日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

インドの「天才」がほしい メルカリの採用作戦

インドの「天才」がほしい メルカリの採用作戦

 優秀な外国人の技術者が確保できない――。グローバル展開を急ぐ日本の大手企業の共通の悩みだ。日本語という言葉の壁に加え、給与や人事などの制度では、なお年功序列色が濃い会社も多い。これでは能力主義の優秀な外国人を採用するのは難しい。シリコンバレーなど米欧では、インド工科大学(IIT)や中国の有力大学を出たITエンジニアを次々採用し、競争力を高めている。日本企業でもメルカリなどベンチャー企業には優れた外国人エンジニアが活躍し始めている。「スーパー外国人技術者」の働きやすい環境を探った。

「ハッカソン」で知名度向上狙う

メルカリの田面木宏尚執行役員(右)とエンジニアのバンシア・ビシャール氏

 エンジニアの半数以上を外国人にする。インドの天才エンジニアを採用する――。フリーマーケット大手のメルカリ(東京・港)は、こう宣言。2017年10月、インド・ムンバイのホテル宴会場に理系の大学生・大学院生を集め、ソフトウエア開発などのアイデアを競う「ハッカソン」を実施した。1400人もの応募があり、そのうちコードやプログラミングのテストと、インドの大学の成績評価値「GPA(グレード・ポイント・アベレージ)」で30人に絞り込んだ。

 ハッカソンのテーマは、インドで起きている交通渋滞や洪水などの社会的な課題の解決につながるアプリを作るというもの。30人は、わずか2日間でアプリを作成し、3分間のプレゼンテーションをして順位をつけられる。

インドのホテルで開いた「ハッカソン」の様子=メルカリ提供

 ハッカソンを実施した田面木宏尚執行役員は、プレゼンテーションを振り返り「感動で震える思いだった。とんでもなく優秀な学生ばかりだった」と話す。参加した学生のほとんどが、GPAは8点台の後半と非常に高く、20歳で機械学習の論文を書き上げた学生もいたという。

 田面木氏がインド人学生の採用に乗り出したきっかけは、携帯ゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)出身で17年3月に入社したバンシア・ビシャール氏の優秀さを目の当たりにしたことだ。ビシャール氏はメルカリに入社して1カ月後、アプリのログイン処理を自動化するしくみをたった2日間で作ってみせた。

 「これまでも興味はあったが、IIT出身者は、こんなにもすごいのかと感動した」(田面木氏)。メルカリを創業した山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は、当初から海外展開を意識していた。ただ、現在は約150人のエンジニアのうち、外国人は約10人にとどまる。本気で海外での成功をめざすなら、これでは間に合わない。そこで特に優秀な学生が集まるインドの大学でメルカリの知名度をあげ、将来の採用につなげようとしている。

 IITを中心とする優秀な学生をエンジニアとして採用したい、と考える日本企業は多い。ただ、その場合、米国のグーグルやフェイスブックといった「巨人」と採用を競うことになる。しかもIITなどトップ校では、大学の就職課からの信用がなければ、学生を採用するのは難しく、実績がない企業には極めて不利だ。

インドの就活、固有のルール

ハッカソンに参加したインドの学生。メルカリのTシャツは「広告塔」の役割を果たしたという=メルカリ提供

 12月に大学で行う採用面接は、大学からの信用度が高い企業ほど早いタイミングで実施できる。しかも、早く面接を受けた学生は、内定と同時に就職活動を終えてしまう。つまり、早い面接日程を確保できない企業は、採用もおぼつかないというわけだ。

 メルカリのハッカソンも、認知度を上げて面接日を1日でも早くするための試みだった。その狙いは当たり、ハッカソンに成功した学生たちはSNS(交流サイト)で会場の様子を紹介したり、メルカリが配ったTシャツを着て学内を歩いたりしたという。

 「おかげで就職課からしっかり認知されたのだと思います。17年は、インド全国にあるIIT各校のうち、1校で初日に面接する権利を得られました」と、石黒卓弥HRグループマネジャーは話す。さらにハッカソンを終えた後、石黒氏のもとには、(ビジネス用SNSの)リンクトインを通じてインドの大学生から問い合わせが集まるようになった。採用そのものは就職課のルート以外ではできないが、学生の積極的な動きに感銘を受けているという。

メルカリ創業者の山田進太郎会長兼CEO。外国人の採用にも熱心だ

 初めてのインドでの採用活動だったが、IITの5校から30人を超える学生を採用するのに成功した。来年以降にも、手応えを感じる結果だ。ビシャール氏によると、「IITの学生は将来を見すえて最初の就職先を探している。ポイントは、大きな課題に取り組めて、人が少ない会社。そこにいれば、多くのことを学べるから」と話す。日本で数少ないユニコーン(会社の価値が1000億円を超える非上場企業)とされるメルカリは、その条件にぴったり当てはまるのだろう。

 初任給は一律で、年をとるにつれて昇給していく――。多くの日本企業で、なお当たり前と考えられている給与制度も、若くて優秀な技術者を採用しようと思えば、壁になる。メルカリは日本人の新卒でも、人によって給与が異なる。「能力が高ければ、新卒で月収が50万円というオファーもある」という。人事の担当者にとっては、非常に手間がかかるが、「相手の能力をきちんと評価すれば、誰もが納得してくれる」(石黒氏)という。

外国人採用、生活まるごと受け止める覚悟が必要

 日本企業にひかれ、海外から優秀な人材が入社してくれても、すぐにやめてしまっては意味がない。長く働いてもらえるよう、田面木氏が最も心をくだいているのが、食事をはじめとする生活のきめ細かいサポートだ。このため、異なる文化の理解を深める研修を行ったり、外国人社員向けの日本語教育などを運営したりする「グローバルオペレーションズチーム(GOT)」を設けた。

 GOTの一員であるスティーブン・ジョンソン氏は、川崎市役所の職員向けに異文化セミナーを実施したり、外国の訪問者の通訳をしたりする仕事をしていたが、メルカリに参画した。

外国人社員のサポートなどにあたるグローバルオペレーションズチーム。左がスティーブン・ジョンソン氏

 メルカリには「Starting a Life in Tokyo(スターティング・ア・ライフ・イン・トーキョー)」という外国人社員向けの資料がある。家の借り方やごみの分別方法、リーズナブルな家具店などの紹介から、「地震のときにどうしたらいいか」といった地震国日本ならではの情報まで網羅する、いわば「日本生活の取り扱い説明書」だ。「どこのスーパーが安いか、といったことがわかって助かった」とビシャール氏。食事も、宗教上の理由などから日本での食事がストレスになる人もいる。ケータリングの食事でも、ベジタリアンコーナーなどをつくり、アレルギー表示もしっかりした食事を用意している。

「空気を読む」は、やめて

 海外の優秀なエンジニアが働きやすいと思うのは、どんな環境か。ビシャール氏に聞くと、生活のサポートに加えて、「タイムスケジュールが自由で、意思決定までのスピードが早いこと」という答えが返ってきた。これまでのルールに縛られず、新たなことに取り組める環境が心地いいという。技術力は人によって異なるが、そのスピード感を殺さない環境づくりが求められているようだ。

 ビシャール氏によると、日本でもっとも戸惑ったのは「空気を読む」という独特の文化だった。明文化されない、暗黙の「決まりごと」に混乱するという外国人は多い。田面木氏は、「日本人は、みんな同じ前提を共有しているという意識になりがち。しかし、前提は、みんな異なっている、という意識を持つのが第一歩」だという。今、日本企業は、こぞって外国人のエンジニアに熱い視線を送る。ただ、採用の前に彼らを受け止める環境を整えなければ、存分に活躍してもらうのは難しいだろう。
(松本千恵)[NIKKEI STYLE 2017年12月20日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>