日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

インドでMBA(3)思考フル回転、議論に即反応
気を緩められない白熱授業

インドでMBA(3) 思考フル回転、議論に即反応 気を緩められない白熱授業
authored by 和泉沢剛

 前回はIndian School of Business(ISB、インド商科大学院)の概要についてご紹介させて頂きましたが、今回はインドのMBAで、私が実際に直面した壁について少しお話させて頂きたいと思います。

 前回のコラムでは、ISBにはインド中の優秀な学生が殺到するといった点についてもご紹介させて頂きました。そもそも優秀の定義って何?っていう話なのですが、私にとって特に彼らが少なくとも自分よりは「優れて秀でている」と日々感じるのは、新しい情報や学び(インプット)を自分なりに解釈し理解した上で、自分の頭で考えた独自の見解や回答(アウトプット)を即座に導き出すことができる点です。これは地頭の良さとでも言うのでしょうか。もちろん全ての見解や回答が正しいわけではなく人によって様々な考え方が存在するのですが、私がここで強調したいのは「即座に」という点で、とにかくこのインプットとアウトプットの回転がみんな極端に速いこと。当然MBAなので何でもいいから速く答えればいいという訳ではなく、論理的でない軽はずみな発言には教授からも学生からも容赦のない「Why?」の嵐が浴びせられますし、既に誰かが言ったことと似たような発言をすれば「それはもう聞いた」と一蹴されてしまいます。これは海外のビジネススクールならどこでも同じようなものだとは思いますが、ここまで「Why?」と「Because」が徹底して繰り返されるのは、インド人の文化と気質にも由来しているような気がしています。

ひたすら脳に汗

 また、教授が言ったことをそのまま鵜呑みにするような学生がISBにはほとんどいないため、何か疑問があれば誰もが恥ずかしがらずに即座に質問をします。インド人には大人数の前でも間違えることやわからないことを素直に質問するといったことに対する抵抗がほとんど無いようなのですが、日本人の私の場合、どうしても間違いを恐れるあまり、発言や質問に慎重になってしまうことが多くなりがちです。時間をかけてよく考えることは時に大切かもしれませんが、ISBの授業では黙って熟考などしていたらあっという間に議論が次のトピックに移ってしまい発言の機会を逃すことになるため、ゆっくり考えさせてくれる時間など与えてはもらえません。

少しでも気を緩めると、あっという間い議論から取り残されてしまう

 慣れない最初の内は特にこの周囲のスピード感についていくのにだいぶ戸惑いました。自分の頭で考えるって言ってみたら当たり前のことなのですが、一日中、常に思考をフル回転させスピードを保ちながら反射反応していくのって慣れていないと言うほど簡単なことではありません。授業中は集中しているので気づきませんが、インプットとアウトプットを頭の中で高速で回し続け、ひたすら脳に汗をかかせることを強要する週末の授業が終わった後には、一週間の仕事と週末のMBAの疲れが同時にどっと押し寄せてくる感覚に陥ります。

説得には合理性、時間、忍耐

 ISBでの授業は一日のスケジュールが決まっているので、決まった時間に終わるように教授がうまく議論をコントロールしてくれるのですが、これが学生同士のグループワークになるとそうはうまくいきません。インド人との交渉やディスカッションにおいては相手を説得できるだけの合理性のみならず、時間と忍耐力も併せて要求されます。グループは科目ごとに毎回変わるのですが、その際のチームメンバーはとても大事。たかがケーススタディといえど手を抜く学生はおらず妥協は許されないため、チームの相性が合わずにメンバー同士が真っ向からぶつかって意見をうまく収束できないと夜中の3時頃まで長々とディスカッションが続くことも珍しくありません。また、彼らは日本人のように一歩引くというスタイルはあまり持っておらず、こちらが話しているのを遮ってでもまずは自分の話したいことを前面に主張してきます。ただし、これは彼らにとっては日常的なごく普通のことであり、当然悪気があるわけではありません。時にストレスを感じることもありますが、自ら望んでそういう環境に飛び込んで行ったのは私自身ですし、ここでは外国人である私がこのようなインド人のスタイルを否定するつもりももちろんありません。これはインドでMBAに挑戦する上でもインドでビジネスをする上でも私自身が乗り越えて行かなければいけない壁であると理解はしているのですが、一方、終わらないディスカッションにおいて、眠気と集中力、そして感情をうまくコントロールしながら、冷静に結論を導くようになれるのにはまだもう少しだけ時間と訓練が必要そうです。

図書館には深夜になっても学生の姿が絶えることはない

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>