日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

「五反田で何が悪い」渋谷に背を向ける起業家たち

「五反田で何が悪い」渋谷に背を向ける起業家たち

 東京・五反田が急成長するスタートアップ企業の集積地になりつつある。起業の街・渋谷より3割程度安いオフィス賃料と交通の便が魅力で、渋谷から移る企業も相次ぐ。事業拡大で街を去る企業が出ても、新たな起業家が次々に集まってくる。かつてソニーを生んだ雑多な街は、若い企業の交流と新陳代謝で新たな価値観を育んでいる。

わい雑な街、むしろ魅力

 「だだっ広い倉庫を安く借り、好きなように改造してクリエイティブな空間を作る。米西海岸的なオフィスづくりができるのは都内でもここしかない」

 飲食店予約台帳システムのトレタの中村仁社長(48)は3年前の新本社選びの際、40年以上にわたって五反田の顔ともいえる物件「TOCビル」に一目ぼれした。オフィス面積は838平方メートルと直前の渋谷時代の4倍に増やし勝負に出た。

 トレタは中小零細が多い飲食店の業務効率化ニーズを取り込み成長中。監査法人トーマツが毎年発表する技術系スタートアップの売上高成長率ランキング「日本テクノロジーFast50」(2017年版)で2位だった。過去3年で13.4倍も成長し、従業員も約100人に達した。

 同ランキングで成長率13.5倍と僅差でトレタを上回り、1位となったのも五反田組。個人のスキルをネットで売買するココナラだ。

 同社は渋谷で創業し五反田、渋谷と引っ越しを繰り返し、17年1月に五反田に戻った。南章行社長(42)は「五反田は渋谷に希少なワンフロア100坪のビルが残り、従業員がふらりといく安い飲み屋も多い」と話す。

 五反田といえば、風俗店やラブホテルが建ち並ぶわい雑なイメージがつきまとう。渋谷や六本木と比べ、お世辞にもおしゃれな街とは言えない。

 そんな五反田だからこそ、「渋谷=起業家の集まる街」という既成概念に背を向ける新興勢力にはむしろ魅力的だ。

 「スタートアップは新しい概念を打ち立てていく存在。出来上がった世界観に乗っかっていくのはピンとこない」。受発注見積もりサイトのユニラボの栗山規夫社長(37)は優等生的な渋谷や六本木に"挑戦状"をたたきつける。

 17年6月、下北沢からやってきたネット広告のZEALS(ジールズ)の清水正大社長(26)も「渋谷、六本木は文化ができあがっている」と感じ、五反田を選んだ。

 こうした反骨精神の強い起業家たちが集まるのが五反田の一面だ。五反田本社で唯一といっていい全国区の老舗企業、学研ホールディングスは「我々にとっても五反田のイメージアップになる」と歓迎する。

ブランドイメージより実利

トレタの中村仁社長

 五反田はトレタ中村社長(パナソニック)、ココナラ南社長(住友銀行)など大企業出身の30~40代の起業家が集まるのも特徴だ。街のブランドよりも、交通の便がよく社員が通勤しやすい「実利」を優先しているからかも知れない。

 東海道新幹線の品川駅まで2駅で、羽田空港にも出やすい。五反田駅に乗り入れる東急池上線と都営浅草線の沿線は、居住地としてお得な物件も多い。「徒歩圏の不動前駅や大崎駅を使えば、神奈川・埼玉方面から通勤も可能」(南社長)で社員の満足度も高い。

 五反田には技術系スタートアップも集まる。典型がクラウド型カメラを手がけるセーフィー。創業メンバーはソニーグループ出身者がそろう。

ココナラの南章行社長

 佐渡島隆平社長(38)は「物件を探す時間がなく土地勘があった五反田を選んだ」と14年の創業時を振り返る。その後も愛着のある五反田で移転と増床を繰り返す。かつて近くにあった「ソニー村」の名残がスタートアップに受け継がれる。

 ただ、近年は卒業組も増えてきた。五反田で育ち、新規株式公開(IPO)したオイシックスドット大地、ガイアックスなどだ。勢いのある未上場組の卒業も続く。1月にファッション関連のヴァシリーがスタートトゥデイの傘下入りに合わせて表参道に移転。遺伝子検査のジーンクエストが2月中旬、スマートロックのフォトシンスが3月に街を出て行く。

 フォトシンスの河瀬航大社長(29)は「いつか戻りたい」と五反田への思い入れは人一倍。14年の起業前も含め、計7年にわたり「職住が近く、満員電車に乗らなくていい」五反田で働き続けた。

フリーの佐々木大輔社長

 そんな河瀬社長が街を去る理由は「五反田100坪の壁」。社員数が70人に達し88坪(約290平方メートル)の現本社は手狭になった。周辺は大型ビルが少なく、新規供給も限定的。ワンフロア100坪以上は先行組が押さえ、新興勢力が成長後も残るのが難しくなった。

 一方、仮想現実(VR)、チャットボットなど大きなオフィスを要しない新業種は続々と集まってくる。「雑多な中から新しい価値が生まれる街」(トレタの中村社長)への歩みは途切れない。

 4年前に本社を五反田に構え、起業家の間では街の「顔」になりつつある会計ソフト、フリーの佐々木大輔社長(37)は語る。「ソニーを中心に五反田はかつて製造業の聖地だった。それが新産業の街に変わり、スタートアップの地になるのは日本の産業構造が変わっていく象徴かもしれない」

ご近所同士、飲み仲間

フォトシンスの河瀬航大社長

 1月時点で五反田に本社または東京支社を置くスタートアップ35社を対象にアンケートを実施した。街の魅力(複数回答)では「オフィス賃料が安い」が94%と圧倒的。スタートアップの集積で「経営者・従業員の交流がある」ことも魅力の1つだった。

 オフィス賃料は回答企業では1坪あたり8000~1万6000円が相場で、駅から同じ条件の渋谷や六本木と比べると3~4割安くなる。これが最大の訴求力だ。

 次の魅力は「通勤に便利」「飲食店が多い」。また「スタートアップ企業が集まっている」も46%あった。ネットワーク効果で近所づきあいも活発だ。五反田同士で「経営者・従業員とも交流がある」という企業は60%にのぼる。

セーフィーの佐渡島隆平社長

 フォトシンスの河瀬社長は「つらいことがありオフィスから駅に向かう途中でセーフィーの佐渡島社長と会い、その場で飲みに誘ってもらった」という。こんな距離感も五反田ならではだ。昨秋には五反田を中心に品川区の起業家24人が区内の中学2年生に「生き抜くために必要な力を知る授業」で講演した。参加した料理動画デリーの堀江裕介社長(25)は「経営者の横のつながりは強い」と語る。

 その典型が仮想現実(VR)企業。クラスターの加藤直人社長(29)は16年に渋谷から移転。「落ち着いてコンパクト」な街に引かれ、ツイッターで同業に五反田に集まるよう呼びかけた。秋葉原から昨秋移ったシナモンの武樋恒社長(30)も「この街にVRやゲームの企業が次第に集まり、話をしやすい」という。

 35社のうち直前の本社が渋谷なのは9社。35社にいつか渋谷に拠点を置きたいか尋ねると「いいえ」が83%に達した。五反田には渋谷や六本木の人混みを避けたい企業が多く、最近の渋谷の賃料上昇も影響している。

 一方、五反田のマイナス面を尋ねると「街のイメージが悪い」が57%と断トツ。駅東口の風俗街のイメージが影響したとみられる。それでも次の引っ越し先に五反田を候補に含む企業が3分の2と、愛着心は強い。

■五反田スタートアップ企業調査の回答企業一覧(順不同)
クラスター、Synamon(シナモン)、トレタ、VASILY(ヴァシリー)、モフィリア、チケットストリート、セーフィー、ZEALS(ジールズ)、ユニラボ、みんなのマーケット、ジーンクエスト、ココナラ、hachidori(ハチドリ)、ギフティ、freee(フリー)、dely(デリー)、スマートエデュケーション、プレイド、串カツ田中、フォトシンス、ジモティー、マツリカ、Surpass(サーパス)、モバイルファクトリー、みんれび、メディアインベストメント、ホワイトプラス、エコーズ、ナイル、アグリゲート、DYM、ホロラボ、ZenmuTech(ゼンムテック)、※クックビズ、※フェンリル。
※本社は大阪で東京拠点を五反田に置く企業

(企業報道部 加藤貴行、若杉朋子、吉田楓)[日経産業新聞 2018年2月6日付、日経電子版から転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>