日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

人事部の視点(5)人生100年時代の就活、副業視野に礎作る企業選びを

人事部の視点(5) 人生100年時代の就活、副業視野に礎作る企業選びを
authored by 日経カレッジカフェ×人事部

 学生の皆さん、こんにちは。高橋実です。さて、3月より、いよいよ2019年入社予定の皆さんの就職活動が解禁になりました。これからいよいよ本格的な就活シーズンが始まりますね。頑張ってください。

 ところで、私事ですが、3月末で、約5年間勤めた株式会社HDEを卒業します。新たなキャリアとして、「本気の複業」に取り組むことにしました。「本気の複業」とは、主業があってのサブ的な副業ではなく、「全て本業にする」。そんな働き方です。

 株式会社モザイクワークという、企業の採用や組織・人事課題を解決する会社と、倉庫業の新しい価値を提供する 寺田倉庫の人事戦略室長、人々に幸せな食を提供する 株式会社タイソンズアンドカンパニーの人事戦略担当と、複数の企業の人事、そして組織・人事に関わる仕事に携わり、新しい働き方に自ら取り組む「人体実験」にチャレンジします。

若いころからの副業って、あり?なし?

 昨今の「副業ブーム」で、気になっていることがあります。 最近、学生の皆さんから「副業ができる企業がいい」という声を聞くようになりました。「やりたいことをやれる」「お金を稼ぎたい」「会社に縛られたくない」といったようなイメージ。会社に所属するけれど自由度が高い、そんな企業の人気が高まってきています。

 でも、若いうちからの副業は、僕は(まだ)おすすめしません。

 副業が悪いと言っているわけではありません。寧ろ僕は副業賛成派です。これからの日本の少子高齢化による労働力減少をカバーするためには、「それぞれの人が持っている能力をシェアして活かす」ことが必要だと思っています。

 ただ、それには「活かせる能力を持っていて」「周囲の期待に応えられる」ことが条件になります。つまり、色々な経験をして力をつけてから、はじめて副業は活きるのです。仕事とは、「やりたいことをやれる」ではなく「やるべきことをやる」そして、「期待に応える成果を出して」初めて周囲から認められるようになるものなのです。

 まだほとんどの企業は「週5日フルタイムで会社に出社する」のが前提です。もちろん残業もあるでしょう。そんな条件のなか副業をやるのであれば「プライベートの時間を削ってやる」か「週5日の仕事の時間を減らして」やるしかありません。まだ活かせる能力がつかないうちから副業をすると、下手をすれば自分の成長を阻害してしまうかもしれません。

人生は長い。まず足場を固めてからでも、副業はできる

 学生の皆さんは、まだ仕事の経験値はゼロです。能力が高く、素晴らしい実績を上げることができる人はいるかもしれませんが、それはほんの一握りの人。「二兎負うものは一兎をも得ず」ということにならないか、ちょっと心配です。

 僕自身、これまで副業の経験はありません。でも、約30年の社会人経験を経て、少しずつ能力がついてきました(まだまだ足りないですが)。だからこのタイミングで、本当に副業はできるのか。その疑問の答えを出すために「本気の複業(全て周囲の期待に応えられる成果を出す)」にチャレンジすることしました。まだどうなるか分かりません。だから、「人体実験」なのです。

 人生ははるか遠く長い道のりです。人生100年時代、これからどんなことだってやろうと思えばできる。そして、その長い道のりでは、多くの今想像もつかない困難も待ち受けているかもしれません。まず、自分自身の足場を固めてからでも遅くないはずです。

 土台をしっかりと作っておけば、力はついてくるし、そこから先の選択肢は広がっていく。これから皆さんが選ぶ就職先は、自分自身の礎をしっかりと作る、そんな企業を選ぶべきなのではないかと思いますが、いかがでしょうか。


「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>