日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

恋人と離れずに ワークスの「アジアIT新卒」獲得術

恋人と離れずに ワークスの「アジアIT新卒」獲得術

 世界の企業がIT(情報技術)人材の獲得競争を繰り広げるなか、日本企業の立ち遅れを指摘する声は多い。その背景には、海外のエンジニアや学生が求める環境や「就活市場」への理解不足がある。そんななか、2017年4月入社でインド工科大学(IIT)、シンガポール国立大学、中国の北京大学や清華大学など、トップクラスの理系大卒者を中心に約200人の採用に成功した日本企業がある。統合基幹業務システム(ERP)大手のワークスアプリケーションズだ。海外採用の責任者の成沢友和氏に、アジアの優秀な学生を大量に採用する秘訣を聞いた。

海外の大型開発拠点、実は採用対策

 「シンガポールと上海の拠点は、もともとは営業目的でなく、採用のためにつくったんです」と成沢氏は話す。ワークスのシンガポール拠点では約300人が働いており、大半がエンジニアとしてERPの開発にあたっている。国籍や出身は様々で、シンガポール人のほか、理系では世界屈指のレベルとされるインドのIIT出身者もいる。採用のために大きな海外拠点まで設けたのは、そうしなければ、こうした優秀な人材を確保できないからだという。

優秀な人材採用に向け、海外での拠点を拡大するワークスアプリケーションズの牧野正幸CEO

 ワークスは10年近く前から海外採用を進めている。成沢氏は、その経験からインド、中国、シンガポールの学生の「お国ぶり」には、はっきりした違いがあると指摘する。各国の優秀な学生は、将来のキャリア形成を強く意識しており、新人のうちから戦力として働きたいという意欲もある。そんな条件を満たす会社のなかから1社を選ぶとき、決め手は何なのだろうか。

インドの学生、「スタート地点」が重要

 IITを中心に多くの優秀なエンジニアの卵が育つインド。グーグルやフェイスブックなどの米国勢もインドの学生の採用に力を入れる。就活のピークは、毎年12月にIITで実施される「オープン・プレースメント・ウイーク」という採用活動だ。多くの学生が、ここで就職先を決める。

 「インドの学生が最も重視するのは、どの国でキャリアをスタートするかです」と成沢氏は話す。IITでは、学生の就職活動に対する大学就職課の関与が比較的強いという。「オープン・プレースメント・ウイーク」への参加はもちろん、学内での企業説明会や夏に行うインターンシップも、すべて大学の就職課を通す必要がある。

 就職課も学生たちの思いを反映してか、シリコンバレーなど国際的に活躍できる拠点を用意する企業を優遇する形で、説明会や選考会の枠を割り当てるという。成沢氏は「シンガポールは英語が公用語だし、世界の一流企業が集まっている。そこに拠点があれば、優秀なインド人技術者をもっと採用できると考えたのです」と明かす。

シンガポール、新卒も「即戦力」志向

 シンガポールに拠点をつくり、インドでの採用を始めてまもなく、シンガポール国内でのIT人材の採用も開始した。今では、採用のために1人が常駐している。入社する学生の大半が、英教育誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが2017年9月に発表した世界大学ランキングでアジア首位となったシンガポール国立大学や南洋理工大学の出身だ。

 シンガポールでは、企業が新卒者に「即戦力」となるよう求める傾向が強いという。そのため、学生側も大学1、2年生の頃から「見習い」として長期のインターンシップに参加する人が多い。インターンで優秀さを示した学生には、採用の道が開ける。就活の際の履歴書にインターンの経験を書き、自身のスキルとして売り込んでいくのが普通だという。

 シンガポール政府から奨学金を得て大学に通う周辺諸国の留学生たちも、シンガポールにある企業への就職を目指す。奨学金を受ける条件として、卒業後の数年間、シンガポールの企業で働くことを義務付けられているからだ。このため留学生は、よりステータスの高いシンガポールの企業や外資系現地法人への就職を目指して活動する。

中国、家族・恋人が大切

 中国の大学生が企業に求めているものは、より現実的だ。ワークスは上海にも開発拠点を持つ。そこで採用する学生には、家族や将来のパートナーとなる恋人との生活を就活時点から強く意識している人が多いという。その視点から、働く場所や給料を厳しく選ぶのだ。

 背景には、2015年まで30年以上続いた「一人っ子政策」と、独特の戸籍制度がある。中国では、都市の人口をコントロールするのが政府の姿勢だ。引っ越しはできるが、教育や医療などの公共サービスで優遇措置を得るのに必要な「戸籍」は簡単に得られない。生まれた場所以外で戸籍を取るには、「教育のバックグラウンド」「納税額」など、いくつかの条件を満たす必要がある。なかでも北京や上海など大都市は狭き門だ。一人っ子の大学生は、北部出身なら北京、南部出身であれば上海の戸籍を望み、家族のそばにいようとする。同様に、将来を約束した恋人がいれば、恋人の望むエリアで働けるかどうかも、企業選びのカギになるという。

 ワークスが採用する海外の新卒者の年俸は、出身地域に関係なく600万円だ。シリコンバレーのIT企業とまではいかないものの、非常に高い水準だ。そんな収入を蹴る大きな理由は、「家族や恋人」なのだという。成沢氏は「これとは逆に、米国の大学を卒業して米国企業からのオファーもあったが、親のために中国に帰るといって当社の上海拠点に入った人もいる」と明かす。「エンジニアを採用するため、ほかの都市に拠点をつくることも真剣に検討する」(成沢氏)構えだ。

海外の人材に「日本で働く」を求めるな

 AI(人工知能)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」、ビッグデータを活用する技術に企業が注目するなか、IT人材の需要は高まる一方だ。日本企業は、採用の活路を海外に求めるしかないのだろうか。日本の理系学生にも優秀な人がいるのでは? 成沢氏に尋ねてみると、「いると思う。ただ、そもそもの絶対数が少ないのではないか」。米国はもちろん、中国やインドの大学では、IT人材を育てる専門教育が進んでおり、輩出される人材の数が圧倒的に多い。

 「IT人材の育成で後れを取っている」という問題意識は、日本の大学側にも強い。早稲田大学の鎌田薫総長は、「今後、データサイエンティストなどのIT人材の育成を重点的に強化する」と話す。17年にデータ科学総合研究教育センターを設立し、産業界と連携して人材の育成を目指している。"

 現在、日本企業が必要なIT人材を確保しようとすれば、海外に活路を求めるのが早道だ。ただ、成沢氏によると、インドやシンガポール、中国で採用活動をするなかで日本企業の採用担当に会うことはまれだ。海外での採用に熱心なのは、楽天など一部のIT企業に限られるとみる。日本企業の海外での採用がうまくいかず、熱意も乏しい理由について、成沢氏は「日本語の習得や日本人と一緒に日本で働くよう求めてしまうからではないか」と分析する。世界で引く手あまたとなっているアジアの優秀な人材に、「日本」を求めると母集団は大きく限られてしまう。

 ワークスでも海外で採用をはじめた10年ほど前は、採用した人に日本で働いてもらっていたが、限界を感じたそうだ。「優秀な人材を獲得するには、海外エンジニアが働きやすい環境づくりが最優先」(成沢氏)と考えると、働く場所を日本に限るのは、もう無理なのかもしれない。
(松本千恵)[NIKKEI STYLE 2018年2月7日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>