日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

柳沢大輔・カヤック社長が語る(下)給料はサイコロで!? 「面白法人」生んだ塾高の気風

柳沢大輔・カヤック社長が語る(下) 給料はサイコロで!? 「面白法人」生んだ塾高の気風

 高校受験で私立慶応義塾高校(塾高、横浜市)に入学したカヤックの柳沢大輔社長(43)。前回(「『非常識な会社』カヤック 原点は多様な慶応塾高」参照)は、競争心やハングリー精神とは無縁の環境で、伸び伸びと高校生活を送った様子を振り返ってもらった。今回は、カヤック創業の経緯と共に、慶応高校で3年間過ごしたことが、どう会社のビジョンや方針につながったのか語ってもらった。

 慶応高校では、成績はずっと上位だった。

 自動車部の活動に加え、週末は学習塾で講師のアルバイトをしていたので、ふだんは、授業中以外は、ほとんど勉強していませんでした。それでもテスト前になると集中して勉強し、成績は常に上位を維持。中でも数学の成績はずっとトップクラスで、担任の先生から理系学部への進学を勧められたほどでした。

 受験して慶応高校に入ってくる生徒は、受験勉強の時の貯金があるので、最初は内部進学者よりも成績が上です。でも、そのうち、勉強するグループとまったく勉強しなくなるグループに分かれ、勉強しないグループは、1年もたたないうちに内部進学組の勉強するグループに抜かれます。もちろん、成績が悪すぎると留年したり退学になったりするので、そうならない程度の勉強はします。

カヤックの柳沢大輔社長

 また、受験校なら、生徒は高校3年にもなれば自主的に勉強を始めるのでしょうが、慶応はよほどのことがない限り慶応大学に進めるので、3年になってもみんなわりとのんびりとしています。医学部志望者や希望の学部に進みたい人はよい成績をとろうと勉強しますが、そうでない人は最後まで勉強しません。

 ただ、勉強しないことが、一概に悪いことだとは私は思いません。本来なら受験勉強に使うエネルギーや時間を、自分の好きなことや得意なことに使えば、3年間で、個性や長所を大きく伸ばすことも可能だからです。むしろ、それこそが、慶応高校に入る最大のメリットだと私は思っています。

 大学は慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に進んだ。

 私が高校2年の時、SFCが開校しました。世間的には大きな注目を浴びましたが、SFCの授業はきついとの評判から、慶応高校の生徒には人気がなく、SFCへの進学を希望する生徒は少数派。ですから、希望すれば、簡単に入ることができました。

 SFCに進むと決めたのは、尊敬していた漢文の先生に勧められたからです。「SFCは将来、絶対面白い大学になる」と熱心に口説かれ、面白いなら行こうかな、と決心しました。

 自宅から近いことも魅力でした。自動車通学もOKだったので、ますます行く気になりました。

 高校時代はほとんど勉強しなかったので、大学では逆に真面目に勉強しようかなという気持ちもありました。SFCに関しては、授業の課題が大変だとか、みんな大学に泊まり込んで勉強しているとか、大学に入ったら遊びたいと考えている人にとっては嬉しくない情報ばかりでしたが、私はむしろ歓迎でした。

「自分たちにとっても周りにとっても面白い会社にすることを常に目指してきた」と語る

 SFCでは環境情報学部に進み、ニューラルコンピューティング、今でいうAI(人工知能)を専攻しました。高校時代から続けていた学習塾の講師のアルバイトをする以外は、ほとんど大学にこもって自分の研究に没頭していました。

 当時はちょうど、新型ブラウザーのモザイクが登場し、インターネットが黎明期を迎えた時期。次々と生まれる新しい技術やサービスをみながら、これはインターネットを使って何かやるなら早い方がいいかなと考え、会社を作ることを考え始めました。

 カヤックの会社としてのビジョンや方針は、私が慶応高校の3年間を通じて育んだ価値観や考え方を反映していますが、事業の具体的な部分では、大学時代に学んだAIやコンピューターの知識が役立っています。創業当初は自分でプログラミングもやりました。今のAIが昔とどう違うのかもよく分かりますし、SFCに進んで正解だったと思います。

 SFCを卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。2年後に独立し、高校・大学時代の友人と3人でカヤックを創業した。

 会社は作ったものの、自分の中ではそれでひともうけしようという意識はあまりありませんでした。単に面白いそうだからやってみようという考えのほうがまさっていました。

 例えば、最初に合資会社としてスタートした時も、資本金はたった3万3000円。その後も、数カ月ごとオフィスを国内の遠く離れた場所に移す「旅する支社」プロジェクトを始めたり、給料の額の一部をサイコロで決めたり、「面白法人」を名乗ったりと、自分たちにとっても周りにとっても面白い会社にすることを常に目指してきました。世間的には、大変非常識な会社だと思います。

 創業メンバーの他の2人も、私と性格が似ています。最高技術責任者(CTO)の貝畑政徳は、慶応高校時代からの遊び仲間ですが、彼もなんだか飄々(ひょうひょう)としています。カヤックという会社のマインドを社内に共有していく役職を、わが社ではチーフブッコミオフィサー(CBO)と呼んで、大学からの友人の久場智喜が就いていますが、彼もなんで頑張っているのかいまだに動機がよくわからない。3人ともそんな感じだから、経営がうまくいっているのだと思います。

 2014年、東証マザーズに上場した。

新規上場し鐘を打つ柳沢社長(中)ら(2014年12月、東証)

 会社を立ち上げた頃は、いろいろな人から「それは無理だ」とか「無謀だ」とか、たくさんダメだしをもらいました。周りからは、非常識な経営者だと見られていたかもしれません。でも、そうした指摘はあまり気にせず、どんどんやりたいことをやりました。それは反骨精神からとった行動ということでは全くなくて、やってみて無理なら仕方がないという、どちらかといえば気軽な実験的な気持ちからでした。

 たった3人で、資本金3万3000円で始めた会社も、今は従業員が300人弱まで増えました。事業もスマートフォン向けゲームの開発を中心に、徐々に幅を広げています。

 僕が多少なりとも非常識でいられたのは、いくつかの要因があります。母校の慶応高校に関連づければ、1つは自分が大学受験しなかったという事実かもしれません。

 大学受験というのは、合格すれば成功体験にはなりますが、その前の塾での他人との競争や偏差値で大学を選ぶ段階で、自分の能力の限界というものを自分自身で設定してしまいがちです。受験に失敗しても同じことが起きる。それによって人は、謙虚で常識ある人間になってしまうのではないかと思います。

 逆に、受験を経ずに大学に進んだ人は、自分と他人を比較する経験をしていないから、自分を客観視せず、良くも悪くも自信家で、怖いもの知らず。その結果、ビジネスでもある意味無謀。これまで、そういう人を何人か見てきました。

 私自身も、慶応高校で伸び伸びと過ごしながら、よい成績を残したまま受験を経ずにSFCに入ったことで、ある意味、怖いもの知らずというか、自分で自分を抑えてしまうことなく、ここまで来たのではないかという気がしています。

 もし慶応高校でなく、他の高校に進学して大学受験していたら、もっと普通の人間になっていたのかなと思います。おそらくカヤックは立ち上げていたでしょうけれど、もう少しまじめなカヤックになっていたような気がします。
(ライター 猪瀬聖)[NIKKEI STYLE 2017年11月13日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>