日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

灘とひと味違う甲陽学院 在野精神で起業家続々

灘とひと味違う甲陽学院 在野精神で起業家続々

 関西屈指の中高一貫の私立男子校、甲陽学院中学・高校(兵庫県西宮市)。しかし、同じ通学圏に日本最強の進学校といわれる灘中学・高校が存在するため、「灘にあと一歩の子が行く学校」といわれることも。だが、日本を代表する優れた起業家が次々誕生。古くはアスキーを創業、米マイクロソフトの幹部も務めた西和彦氏、最近ではマネーフォワードの辻庸介氏やアストロスケールの岡田光信氏などを輩出し、あまたの進学校の中でも異彩を放っている。西宮にある甲陽学院高校を訪ねた。

阪神間の高級住宅街の山の上に高校

兵庫県西宮市にある甲陽学院高校

 西宮の市街地を通り抜け、きつい上り坂を車で進むと、道の奥まったところから甲陽学院高校が姿を現した。マネーフォワードの辻氏が「毎日が登山。夏はみな登校するだけで汗だくになり、上半身裸で授業を受けることもあった」と振り返るほどだ。

 甲陽学院は中高一貫校には珍しく中学と高校が別の場所にある。中学は西宮の海岸に近い住宅街のど真ん中。山の手にある高校とは5キロほど離れているが、周辺は夙川や芦屋など関西随一の高級住宅街だ。

 同校のOBでもある今西昭校長の案内で校内を歩いていると、授業終了の鐘が鳴り、私服姿の生徒がおしゃべりをしながら、ぞろぞろと廊下に出てきた。校長を目の前にしてもかしこまるそぶりも見せず、中には教科書を頭の上に載せた格好で歩くなど、おどけた様子で脇を通り過ぎて行く生徒もいる。

 今西校長は、「良くも悪くもおっとりして和気あいあいとした気質は、昔から変わっていません。俺が俺がというタイプは少なく、そこがよいところでもありますが、逆に物足りないとご指摘を受けることもあります」と笑顔で話す。

卒業式の名物は「乱入」

甲陽学院高校から見下ろせる、緑あふれる西宮の市街地

 そんな和気あいあいとした甲陽学院生らしさをいかんなく発揮するのが、名物の卒業式だ。毎年、簡素で粛々とした公式の卒業式が終わりに近づくころ、何人かの卒業生が大きな掛け声と共にお約束の「乱入」。そこから、卒業生が企画運営する卒業式第2部が始まる。物まね、コント、コスプレなど軽いノリ。時間は公式の卒業式より長い。

 「(東京大学や京都大学など国公立の)大学の2次試験の前ですが、仲間との最後の思い出作りの一環として、この日のために一生懸命準備するようです」(今西校長)。最近は京大の「コスプレ卒業式」が話題だが、甲陽学院の卒業式が源流との説もあるという。

 気質は環境のせいもあるようだ。六甲の山並みを背にした標高170メートルの高台にあるキャンパスは、広々とし、緑にあふれている。校舎3階の教室から窓の外を見ると、阪神間の市街地や港が一望できる大パノラマが広がる。まるで観光地の展望台だ。

OBにトヨタ、サントリートップも

甲陽学院中学・高校の今西昭校長

 しかし、周りから心配されるほどおっとりとした校風の中から、経営にスピードが要求されるベンチャー起業家が次々と生まれるのは、なぜだろうか。

 今西校長に聞くと、「ベンチャー起業家は目立つから多いように見えるだけ。全体では、やはり安定した大企業に就職する人が圧倒的に多い」と肩透かしの返事。ただ、「でも政治家や中央官僚になる卒業生は少ないから、確かに在野精神はあるかもしれません」と言葉を継いだ。実際、創立以来、トヨタの販売網の基礎を築いたトヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)元社長の加藤誠之氏や、日本石油(現JXTGホールディングス)の中興の祖と呼ばれた建内保興氏、サントリーホールディングスの佐治信忠会長など、優れた人材を数多く経済界に輩出してきた。

灘、甲陽とも酒造メーカーが設立

 在野精神の源流をたどると、甲陽学院建学の歴史に行き着く。甲陽学院は、高等女学校の校長をしていた関西教育界の第一人者、伊賀駒吉郎が、「官立学校は型にはまった教育しかできない。もっと自由な学校を作りたい」と、1917年に設立した私立甲陽中学が前身だ。

 その後、第一次世界大戦後の不況で経営が悪化し、地元の篤志家で「白鹿」ブランドで知られる辰馬本家酒造の辰馬吉左衛門が、私財を投じて経営を継承した。このあたりの歴史が、神戸市東灘区の大手酒造会社がお金を出し合って27年に設立した灘校と、何かと比較される理由だ。甲陽も灘校も酒造メーカーが生んだ学校だ。辰馬家が経営を握った後も、自由な校風や在野精神は綿々と受け継がれてきた。

 それを象徴するのが、強い京大志向だ。2017年の京大合格者数は、東大39人に対し51人。16年は東大29人に対し京大54人、15年は28人に対し67人と、毎年、京大進学者数が東大を大きく上回る。今西校長は、「偏差値的に東大に行く力があっても、あえて京大を志望する生徒は多い。地元志向も一因だが、中央の権力から距離を置いて自由な研究活動を志向する京大の校風に引かれるようだ」と話す。マネーフォワードの辻社長も京大進学組だ。ライバルの灘校は東大志向が強く、両校の大きな違いでもある。

中学までは手取り足取り、高校は自由

西宮市の海岸の近くにある甲陽学院中学

 甲陽学院が変わっているのは、中高一貫校でありながら、中学と高校で指導方針が正反対な点。中学では、「生徒は、勉強から普段の生活態度にいたるまで、手取り足取り、きめ細やかに指導される」(今西校長)。服装は全員、冬は詰め襟の学ラン、夏は白のポロシャツを着用。以前は頭髪も丸刈りだった。

 授業も宿題やノートの提出が多く、音を上げる生徒もいるという。ところが、高校に入るとガラッと変わる。制服はなくなり、生徒は思い思いのファッションで登校。茶髪やピアスも自由。授業中はいじらないという条件で、ゲーム機やスマートフォンを持ち込んでも構わない。タクシー通学も認められている。宿題の量も減り、勉強は生徒の自主性に委ねる部分が大きくなる。

 中学と高校で指導方針が違うことに関し、今西校長は、「中学時代に勉強の習慣や自分を律する力が身につき、高校で自由な環境が与えられても自分を見失うことなく、自由な環境の下で自主性や創造性を伸ばすことができる」とメリットを強調する。校舎が離れていることが幸いし、指導を徹底させることが容易という。保護者の中には、中学の段階では厳しい生活指導を望む声もあり、そうした親は子供を甲陽学院に入れたがるようだ。

 甲陽学院生を象徴するような革新的なビジネスリーダーは、アストロスケールの岡田CEO(最高経営責任者)だろう。東大から財務省のコースは一見すると異端派。だが、米国のビジネススクールに留学中、「ビジネスのダイナミックさを目の当たりにして感激した」という岡田氏は、甲陽学院の血が目覚めたのか、即退官してビジネスの世界に飛び込んだ。

宇宙ごみの起業家、ゲイツ氏の盟友も

甲陽学院の校内。生徒らは陽気で自由奔放な雰囲気だ

 しかも「宇宙ゴミを掃除する」という奇想天外なビジネスを考案。2013年に創業したアストロスケールは、小型衛星を打ち上げて、他の衛星のじゃまになる壊れた衛星を回収するサービスを展開する、世界的にも注目のベンチャー企業だ。

 岡田氏は元々、灘中学を目指したが、偏差値が足りず断念。だが、甲陽学院では模擬試験で全国1位をとるなど、灘校のライバルの間でも有名になった。そのかたわら、高1の時に世界各国の若者を対象とした米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士疑似体験プログラムに参加したり、環境問題に興味を持って水俣病の研究をしたり、学校側と掛け合って食堂の使い捨て割り箸を竹箸に替えたりするなど、受験とはおよそ無関係な活動にも熱中。特にNASAでの体験からは大きな影響を受けたと岡田氏は振り返っている。そんな岡田氏も風貌は温和で、甲陽学院生っぽい雰囲気を漂わせる。

 甲陽学院は今年、創立100周年を迎えた。日本のIT産業の草創期にソフトバンクグループ社長の孫正義氏と並び称された西和彦氏をはじめ、起業家を次々生み出す。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も西氏に一目置き、盟友として、西氏の未来の技術を読む力を高く評価した。岡田氏は、「西さんは有名だったけど、辻さんも甲陽でしたか。確かに起業家が多いですね」(岡田氏)と同じ学校出身でも、むれることもなく、まさに自由奔放な校風だ。

 今年就任したばかりの今西校長は「時代に安易に流されない人材を育成、輩出し続けていきたい」と抱負を語る。灘校は医師のほか、官僚や研究者になる人材が多いが、甲陽学院は起業家が目立つ。灘校とはひと味違う甲陽学院。ベンチャーブームともいわれる現在。安倍政権もアベノミクスの柱の一つにベンチャー企業の育成を掲げる。おっとりとしたベンチャー起業家を次々と輩出する甲陽学院に追い風となりそうだ。
(猪瀬聖)[NIKKEI STYLE 2017年11月26日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>