日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

ミス着物は東大リケジョ 挑戦の裏に「悔しい失敗」

ミス着物は東大リケジョ 挑戦の裏に「悔しい失敗」
ミス着物に選ばれた東大生の岡部七子さん

 2018年1月、ミス日本コンテストの「ミス着物」に選ばれた東京大学理科2類1年生の岡部七子さん。ミス日本に出場を決めたのは、芸能界など華やかな世界に憧れていたからではない。岡部さんには薬学系の研究者になりたいという明確な目標がある。14日はバレンタインデーだが、研究に明け暮れ、恋愛経験もないという。内気な性格だという岡部さんは、なぜあえて晴れの舞台に立ったのか。

浦和一女時代に科学の国際大会に

 「実はコンテストに出るまでメークもしたことがなく、東大のキャンパスでもいつもスッピンでした。まさかミス着物に選ばれるとは思いませんでした」。岡部さんは、はにかみながらこう話す。まだ19歳、1年前までは埼玉県立の名門女子校、浦和第一女子高校(さいたま市)に通う高校生だった。浦和一女時代のある失敗がミス日本出場のきっかけになったという。

 岡部さんは典型的なリケジョだ。小学校3~4年生の頃、腐ったトウモロコシにショウジョウハエの幼虫がたかっているのを見て、「気持ち悪いと思う一方で、なぜ、あんな腐っているものの中で生きていけるんだろう」と素朴な疑問を持った。高校生のとき、心の中で抱いていた疑問に答えを出したくなった。浦和一女はスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、生物の実験の環境が整っていた。

 そこで大きな「発見」をした。観察を繰り返すうち、「キイロショウジョウバエの幼虫は抗菌作用のある物質を分泌している」ということが分かったのだ。たんぱく質系の新しい抗菌物質を探り出し、高2のとき、全国の高校生の集まる科学大会で認められた。そして高3のときには、米アリゾナ州フェニックスで開かれた「国際学生科学技術フェア(ISEF)」に高校生の日本代表の一人として出場した。

「ショウジョウバエの幼虫は意外にかわいい」と話す岡部さん

 研究成果には自信があったし、英語も得意だと思い込んでいた。しかし、晴れの国際大会はさんたんたる結果に終わった。

 15人ほどの外国人の研究者が一人一人、岡部さんのブースを訪ね、英語で質疑応答するスタイルだった。英語の想定問答集を用意してはいたが、ワンパターンの答えを返すのがやっと。周囲のアジア系の高校生は、流ちょうな英語で、臨機応変に、しかもにこやかに質問に答えていた。

 「研究者は、様々な分野の専門家で構成されていました。基礎研究の研究者もいれば、抗菌物質の専門家もいたのに、私はバカみたいに同じ回答を繰り返すばかり。それしかできなかった」。結果、何の賞ももらえなかった。プレゼンテーション力不足を痛感した。「この抗菌物質は、薬害耐性菌に効果があるクスリの開発につながる可能性を秘めています。しかし、相手に伝える力がなければ、どんなにすごい研究成果を出しても認められません」と岡部さん。思い出すのも悔しいようだ。

 ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学教授の山中伸弥氏など日本のトップ研究者は、いずれも優れたプレゼン力を持つ。英語で、ときにはジョークも交えながら、的確な言葉で相手に伝える。

ミス日本 30項目の講習に引かれる

 17年春、東大に進学した岡部さん。「プレゼン力」を磨くにはどうしたらいいのかと悩んでいるときに、ミス日本コンテストと出合った。大舞台に立って度胸をつけるということ以上に、岡部さんが引かれたのはファイナリストの14人に選ばれれば、国内トップの指導者や講師からプレゼン力や国際社会のマナー、教養など30項目の講習を直接受けられると知ったからだ。

 17年8月の大会でファイナリストに選ばれた岡部さんは4カ月間にわたるハードな講習に臨んだ。課題のプレゼン力はウェールズ人の講師アンドリュー・ジョーンズ氏の指導を受けた。「相手を不愉快にさせない話し方や受け答えを学びました」と岡部さんはいう。日本プロトコール&マナーズ協会の上月マリア氏からは、民間外交官の役割を担うミス日本に欠かせない国際社会のマナーを学んだ。

 岡部さんは「海外では目上の方が右側に立つという『右側上位』がルールだと初めて知りました。握手するときも、目上の方が右手を差し出したら、こちらも右手でそっと握るというのがマナーだそうです。えらい方と握手する際は、両手でしっかり握るのがいいのではと勘違いしていました。知らないことばかりで、すごく恥ずかしかったです」と話す。メークやウオーキングも習った。メークにも、大きく分けて普段用と舞台用の2通りがある。スピーチなど話し方や表情、姿勢の改善にも徹底的に取り組んだ。

 50周年を迎えるミス日本コンテスト。これまで女優の藤原紀香さんらがグランプリに輝いてきた。ミス日本コンテスト大会委員長の和田優子氏は「ミス日本での学びは、話し方とか、表現方法など、普通の学校で教えてもらえないモノばかりです」と話す。和田氏によると「伝え方」のコツは、「短い時間に、相手に自分をどれだけ印象づけられるかです。また、相手によって話す内容や表現方法を変える必要もあります」という。

ミス着物になった岡部さん。「メークは、したことがなかった」=ミス日本事務局提供

 ミス日本コンテストでは、15年に東大医学部の秋山果穂さんが準ミスになり、17年のグランプリには大阪大学の高田紫帆さんが選ばれた。「今年のファイナリストにも東大のほか、早稲田大学や慶応義塾大学の女子学生がいました。応募理由として、この30項目の講習を受けたいというのもあるようです。次世代の女性リーダーを目指すプログラムにもなっており、実際、ミス日本の方で起業する人もいますね」と和田氏は強調する。

バイオリンも上手だが、運動はオンチ

 ミス着物に輝いた岡部さんは、実はバイオリンも相当な腕前。東大音楽部管弦楽団にも所属し、週3日を練習に割いている。その気になれば、人気アナウンサーやタレントといった華やかな道も開けそうだが、本人は薬学の研究にまっしぐらだ。「いま、アルツハイマーの研究もやっています。認知症は深刻な疾病ですが、根治薬がありません。たんぱく質を応用した新薬開発に役立ちたいと考えています。今後は理科2類から薬学部に進学して大学院、できれば米国などに留学したいですね」という。

 完全無欠の才女というイメージの岡部さん。しかし、「運動は全然ダメなんです。バスケットボールもバレーボールも、ドッジボールみたいになってしまう。ボールから逃げてばかりなんです」という。方向音痴で、東大駒場キャンパスに通学するため、JR渋谷駅から井の頭線に乗り換えるときも「入学後2週間ぐらいは、駅員さんにホームはどこですかと何度も尋ねました」と笑う。

 14日はバレンタインデー。「恋愛には憧れるが、理想の男性は本の中でイメージするぐらいです」と恥ずかしがる岡部さん。本や研究や音楽に夢中で、恋愛経験はないという。

 岡部さんの夢は、「将来、ノーベル賞級の研究をして、画期的なクスリを生み出すこと。昔父親が、脳の外科出術を受けたが、内科的な治療で患者の負担を軽減するサポートをしたい」と話す。「今日は二度と来ない」が座右の銘の岡部さん。研究にまい進しながら、プレゼン力も身につけ、海外でリベンジする日も近いかも知れない。 
(代慶達也)[NIKKEI STYLE 2018年2月14日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>