの全てに熱意を持って働きかける。茶道、書道などの日本文化からメキシコ舞踊まで人並みはずれたバイタリティーでマルチにこなしている。