日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

トビタった!私たち(12)サッカーボールを追ってボスニアへ

トビタった!私たち(12) サッカーボールを追ってボスニアへ
authored by トビタテ!留学JAPAN

 こんにちは。私は麗澤大学4年の山口紗都美です。私はトビタテを利用し、ボスニア・ヘルツェゴビナ南方の都市モスタルで「マリモスト」(現地語で小さな橋の意)というスポーツアカデミーの運営に携わっています。そのアカデミーのコンセプトは、「スポーツを通じた民族の和解」です。

クラヴィツァの滝にて

 こちらのアカデミーは、元サッカー日本代表宮本恒靖氏が発起人となり、日本政府、ボスニア政府、JICA等の協力を得ながら設立されました。マリモストでは、異なる宗教・異なる民族の子どもが共にスポーツを楽しんでいます。

他宗教の子どもたちと交流する機会がない

 なぜマリモストの活動に意義があるのでしょうか? それは、同国内の状況を知ることで理解することができます。同国では1992~1995年まで紛争があり、紛争により異なる民族間での対立が勃発。現在、国内の治安は落ち着いているものの、民族間でのいがみ合いは未だ続いています。マリモストのあるモスタルでは、民族間対立の影響から10年近く市議会が機能しておらず、選挙も実施されていません。

 このような市内・国内の状況は、子どもたちにも悪影響があると懸念されています。例えば、地元の子どもたちが通う小学校では、家庭でもつ宗教によって、教室・教科書・先生全てが異なるため、他宗教の子と関わる機会がほとんどありません。

ワークショップの様子

 そのような環境下で、将来子どもたちはいかにしてすべての住民と共生する社会を創れるでしょう?政治に関与せずに、子どもたちの交流機会をつくること、また未来のリーダー育成を目指す方法はないのでしょうか?

 それらを達成できる可能性を秘めた手段の1つがスポーツでした。マリモストは、"子どもたちがより良い社会を自らの手で創っていくための一歩"として設立されたのです。マリモストには、子どもたちのために奮闘するスタッフ、協力的な保護者、多くの友とサッカーを楽しむ子どもたちがいます。この挑戦がある限り、同市内における人々の和解への道は閉ざされないと、私は確信しています。

競技としてのサッカーを通して広がった世界

 私がモスタルで活動していく中で、地元にある女子サッカーチーム「ZF/NK EMINA」(以下EMINA)を紹介してもらうことができました。早速、練習に参加してみるとチームメイトは温かく私を迎えてくれました。当初は知らなかったものの、EMINAは国内でも新たな強豪として注目されている有名なチームでした。EMINAは、2016年に始動したばかりの若いチームであるものの、昨シーズンは国内2部リーグで優勝、来シーズンからは国内1部リーグで戦います。

元サッカーユーゴスラビア代表のスリシコビッチさんと

 私がEMINAへの所属を決めた理由、それはEMINAの特徴にあります。その特徴は、同チームは地域でも珍しい多民族・多宗教の選手が入り混じったチームという点です。国内だけでなくセルビアやモンテネグロ等の周辺国から来ている選手もいます。この特徴は国内でも珍しいと言えます。なぜなら、国内では民族意識がスポーツにも大きく反映されており、大抵のチームはメンバー構成やファン層まで同じ民族の人々が集まることが一般的なためです。

 そして現在私はこの機会を、マリモストの活動にも還元できるような計画を進めています。それはEMINAの選手による、マリモストでのサッカー教室開催です。この教室での交流を通して、子どもたちは選手から多様性を肌で感じ、選手たちは子どもたちからマリモストの存在意義を理解することを期待しています。

モスタルで出会った新たな未来への希望

 私が暮らしているモスタルは世界から観光客があつまる観光地です。春~夏がベストシーズンですが季節問わず観光客は多く、アジア人も多く見かけます。モスタルの魅力といえば、世界遺産にも登録されている古橋「スタリ・モスト」。この古橋では90年代の戦争について見つめ直せるだけでなく、古橋周辺の旧市街ではオスマン帝国時代からの歴史を感じ取ることができます。

 しかし、私がモスタルに住んでみて気づいた最大の特徴は「違う宗教・言語・文化をもつ人々が共生している社会が目に見えること」でした。モスタルでは、街の住民の大半がクロアチア民族とボシュニャク(ボスニアに居住するムスリムの呼称)の人々で占められていると言われており、人々の暮らしは未だほとんどが分断されたままになっています。それぞれの民族は、異なる宗教を信仰しており、住む地域も分かれています。

私自身がトレーニングした際の様子

 普段の日常では、スーパー、パン屋、教習所、ナイトクラブまで、民族によって通う場所が違います。ただし、そのような環境下でも、マリモストで楽しそうにサッカーをする子どもたちや、私のチームメイトのように多様性の中でプレーをする若者もいます。このようにモスタルの日常には、過去の歴史による負の影響と、新しい時代を築くための希望が混沌としています。

 私はぜひ日本の同世代の若者に、モスタルのような環境下で人々が共生するとはどういうことか?政治が人々の生活に与える影響はいかなるものか?といったことに目を向けてほしいと思います。モスタルはこうした矛盾と向き合える場所であり、これはモスタルの魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

プロフィール
山口紗都美(やまぐち・さとみ) 1996年千葉県生まれ。幼い頃よりサッカーに親しみ、高校では全国女子サッカー選手権出場を経験。現在は麗澤大学に在籍。学部2年次よりドイツで長期留学。留学中は地元クラブでのプレーに加え、サッカーを通じた難民支援プログラムや、難民へのドイツ語指導に当たった。4年次より1年間休学し「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」奨学生として長期留学中。JICA「なんとかしなきゃ!プロジェクト」学生レポーター1期性、日本BPW連合会・CSWインターン15期。トビタテ生と共にブログリレーを立ち上げ運営中

マリモスト(スポーツアカデミー)の皆んなと集合写真