日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

「塾は不要」の愛光中高 国公立大医学部に4人に1人
愛光中学・高校の中村道郎校長

「塾は不要」の愛光中高 国公立大医学部に4人に1人愛光中学・高校の中村道郎校長
愛媛県松山市にある愛光中学・高校

 愛媛県の松山市にある中高一貫の私立校、愛光中学・高校。夏目漱石の『坊っちゃん』の舞台となった文学の街に、ミッションスクールとして誕生。東京大学や国公立大学の医学部医学科の合格者を輩出し、灘中学・高校(神戸市)やラ・サール中学・高校(鹿児島市)とともに「西の御三家」と称され、中国・四国地方ではトップクラスの進学校になった。松山の愛光を訪ねた。

生徒の3割が県外出身の寮生

 「全国の医師の約1%が愛光出身者だといわれますね」。愛光の中村道郎校長はこう話す。国公立大学の医学部に生徒の4人に1人が合格するという愛光。なぜ全国有数の進学校が人口51万人の地方都市で生まれ育ったのか。

 松山の中心街から車で西へ15分。小高い丘の上にある愛光はとにかく広い。敷地面積は約10万平方メートルで、芝のサッカー場のほかに2つのグラウンドがある。ほかに目立つのは校舎の隣にある大規模な3棟の寮だ。愛光の中高生は約1300人だが、うち約400人は県外出身の男子生徒で寮生活をしている。「(2002年に)共学化する前には、800人の男子の寮生がいたときもあります」。女子生徒は寮生活ができないため、寮は男の城。ここが愛光のパワーの源だ。

 約400人の寮生の出身地は、中四国のほかは、首都圏、関西圏、九州がそれぞれ60人前後、入学時は各地の方言が飛び交う。「全国の至る所から来ますから、多様性が生まれますね。首都圏の生徒では開成中学に合格しながら、寮生活をしたいとうちに来た生徒もいます」(中村校長)。地元のほかに東京、大阪、福岡に試験会場を設け、全国から生徒を集めている。

8人の医学生がチューターに

寮の学習室には各生徒の机があり、先生も常時いる=愛光中・高提供

 愛光の寮の仕組みは実によくできている。まず朝は7時ごろに起床して食事、8時半から授業がスタート。授業は6~7時限制で、午後3時半から4時半に終了。その後、部活などをし、夕食や入浴の後、寮では午後7時から11時ごろまでは原則自習する。高3になると、授業後に午後6時まで補習、7時から深夜1時まで自習。広い自習室には各生徒の自習用の机があり、常時、先生もいる。「質問したい生徒は辞書を立てれば、先生の方が来て相手をしてくれる」。週に1回、中村校長自らが英語を教える時間帯もある。

 さらに今年から8人の学生チューターも採用した。いずれも愛光出身の愛媛大学医学部の学生、先輩から指導してもらうわけだ。舎監に寮母、看護師も2人おり、9床の医務室もある。さらにメンタルケアのための臨床心理士も2人いる。学習体制だけでなく、健康面の対応も抜かりがない。

 生徒は中学1年の入学時にはまず仲間づくりのため8人部屋に入るが、中2以降は個室があてがわれる。福岡県出身の愛光OBは、「個室は3畳ぐらいでしたね。閉鎖的な空間でしたが、仲間と人には言えない悪さもして、楽しんだ」という。「寮の仲間は一生の友になる」という中村校長。多感な中高生を対象にした寮の運営は難しく、有名進学校で大規模な寮を持つのは全国的にも愛光とラ・サールぐらいという。

 愛光の寮に息子を入れていた首都圏在住の保護者は、「学費と寮費などで月10万円強はかかりますかね。地元の私立校を選んでも塾には行かないといけないが、愛光の場合、塾は不要。志望校に現役合格したし、友人もたくさんできたので、結果的にいい選択だった」という。

東大より医学部 73人合格

中2以上になる全員が個室になる=愛光中・高提供

 愛光の1学年の生徒は中学200人、高校は250人。17年の合格実績は東大が23人、京都大学9人、国公立大学医学部医学科は61人。ほかに防衛医大が12人で計73人。特筆すべきは国内最難関の東大理科3類に3人が合格したことだ。わずか定員100人という狭き門の理3に複数の合格者を出すのは至難の業。しかも、理3合格者のうち63人は進学塾「鉄緑会」の出身者だ。鉄緑会は東京と関西にしか校舎がなく、地方圏からは通えない。愛光は塾の力に頼らず、難関学部の合格者を輩出しているわけだ。

 中村校長は「確かに松山にはそんなにすごい進学塾はありません。教員と生徒の努力の結果だと思います。国公立大医学部の現役合格率は全国3位。ただ、東大合格者は40~50人いた時期もあったのですが、今は生徒の約4割が医学部志望で、『東大より医学部』という傾向が顕著になっています」と話す。

 全国的に医学部人気が高まっているが、愛光は特に強い。なぜなのか。「医者の子弟が多いからですが、寮も関係していると思います。将来は医者になるという強い意志を持って入学した生徒が1人いると、寮のような濃密な空間では、『じゃ、僕も』となりやすい。どんどん伝播(でんぱ)してゆくのです」と中村校長。一方で「東大の現役合格者20人という目標は達成できていない。ここが課題です」という。

中1全員にタブレット

授業では今後ICTなども活用していく=愛光中・高提供

 進学実績アップのため、寮での学生チューターの採用のほか、授業でのICT(情報通信技術)活用もスタートしている。和田誠教育企画室長は、「まず中1の生徒全員にタブレットを持たせ、双方向授業も始めました。2020年度の大学入試改革もにらみ、英語のオンラインスピーキングをやるとか、表現力を問う問題を一斉に出し、全員の回答を瞬時に集めて、分析するとか、全員で共有するとか。うちの場合、寮生も多いのですが、長期休暇になると帰省するので、宿題なんかもネットでやり取りするようになれば、便利になります」という。

 愛光が創立されたのは1953年。戦後生まれで、名門進学校の中ではそれほど古い学校ではない。イタリアのローマに本部を置くカトリック系の聖ドミニコ修道会が母体だ。外国籍の神父が多く在籍して「生きた英語が学べる」と評判になった。「創立当初は同じカトリック系の栄光学園(神奈川県鎌倉市)を手本にしました」(中村校長)。現在も理事長はスペイン人、外国籍の神父も5人ほどいる。

松山市の中心街にも近い松山東高校

 松山といえば、俳人の正岡子規が学び、その親友の夏目漱石が教師として教えた旧制松山中学(現在の愛媛県立松山東高校)が有名だ。1878年創立の名門校。司馬遼太郎の「坂の上の雲」に登場する秋山真之(海軍中将)も同中学で子規の親友だった。同中学からは多くの俳人や文学者が輩出、戦後は高校になり、ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎氏らも卒業した。現在の松山東高は県立では進学実績トップの高校だ。

子規、漱石生誕150年 俳句甲子園競う

 愛光は地元のライバル校といえる存在だが、松山東高の石崎学校長は「愛光は私立の進学校ですからね。うちは愛媛では一番古く、伝統校とはいえますが。今年は子規、漱石生誕150年なので地元で盛り上がっています。愛光とは、『俳句甲子園』などでは競い合う仲ですね」という。1998年に誕生した高校生の俳句の全国大会だ。中村校長は「愛光も優勝経験がありますが、松山東には当時の俳句のメンバーだったうちの生徒が今、国語の教師でいます。切磋琢磨(せっさたくま)しながらやっていますが、最近は開成高校に優勝を持っていかれていますね」と話す。

 愛光の卒業生には、皇太子妃雅子さまの主治医として知られる大野裕氏など圧倒的に医師が多い。政策研究大学院大学元学長の白石隆氏などの著名な学者が少なくないが、経済人の代表格は三井物産社長の安永竜夫氏だろう。役員序列で32人抜きで社長になったことで話題になったが、指名した現在会長の飯島彰己氏は、くしくも愛光のモデルになった栄光学園の出身。飯島氏は「栄光では欧米出身の神父さんに学び、海外に関心を持つようになった」という。

愛光中学・高校の中村道郎校長

 中村校長は「安永さんは明るくて豪放磊落(らいらく)。同窓会をやると彼の周りにみんな集まる」という。もともと愛光は国際派リーダーの養成にも力を入れている。ドミニコ修道会の世界中の学校のネットワークも活用。台湾やスペイン、イタリアなどで海外研修をしたり、交換留学をしたりしている。

 地方都市にある愛光は地の利という面では明らかに不利。大都市圏より早く少子化の影響も受け、男女共学としたのもそれが一因だ。一方で「寮生活で勉強も鍛えられたが、仲間とケンカしたり、遊んだりしながら、人間関係も学んだ」(愛光OB)というように大都市圏の進学校では得られない貴重な経験を積むことができる。文学の街から有能な人材が世界へ飛び出していきそうだ。
(代慶達也)[NIKKEI STYLE 2017年12月17日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>