日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

新浪博士・東京女子医大教授が語る(上)兄はプロ経営者、弟は外科医 新浪兄弟が学んだ翠嵐高

新浪博士・東京女子医大教授が語る(上) 兄はプロ経営者、弟は外科医 新浪兄弟が学んだ翠嵐高

 難しい心臓手術を年間300症例以上もこなし、「心臓手術のスーパードクター」の異名を持つ、東京女子医科大学の新浪博士教授(55)。母校は神奈川県有数の進学校、県立横浜翠嵐高校(翠嵐、横浜市)だ。在学中はけっして真面目な優等生タイプではなかったという新浪氏。未来のスーパードクターは、どんな高校時代を過ごしたのか。

 兄は新浪剛史サントリーホールディングス社長。小さいころからよく比較された。

東京女子医科大学の新浪博士教授

 兄も翠嵐でしたが、年が3つ離れていて、兄が卒業した年に入れ替わりで私が入学しました。

 兄は背が高く、翠嵐時代はバスケットボールの県の優秀選手に選ばれるほどのスポーツマン。翠嵐自体もバスケが強かった。ですから、高校でも目立つ存在でした。

 対照的に、私は身長も普通ですし、剣道はやっていたものの、スポーツはそんなに得意ではありませんでした。入学して間もなくの体育の授業のときに、私の動きを見ていた先生から、「お前は本当に新浪の弟か」と言われたことを今でも覚えています。

 性格も対照的。兄は見ての通り、外に向かって発信するのが得意な外交的な性格。スポーツもチーム競技をしていましたし、リーダーシップを発揮して組織を束ねる経営者にもともと向いていたと思います。

 それに対し私は内向的な性格で、小学生のころから一人でプラモデルを作って遊ぶのが好きな子供でした。今は仕事上、いろいろな人とおつきあいする機会が増えたので、だいぶ社交的に振る舞えるようになりましたが、生まれつきの性格はそんなに簡単には変わるものではありません。

 また、他人に気を使うタイプでもなかったため、親からは礼儀を知らない子供だと思われ、小学3年の時に無理やり剣道をやらされました。いやいや始めたものの、結局、大学卒業まで続け、三段までいきました。でも、翠嵐時代は、正直それほど真剣に剣道に打ち込んでいたわけではありません。友達と遊びたくて、よく練習をサボりました。

 しかし、勉強に関しては、兄より私のほうができました。私や兄が中学生のころは、神奈川県には、アチーブメントテストという独特の学力テストがあり、そのテストの点数は私のほうが上でした。

「髪を肩まで伸ばしたりパーマをかけたり、細いズボンをはいたりしても先生から何も言われなかった」と振り返る

 兄とはよくけんかしましたが、私は兄の背中を見て大人になりましたし、兄も私のことをいつも気に掛けてくれました。兄はああ見えて気が小さいところもあり、米ハーバード・ビジネス・スクールに留学中、血尿が出たと言って、やはり留学でデトロイトにいた私に電話を掛けてきたことがありました。結局、一時的なストレスだったようで大事には至りませんでしたが、「こんなストレス、人生で初めてだ」と漏らしていました。

 お昼は家に帰って食べていた。

 翠嵐に進学しようと思った理由は、横浜市内で1番の公立高校だったからです。母親が教育熱心で、兄も翠嵐でしたから、自分も翠嵐に入って当然という雰囲気が家族の中にありました。新浪家は子供を私立校に通わせる経済的余裕はありませんでしたから、選択肢もおのずと限られていました。

 家から近いというのも大きかったと思います。家から学校までは歩いて3分。小さいころから翠嵐生を身近に見ていました。それも、翠嵐に入るのが当たり前という気持ちにさせたのかもしれません。翠嵐時代、弁当を持って行くのが面倒なときは、お昼に上履きのまま家に帰り、家でお昼を食べたこともよくありました。

 翠嵐の校風は、公立のせいか、わりと自由でした。私立に進学した中学時代の友達から、私立では停学処分を受ける生徒が何人もいるという話を聞いていたので、それに比べると翠嵐は自由だなと思いました。

 例えば、当時はロック音楽全盛の時代で、男子生徒の多くが、その影響を受けて、髪を肩まで伸ばしたりパーマをかけたり、細いズボンをはいたりしていました。私もその一人でしたが、先生から何か言われたことはありません。酒やたばこをやっている生徒もいました。見つかるともちろん怒られますが、それで停学処分にまでなった例はありませんでした。

 勉強よりも遊びに熱心だった。

 翠嵐は進学校ですが、男子も女子も真面目な優等生タイプとそうでないタイプとにはっきり分かれていました。私は後者のグループで、一応授業には出ていましたが、勉強熱心とはお世辞にも言えませんでした。遊び仲間と遊んでいた時間のほうが、ずっと長かったような気がします。

 例えば、親に言われて、高校に入ってからも週に2、3回、塾に通っていましたが、よく塾をサボって友達と喫茶店に行き、当時はやっていたインベーダーゲームで遊んでいました。どこの高校の生徒かわからないよう、途中で制服を私服に着替えるという技も使いました。夏には、学校に行く振りをして、友達と鎌倉の海に遊びに行ったこともあります。

神奈川県立横浜翠嵐高校

 遊び仲間の中には、翠嵐に入ったものの大学に進学しなかった落ちこぼれや、別の高校に進んだちょっと不良っぽい中学時代の友達もいて、そんな仲間とつるんでいる私を、親も兄もとても心配していました。特に根っからの体育会系で、慶応義塾大学でも体育会に所属していた兄は、チャラチャラしている私が気に入らなかったようで、私に生活態度を改めるよう口酸っぱく言っていました。

 でも、私としては、別に学校が嫌いとか不良になりたいとか、そんな気持ちはさらさらなく、単に気が合って楽しいからそういう友達と遊んでいただけでした。

 それに、あまり勉強しなかったといっても、好きな数学や英語はちゃんと勉強し、成績も全然悪くありませんでした。むしろ数学はクラスでもトップクラス。高3のときの学力テストの数学は、1学年約400人いる中で10番以内に入り、私をかわいがってくれていた担任の美術の先生から、「お前、バカだと思ったら、結構賢いんだな」と驚かれたほどです。外見や性格から、周りに誤解されやすいタイプだったのかもしれません。

 勉強しなかったのは、大学受験は一発勝負で高校の成績や内申書は関係ないと考えていたからです。だから、大学受験までは好きなことをやって過ごそうと。この考えは、高校時代バスケットボールに打ち込んでいた兄の姿を見て学んだことでもありました。

 ただ、やはり数学だけで受かるほど受験は甘くありません。結局、公立大学の医学部に落ち、親からはお金がないので私立には行かせないと言われ、翌年、群馬大学医学部に合格するまでの1年間、浪人生活を余議なくされました。

 浪人は、私自身はまったく気にしませんでしたが、兄から、それ見たことかと言われ、悔しい思いをしました。
(ライター 猪瀬聖)[NIKKEI STYLE 2017年12月4日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>