日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

ジョブヨク(53)刺激と平穏~人生を彩るものは何か@早稲田大学

ジョブヨク(53) 刺激と平穏~人生を彩るものは何か@早稲田大学
authored by ジョブヨク

 総勢52人の参加者を集めたサッポロビールスペシャルジョブヨクVol.3が、サッポロビール恵比寿本社の大講堂で開催された。学生34人と社会人18人がセッションを通じて意見交流をすることができた。

エビスビール記念館でビール試飲ができるなんて!

 「セッション前にビールを飲みましょう!」。司会の掛け声と共に参加者はヱビスビール記念館へと足を運び、ビールの試飲をした。「美味しい!最高だ!」記念館内に響き渡る。参加者はほろ酔い気分でセッション会場へと戻り、注意事項、企画チーム紹介、ジョブヨクPVが含まれている動画を見た。

3回目となるサッポロビールスペシャル

 今回のテーマは「刺激と平穏~人生を彩るものは何か~」。参加者に自身の過去分析と将来像について考えていただきたいと思い、このテーマに決めた。「みなさんの刺激的な経験を教えてください」。会場内では留学、物乞い、スピード昇進など、様々な経験が飛び交った。「私の刺激的な経験が他の人にとっては刺激的ではない」。刺激の定義が人によって違うことが明らかになった。

セッション1 「刺激/平穏を感じる時はどんな時ですか?」

 「刺激/平穏を感じる時はどんな時ですか?」。議題が抽象的すぎたため参加者は困惑気味。ここでジョブヨク史上初の仕掛けが登場した。中継風動画だ。

 「現場の阿久津さん!」

 司会の一言と同時にスクリーンに映像が流れた。動画内で様々な方にセッション1について尋ねた。趣味に興じている時が刺激だと答える人や奥さんとの休日の時間が平穏だと答える人もいた。中継が終わり、参加者も話し合い始めた。学生は家にいる時や大学での歓談中に平穏を感じる人が多く、社会人は仕事に刺激を感じ休日に平穏を感じる人が多かった。

 「平穏は日常である。毎日当たり前のように過ごす時間に平穏を実感する。刺激は非日常である。新しい出会い、価値観が広がる時に刺激を実感する」。参加者は刺激と平穏が表裏一体であると感じた。平穏を過ごしているから刺激的な瞬間が鮮明になり、刺激が定期的にあるから平穏な時間を感じる。

新しい試み、中継動画

セッション2「刺激と平穏のバランスはとれていますか」

 多くの人と交流するためセッション毎の席替えを設けた。「刺激と平穏のバランスはとれていますか。」前回同様、中継風動画が始まる。ある学生は「刺激と平穏、3:7です」と答え、ある社会人は「仕事とプライベートのメリハリをつけているのでバランスはとれています」と答えた。

 セッション2を通じて刺激と平穏のバランスを保てている人もいれば保てていない人もいることが分かった。ある学生は社会人になってからは平穏を大事にしたいと言った。その理由をゴムボールと針に例えて説明していた。

 「ゴムボールを平穏に例えます。私には常に平穏の生活が存在します。時には刺激という針がボールに刺さります。ボールに針が何本か刺さっている状態がバランスのとれている状態です。針が刺さる限度は人それぞれなので平穏と刺激のバランスも人それぞれです。しかし針が刺さりすぎるとボールが割れます。バランスの崩壊です。ボールが割れないように平穏を大事にしたいのです。」参加者は自身が求めているものが刺激が平穏か考えた。

人によって刺激の定義はさまざま

平穏を感じるのは……

セッション3「あなたはこれから刺激と平穏のどちらを求めますか?」

 「あなたはこれから刺激と平穏のどちらを求めますか?また、何をしますか?」ここでも中継風動画が流れる。セッション3は最も活発であった。例えば、刺激を求める人の場合はセミナーに参加する、新しいことに挑戦する。平穏を求める人は通信媒体を遮断する、昔から読んでいる漫画を読み返す、日常の生活を振り返るなどの案が多かった。参加者それぞれが自身の過去と現状を振り返り将来をより豊かにするための方法を模索した。人それぞれ明日から取る行動は異なるが将来像は明確になった。

全体共有「ビール、笑い、人生。期待以上でした」

記念撮影

 全体共有では参加者全員がイベントの感想を共有する。今回のジョブヨクの満足度は非常に高く5点満点中4.6点であった。テーマ設定、時間配分、動画を高く評価していただいた。「本日はありがとうございました! 乾杯!」。乾杯の合図と共に缶ビールの開栓音が鳴り渡った。会場では今回のジョブヨクの振り返り動画が流れた。参加者は、動画を見ながら、お酒を飲み、歓談を楽しんだ。

 「個性的でやる気に満ちた学生6人が集結した。サッポロスペシャルジョブヨクVol.3@早稲田大学が成功して、本当に良かった」。企画チームからは、こんな感想があった。

ジョブヨクの詳細はこちら

今回の満足度は非常に高く5点満点中4.6点!