日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

ジョブヨク(56)「人生とは旅である」について考えた@慶應義塾大学

ジョブヨク(56) 「人生とは旅である」について考えた@慶應義塾大学
authored by ジョブヨク

 第4回目となるサッポロスペシャルジョブヨクが行われました。通常サッポロジョブヨクは、恵比寿にあるサッポロビール本社で行われていますが、今回は本社を飛び出して日本橋にある"Travel Hub Mix"で開催されました! Travel Hub Mixとは「個人」「自治体」「企業」が交わり、コミュニティを作り日本国内の旅につながる様々な情報を国内外へ発信することができる新しい"コミュニティ型"の観光案内所です。

 そのような会場にちなみ、今回のテーマは「人生とは旅である」でした。計55人の学生と社会人が集まると、それはもう様々な人生の旅を覗き見することができたので、その様子をご紹介します。

旅行ツアー計画でアイスブレイク

スクリーンに映し出されたGoogleマップを見ながら説明

 まず初めに班ごとに分かれて、アイスブレイクを行いました。それぞれの班に都市が指定され、ロンドンやアメリカなど様々な都市の旅行ツアー計画を立てました。立てた計画は全員の前で発表するのですが、なんと会場の巨大スクリーンにGoogleマップが映し出され実物の映像を見ながら行いました。ルーヴル美術館や凱旋門が映し出されるたびに会場から大きな歓声が上がり、みんなで旅行気分を味わうことができました。

 一口にツアー計画といっても、"ハリーポッターツアー"や"サイクリングツアー"など、個性豊かな視点からのツアーが仕上がっていました。アイスブレイクでこの状況なので、これから始まるセッションにさらに期待が高まります。

幸せを感じる瞬間は?

 セッション1では、「幸せを感じる瞬間」をテーマにブレストしました。「本を読んでいるとき」「仕事で成功したとき」など、いろいろな幸せが出てきましたが、次にそれをジャンル分けしていきます。

 私の班では、まず「個人で完結する幸せ(趣味など)と、人と繋がることで生まれる幸せ(出会い、家族など)があるね」という話になり、さらに横軸として、日常的な幸せと非日常的な幸せに分類できました。幸せのジャンル分けという作業は普通しない作業なので、とてもおもしろい機会でした。

人生のフローチャートを書いて失敗の意味を考える

 誰しも人生に失敗はつきものです。ということで、人生の幸せを折れ線グラフに書き出して、その線がガクッと下がってしまった時期の意味について考えました(深いセッション)。

人生の幸せを折れ線グラフで表す

 社会人の参加者の口からは波乱万丈な人生が次々に飛び出してきて、学生の自分からしたら、将来が脅かされている心地のセッションでした笑。しかし、不思議なことに、グラフが下がった先には必ず急上昇が待っているパターンのグラフが多く、失敗の先には必ず幸せがあるということを証明してくれました。失敗とは、幸せの糧・バネ、人に優しくなる、強くなる、などの意味があるのだと気付かされました。

80歳のAさんの楽しいと思える人生を設計する

 最後のセッションは、80歳のAさんのフローチャートを作成するというものでした。性別、職業、家族など細かく設定していき、その後班ごとに発表しました。最初のアイスブレイクである程度の予測はしていたのですが、案の定個性豊かなタイプのAさんの生き様が出てきました。

 子どもと孫を授かり幸せな日常を送っているグループもあれば、アイドル活動をしているグループ、億万長者の人生薔薇色すぎるグループなどもあり、会場は様々なAさんが登場するたびに笑いが沸き起こりました。各班それぞれ大真面目に設計しているところがまたおもしろいポイントでした。

 しかし不思議にも、Aさんは何らかの形で生涯働いているとまとめたグループが多かったです。働くことは楽しい人生と切り離せないということが、よく分かります。

失敗を失敗で終わらさず、次に生かす

 フローチャートを書いたことで、自分が想像もできなかった先の未来について、人生何回目だというような社会人の先輩方から生々しいお話を伺うことができ、人生についてイメージが湧きました。

今回はサッポロビール本社を飛び出して行われた

 「社会人になったら一旦フローチャートが下がりますよ」といった恐ろしいことも吹き込まれましたが、「少なくともジョブヨクに参加している学生たちは大丈夫です!」という心強いお言葉を頂き、人生に希望を持った状態で終えることができました。

 大切なことは、失敗した時に踏みとどまらず、次に活かすこと。人の痛みがわかるようにもなるし、自分自身強くなれるので、失敗は決して悪いことではないという認識が一層強くなりました。

 交流会ではみんなでサッポロビールを飲みながら、仕事の話に限らず、さらにフラットに趣味やお酒の話など、たくさん話すことができ、学生にとっても社会人にとっても素晴らしい時間となりました。

ジョブヨクの詳細はこちら