日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

第二新卒が熱い 元ロッテ田中投手、三井物産入社へ

第二新卒が熱い 元ロッテ田中投手、三井物産入社へ

 少子化で企業が人材確保に苦戦しているなか、新卒が数年内に転職活動をする「第二新卒」に注目が集まっている。三井物産は、かつて内定蹴りされた元プロ野球投手の採用に踏み切った。名門企業としては異例の試みだ。「我慢が足りない」など第二新卒に否定的な見方もあったが、隠れた逸材がいると採用担当者は熱い視線を向け始めている。

三井物産を一度は蹴ったが

 「もう一度、ウチを受けてみませんか」。2017年11月のある日、元千葉ロッテマリーンズ投手の田中英祐さん(25)は三井物産の社員からこんな誘いを受けた。

 実は田中さんは約4年前、京都大学工学部4年在籍時に三井物産から内定を獲得していた。しかしプロ野球への夢を捨てきれずに、その年の秋に日本学生野球協会へプロ志望届を提出。ドラフト会議でロッテから2巡目で指名を受けた。そのため三井物産を「蹴って」、ロッテへの入団を決めた。

 田中さんは京大初のプロ野球選手として注目され1軍でのデビューも果たしたが、登板した2試合では勝利を得ることはできず、17年10月、球団から戦力外通告を受けた。東京大学からも過去に何人かの投手がプロ入りしたが、やはり壁は厚い。難関国公立大からプロで大成したといわれる選手はいまだ出ていない。

 田中さんは球団から用意されたロッテでのポストに進むべきか決断できずにいた。そのとき、新卒採用時から継続的に交友を深めていた三井物産の当時の採用担当社員が声をかけてきたのだ。

「懐の深い会社」と感銘

 これまでの日本の名門企業ではありえないケースだ。東京大学などの東京六大学出身の有名選手が、プロ入りか一流企業への就職か、二者択一の選択を迫られたことは何度かあった。

 しかし、新卒時に内定を出して、一度断られた人を数年後に新卒として入社させる例はほとんど聞いたことがない。

 「なんて懐の深い会社だ」。田中さんは心を動かされた。筆記試験は新卒時にパスしたとの理由で免除されたが、面接は通常通り受け、再び内定を獲得。2018年4月に新卒扱いで入社する予定だ。田中さんは、「3年間、結果の求められる世界にいることで磨かれたプロ意識と責任感を商社の世界でも生かせる」と意気込む。

2017年10月に開いた三井物産の内定式

 もともと三井物産は「人の三井」と称されるように社員の人間力、個性を尊重する社風だ。しかもグローバル化が進み、「不確実性のある世界で勝ち抜くには、さらなる多様性のある人材が必要だ」(古川智章・人材開発室長)という危機感を持つ。そこで近年は通常の6月の選考に加え、2017年8月には2泊3日の合宿方式による選考にも乗りだし、様々なバックグラウンドを持つ逸材の掘り出しに力を入れている。

 田中さんの「再内定」もその流れの一つだ。商社は事業をつくるのが仕事。新しいプロジェクトの立ち上げは並大抵の努力ではできない。京大工学部出身の田中さんは貴重な理系人材。体力もある。

 三井物産は田中さんのプロ野球経験で培った「折れない心や、やりきる力に期待」(古川室長)し、再び内定を出した。今後は「第二新卒の採用に力を入れていく」という。

 三井物産のように新卒採用を重視してきた名門企業が今、第二新卒に注目している。博報堂が16年度に中途採用した90人のうち、およそ半分が社会人経験5年目までの第二新卒だった。同社は新卒を年100人程度採用しているが、「年に一度の新卒採用だけでは、優秀な人材を見極めきれない」(秋沢靖・人事部長)という。

中小・VBでは主戦力に

 少子化で大卒の民間企業就職希望者数はここ数年、42万人前後で頭打ちになっている。一方で業績の回復やグローバル化などを背景に、求人倍率は1.78倍と企業の新卒需要は高まっている。「マイナビ企業新卒内定状況調査」によると、18年卒の採用充足率は前年比4.7ポイント減の83%。特に非上場企業は77.8%で上場企業と比べても17.5ポイントも低い。中堅以下の企業は新卒を十分に確保できていないのが実情だ。

 「もう新卒を採用しません」――。こう宣言するのは、人材サービスなどを手がけるSEプラス(東京・千代田)の村田斉社長。「本当は新卒を採りたいが、うちのような中小企業は知名度がなく、いい学生がとれない」と打ち明ける。

 そこで目を付けたのが第二新卒。前の会社を入社して数カ月から3年までのうちに辞めた第二新卒の場合は、「自身の仕事の仕方に固執する中途人材と違って新卒人材に近く、愛社心を持って働いてくれる」と評価する。第二新卒の採用を始めて4年。同社の35人の社員のうち17人が第二新卒と、もはや同社の主戦力になっている。

「やりたいこと」に気づいたのは入社後

SEプラスに第二新卒として入社した寺井彩香さんは「前職でできなかった企画の仕事もできて楽しい」と話す

 その中の一人、寺井彩香さん(24)は立教大学を卒業後、2016年4月に大手娯楽施設運営企業に入社。店舗に配属された。上司や同僚にも恵まれ、業務もそつなくこなした。自身のキャリアに疑問を持ち始めたのは入社して数カ月がたったころ。「こうすればもっとよくできるはず」と店長に改善点を進言しても、「これは社内のルールだから実現できない」と返される日々が続いた。企画・運営にも携わりたかったが、先輩たちのキャリアを見ていくと、部署異動も難しそうだった。「この会社では自分のやりたいことはできない」。わずか1年で退社を決めた。

 寺井さんは新卒の就活時、ほかにも5社ほど内定をもらったが、入社の決め手は社名を知っているのと、「人事担当者の人柄が良かった」という理由だけだったと振り返る。売り手市場で業界研究や働く意味などを突き詰めて考えなくても、比較的容易に内定がとれてしまうゆえの失敗だった。

 しかし、入社して初めて「やりたいこと」「自分に合った仕事」に気づくことができた。村田社長は「第二新卒は自分の仕事観をきちんと持っている人が多い」と評価する。

 ただ、まだ企業と第二新卒のマッチングがうまくいっているとは言いがたい。職歴のない若者や退社後のブランクが長いフリーターなどは、経歴が評価されにくく、大手の人材紹介会社からは求人の紹介を受けにくいのが現状だという。それに商機を見いだし、第二新卒に特化した紹介事業に乗り出す会社が相次ぎ登場している。

第2新卒、取引企業3割増

ウズウズでは第二新卒で就職を目指す若者向けにセミナーを開いて就活のノウハウを教える

 UZUZ(ウズウズ、東京・新宿)では第二新卒での就職を目指す人向けに、相談員が計20時間のカウンセリングを実施。性格や能力、人となりなどを踏まえた上で、その人に合った企業を紹介する。中小・ベンチャー企業の需要が高まっており、ウズウズの17年度の取引企業数は前年度比約3割増に達する見通しだ。

 川畑翔太郎専務は、「高卒人材は離職率が高いので、より優秀で定着しやすい大卒人材が欲しいのが企業の本音。とはいえ中途人材は年収が高いため、若い第二新卒に人気が高まっている」と分析している。今後、第二新卒市場がヒートアップしそうだ。
(鈴木洋介)[NIKKEI STYLE 2018年1月24日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>