日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

元「受付嬢」、無人受付アプリで起業 ディライテッド

元「受付嬢」、無人受付アプリで起業 ディライテッド

 内線電話を使わず、人が介在しない受付システムを提供するディライテッド(東京・渋谷)。橋本真里子最高経営責任者(CEO、36)は、2016年に派遣社員から起業家に転じた。受付業務に11年携わったプロだが、プログラミングも事業運営も未経験。社員や訪問客が行き交う受付で培った人脈を生かし、エンジニアら専門人材を味方につけ戦う。

iPad操作で来客通知

派遣社員を経て起業したディライテッドの橋本真里子CEO

 「受付嬢がいる会社って、実はぜいたくなんですよ」。1人配置するだけでも人件費など年間数百万円のコストがかかる。同社の受付サービス「レセプショニスト」は月5千円から。登録する従業員が10人以下の場合は、無料で使える。

 レセプショニストのアプリをiPadのタッチパネルで操作し、面会予定の社員の名前を検索して選択すると「スラック」などのチャットで社員に来客の通知が届く。通常は受付係がいたり、受付係がいない場合は内線電話が置いてあったりするケースが多い。しかし電話での呼び出しは、誰かが業務を中断して電話を取り次ぐ必要がある。

 導入や運用コストが安いほか、システム上で来訪者の管理ができるのも売りで、IT(情報技術)関連企業を中心に導入が広がる。大企業の受付で働いた橋本CEOの経験がサービスの原点だ。

 「企業の最前線にある受付をさらに価値あるものにしたい」。今でこそ明確な目標を掲げるが、20代の頃は迷いの中にあった。大学進学を機に三重県鈴鹿市から上京。卒業間近になってもやりたいことが見つからず、卒業後1年間はフリーター。その後、派遣社員として、トランスコスモスやUSEN、ミクシィ、GMOインターネットの受付で働いた。

 客と訪問先の社員の間を取り次ぎ、会議室に案内してお茶を出す。最初はその繰り返しだったが、次第に受付業務の奥深さに気づく。

 「この社員は訪問客の迎えに時間がかかるから、連絡は早めに」「この企業はいつも数人で来るから大きな応接室にしよう」「この役員はコーヒーではなく日本茶が好み」。訪問客が不快な思いをしないよう、社員が滞りなく仕事ができるよう、黒子として動いた。

 だが「受付の仕事は賞味期限が短い。生涯はできない」。雑誌の求人募集要項を見ると受付職は20代から30代まで。同僚も20代後半が中心だった。職場の先輩たちは年齢を重ねると退職するか、総務などに職種転換していった。

IT人脈生かしアプリ開発

 30代で始めたGMOの受付を「最後の現場」と決めた。次の進路を模索する中で、受付の仕事内容が11年間まるで変わっていないことに気付く。IT化で企業の業務効率化が進んだが、受付はその波から取り残されていた。訪問客に手書きで受付票を書いてもらい、電話で担当者に取り次ぐアナログな作業のまま。

「レセプショニスト」で受付を済ませると、呼び出された社員の元にチャットで連絡が届く

 手書きの受付票を一定期間保存する必要があり、紙の束が無造作に積まれている企業もあると聞いた。デジタルデータにすれば、いつ誰と誰が会ったか、来客が多いのは誰かを可視化できる。受付は派遣社員など外部人材が多く、1つの職場に長く定着しないため、課題が見えにくかった。

 「受付にITを導入すれば、業務の効率化とデータ化による価値につながるのでは」と起業を考え始めた。渋谷や六本木のIT企業で働き、身近に起業家がいたため「起業することが自然に選択肢にあった」。

 ただ問題意識と受付の実務経験は豊富だが、エンジニアではない。プログラミングもできないし、アプリも作れない。会社のイベントや誰かの誕生日会などで広がった人脈を生かした。

 まずはエンジニアとの橋渡し役を担うプロダクトマネージャーを口説き落とし、入社してもらった。それが最高執行責任者(COO)の真弓貴博取締役(38)。ミクシィで年賀状サービスなどを手掛けた経験を持つ。

 試用版はラクスル(東京・品川)など知り合いのスタートアップ企業に導入してもらった。「社員の情報をもっと簡単に追加できないか」などの声が寄せられ改良を重ねた。17年秋には米スラック・テクノロジーズが公式に認める連携アプリの1つに加えられた。

 レセプショニストを導入すれば、受付で働く人の仕事を奪うことにならないか。橋本CEOは「人間から仕事を奪うのではなく、生身の人ならではの接客に集中できる環境をつくるのが理想」と話す。無人にすることもできるが、システムと人を組み合わせることも可能。客が気分よく訪ねてくれるよう、心を込めて接遇するのは人だ。

 従業員が12人に増え、渋谷区内でオフィスを移転する予定。訪問客の操作を簡単にするためにスマートフォン(スマホ)との連携も予定している。一息つく暇もなく、走り続ける。
(企業報道部 若杉朋子)[日経産業新聞 2017年12月15日付、日経電子版から転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>