日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

AIで最高の医療を 東大卒で救急医に、そして起業

AIで最高の医療を 東大卒で救急医に、そして起業
ドクターヘリに乗って、沖山医師は治療に当たっていた=沖山氏提供

 ドクターヘリの医師から起業家に。東京大学医学部を卒業し、救命救急の医師となった沖山翔氏(32)は2017年11月、AI(人工知能)などのデジタル技術を活用して医療業務を支援するアイリス(東京・千代田)を起業した。エリート医師の道に固執せず、離島でドクターヘリに乗り、ベンチャー企業に入社し、船医となるなど異色のキャリアを積み重ねる。東大卒の救急医が起業したわけは。

都会の救急医、沖縄の離島へ

 「この病気の専門家だったら、救えたんじゃないか」。救急医の沖山氏は、何度もこう自問自答する場面に出くわしてきた。医学部を出て日本赤十字社医療センター(東京・渋谷)で研修医に。当初は内科医になろうと考えていたが、「何にでも対応できる医師になりたい」と医師3年目に救急科に転向した。東大卒の医師でハードな救急医を志望するのは少数派だった。

 その1年後、「都会と違う医療に触れたい」と医師不足に悩む離島に向かった。沖縄県の石垣島にある県立病院に2人しかいない救急医として勤務。その沖合の波照間島にも1人で診療に歩いた。ドクターヘリに乗り、島々を飛び回った。台湾からのクルーズ船で急患が出たときも、ヘリで対応した。

 さらに1年後に日赤医療センターに戻り、救急医のチームリーダーとなった。常に重症患者を受け持った。即断即決、救急医に欠かせないのは体力と瞬発力。当直は月のうち13~14日に及び、36時間連続勤務も当たり前。中高時代はバスケット部で鍛えていて、体力には自信があった。疲労困憊(こんぱい)しながらも、やりがいを感じ、心地のいい緊張感には包まれていた。しかし、疑問が頭をもたげる。

 「もし、ここにすご腕のドクターがいれば、この患者さんは助かったかもしれない。患者さんももっと正確な知識を持っていれば、適切な科の医師に迅速に診てもらえたのでは。医師のスキルの差、患者の知識や情報の差、これらの『格差』を是正できないのか」。沖山氏が思い悩んでいるとき、医学部の1年先輩で脳外科医だった豊田剛一郎氏から声がかかった。医療ベンチャーのメドレーの経営に携わっていた。

 「ITを活用して医療を変えようよ」。豊田氏は脳外科医として中核病院に勤務。その頃は当直に明け暮れていた。医師不足が深刻化するなか、最前線の医師はいずれも多忙を極めている。だが、あらゆる患者に、最適な医療サービスが提供できてはいない。それで豊田氏はメドレーの経営に参加した。

医療ベンチャーへ 週末ドクターも

東京都内の病院では超多忙な日々を過ごした=沖山氏提供

 デジタル技術を使って医療現場を効率化したいという思いに、沖山氏も共感した。メドレーは医師を集めて、オンライン医療事典「MEDLEY」という医療メディアを立ち上げた。1400以上の病気情報のほか、約3万点の医薬品や約16万件の医療機関情報を集約。約500人の医師とのネットワークを構築し、医療情報を日々更新する事業をスタートさせた。

 沖山氏は、「ネット上には医療関連の情報があふれかえっている。しかし、すべてが正確なデータとは限らない。患者側は正しい情報を迅速に収集できれば、間違った診療科を受診して、結局たらい回しされたり、病気だと勘違いして、不必要な不安に駆られたりすることも少なくなる」という。

 メドレーに入社したが、すぐに白衣を脱いだわけではない。会社の業務はネットワーク上でも可能だ。大型船に乗り、数カ月間を船医として太平洋上で過ごした。「実は、今もフリーランスの医師をやっています。先日の週末も救急医として勤務しました。僻地の医師不足は明らかで、北海道から沖縄まで、呼ばれた先で短期の救急医をやっています」という。いわゆる「週末ドクター」。救急医のため、地方の病院や診療所からは引っ張りだこだ。

AIで最高のドクターの技を再現

 都会で救急医をやると息つく暇もない。しかし、離島など地方に行くと、ふと考える時間が生まれる。「もっと広く、深く、最高の医療をすべての患者に等しく提供するにはどうしたらいいんだ」。沖山氏は海や山を見ながら自問した。

 「やはりデジタルだなと。たとえばAIを使えば、匠の技を持つ最高のドクターの五感を、その医師がいない場所でも、検査や診断支援に活用できる。古き良きドクターの中には患者さんの顔色から異変を見逃さない人や、声色の変化から診断名まで判断がつけられる人もいます。この熟練医師の目や耳をAIで再現すれば、診断の精度が上がる。そんなシステムを一つずつ開発したらいいんじゃないかと」。確かに心臓の名医のなかには、聴診器で音を聞くだけで、心臓の状態が手に取るように分かる人もいる。しかし、名医になるには多くの患者を診る必要があり、長い臨床の時間がかかる。外科医は手術の症例数で腕を上げる。

 天皇陛下の執刀医として知られる天野篤・順天堂大学医学部付属順天堂医院長は、「心臓外科医として7500ぐらいの数の症例を担当してきましたが、この世界でやっていけるという手ごたえを感じたのは3000症例を超えたぐらいから。自分が他の外科医より優れているんじゃないかと思ったのは、5000症例あたりからだったと思います。胸を開いて、心臓を見て手をかざすと、うんいけるかなと。それが分かるようになる」と話す。

アイリスを起業した救急医の沖山翔氏

 AIを活用すれば、名医のスキル、ノウハウを他のドクターと共有し、診断・治療支援に生かせる。例えば、内視鏡で腸内の異形の部位を映す。熟練した専門医は、色合いや形などで、良性のポリープだとか、正確な診断を下せるかもしれないが、医師の中には誤診したり、見誤るケースがあるかもしれない。しかし、AIを活用すれば、内視鏡などの画像を瞬時に解析してその場で医師に伝え、診断を支援できる。

 「より良い医療現場を実現するには、病院の中と外、両面からのアプローチが必要」と沖山氏。17年11月にアイリスを起業。医師2人と学生の計3人で事業をスタートし、医療機器メーカーからも注目を集めている。名医の技術がAIで再現できれば、すべての患者に広く、深く最高の医療サービスを提供する可能性が高まる。

デジタル+日野原先生の笑顔

 ただ、沖山氏は「もちろんデジタルですべての問題を解決できるわけではない。やはり最後は医師の人間力です」と語る。医学生の時に聖路加国際病院(東京・中央)を訪ねた。17年に105歳で亡くなった日野原重明氏が名誉院長を務め、がんの痛みなどを和らげる緩和ケアでは日本トップクラスの病院として知られた。

 沖山氏には忘れられない光景がある。終末期の寝たきりの患者の表情は暗い。病棟では「痛い、痛い」と沈痛な声が漏れていたが、日野原氏が回診で来ると、患者の顔は一瞬にして変わった。日野原先生はニヤッと笑いながら、「大丈夫だよ」と患者たちに握手して回った。ある患者は「先生に会いたかった。週に1度の回診が生きがい」と破顔。からだを起こし、顔を上げて喜んだ。「えっ、あの患者さん、自分で起き上がれるのか」。沖山氏は日野原先生の笑顔の威力に驚いた。デジタル技術だけで医療サービスが向上するわけではない。

 東大医学部は日本の「白い巨塔」の頂点に君臨する。医学生は1学年で100人前後。大学病院の医局とつながり、エリート医師として歩む人が少なくないが、「臨床医になるのは約50%、研究医になるのが約45%、後の5%は僕らみたいなちょっと違う生き方をするというイメージですか。でも、医療に役立ちたいという思いはみんな一緒ですね」と沖山氏。起業家と救急医の二足のわらじをはきながら、デジタル技術を活用した医療の格差是正に挑んでいる。
(代慶達也)[NIKKEI STYLE 2018年2月25日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>