日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

土井香苗・HRW日本代表が語る(下)「怒りが込み上げ」 桜蔭の授業で人権問題に目覚める

土井香苗・HRW日本代表が語る(下) 「怒りが込み上げ」 桜蔭の授業で人権問題に目覚める
土井香苗・HRW日本代表

 私立女子校の桜蔭中学・高校(東京・文京)出身で、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)日本代表の土井香苗氏(42)。桜蔭時代は、桜蔭生の宿命ともいうべき東京大学合格を目指して黙々と受験勉強に励む一方、二つの出来事が、後に世界の人権問題に取り組む大きなきっかけとなったと話す。

 中3の夏休みに英国でホームステイした。

 夏休み前に、父が会社の同僚から、子供を英国にホームステイさせているという話を聞いてきて、私に「香苗も行きたいか」と尋ねました。なんとなく面白そうだったので、行くことにしました。

 理由は不明ですが、小さいころから海外のことに興味がありました。新聞は国際面を真っ先に開きましたし、中学時代は、海外に関するノンフィクションもよく読みました。だから、ホームステイにも関心を持ったのだと思います。

 ホームステイ先はエジンバラ。期間は約2週間。ホストファミリーの家には、私以外に、私と同じくらいの年のドイツ人とベルギー人とスペイン人がいました。

 海外は、家族旅行でハワイに行ったくらい。親元を離れて2週間も外国に滞在するのは初めての経験でした。外国人と英語でコミュニケーションするのも初体験。周りが全員ヨーロッパ人の中で、1人だけアジア人というマイノリティー感を味わうのも初めて。とにかく初めてのことばかりで、世界は広いなあと思いました。

 同時に、自分の英語力のなさを痛感し、非常に悔しい思いもしました。実は小学生のころから暗記科目が苦手で、英語もどちらかといえば嫌いなほう。でも、ホームステイをして初めて、英語を勉強する意味がわかりました。それからは英語の勉強が楽しくなり、成績もどんどんよくなりました。今の仕事も英語が不可欠ですが、もしあの時ホームステイしていなかったら、きっと英語の苦手な普通の日本人になっていたんだろうなあと考えると、ホームステイの経験は私の人生にとって非常に大きな出来事でした。

 小さいころの夢はバレリーナでしたが、ホームステイ前後は、いかにも子供の単純な発想ですが、外交官になりたいと思いました。翌年の高1の夏休みにも、同じ場所でホームステイしました。

 国語の授業の副教材で、難民の人権問題に目覚めた。

「授業で犬養道子さんの『人間の大地』を読んで、怒りが込み上げ、そのやり場に困った」と振り返る

 外交官を目指したのは一瞬でした。すぐに、将来は難民支援にかかわりたいと思うようになりました。

 きっかけは、中3か高1か忘れましたが、国語の授業で先生が副教材に使った、犬養道子さんの「人間の大地」。犬養さんがアジアやアフリカの難民キャンプを旅しながら、難民が生まれる背景を戦争や南北格差、国際政治などの観点から論じた本で、当時の私には衝撃的な内容でした。読み進めながら怒りが込み上げ、そのやり場に困りました。この本を読み、将来は難民を助ける仕事をしようと強く思いました。

 桜蔭の同級生の中には、高校時代、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)でボランティアをしている人もいました。私もしたかったのですが、親が勉強以外の活動を認めてくれなかったため、同級生を羨みながら、大学に入ったら絶対にボランティア活動しようと決めました。

 東大文科一類(法学部)に進んだ。

 桜蔭に入る時と同様、東大に行こうと思ったのは、単にテストの成績が東大の合格レベルに達していたというのが理由です。勉強以外にすることがなかったので、受験勉強を本格的に始めてからは、勉強時間もかなり増えました。勉強法は、基本的には塾の先生が言ったことをひたすらやるだけ。それだけで成績は上がりました。

 文系を選んだのは、難民支援の仕事をしたいというのとは無関係で、単に数学が苦手だったから。桜蔭は昔から理系志望者の多い学校で、成績のよい生徒はとりあえず理系に行きます。私も数学がもう少し得意だったら、おそらく理系に行っていたと思います。

 文系に決めてからは、最初は文科三類を志望しました。難民支援の仕事に必要な国際関係論を勉強したかったからです。しかし、親から、東大に入ってからでも専攻は変えられるから、文三より偏差値の高い文一に合格する力があるなら文一を受けるよう促され、そうしました。

 東大3年の時に、その年の最年少で司法試験に合格。その後、念願のボランティア活動にかかわる。

 司法試験の勉強も、女性は手に職をつけたほうがいいという親の意向で始めました。東大では馬術部に入り、頑張って練習して全国大会出場に手の届くところまで来ていましたが、司法試験の勉強のため退部。親との関係はさらに悪化し、ついには高校生の妹と2人で家を出ました。

 親には反発したものの、司法試験の勉強は相当進んでいて、ここで止めるのももったいないと思い受験したら、1回で合格しました。

 司法試験合格後、大学4年の1年間、念願のボランティア活動をすることができました。仕事は、独立間もないアフリカのエリトリアで、法律をつくる手伝い。法務大臣に直接お願いしたら、「いいよ」と言って受け入れてくれました。

 その間、難民キャンプも訪れました。しかし、難民キャンプでの仕事は、自分の想像とかなり開きがありました。現実を見て、自分は難民に何かを与える仕事よりも、弁護士として難民の立場に立って支援するほうが向いているという結論に達し、その時初めて、弁護士になろうと決めました。

 帰国後、弁護士事務所で5年ほど働き、国際人権法を学ぶためニューヨーク大学ロースクールに留学。そのまま、HRW本部でフェローとして働き始め、2009年、HRW日本事務所を立ち上げた。

 HRWは人権にかかわる問題は、難民から戦争から女性や子供にいたるまで何でもやりますが、東京事務所がいま特に力を入れているのは、性的マイノリティーなどのLGBTの問題と、里親推進など子供の社会的養護の問題。また、北朝鮮やミャンマーのロヒンギャの問題も、日本政府に行動を起こすよう働きかけています。

 桜蔭時代のホームステイの経験、国語の授業での犬養さんの本との出会いがなかったら、私の人生はかなり違う人生になっていたと思います。そして、日々なんとなく過ごしていた私でも、東大に入れ、弁護士になることができたのは、桜蔭という環境のおかげだと思っています。

 現在、国会議員や成功した起業家などと会う機会の多い仕事をしていますが、本当に女性が少ない。この閉塞状況を破る使命を負うのが桜蔭だと思っています。私自身、殻を破れたのは大学生になって家出をしてから。自分自身の高校時代への自戒も込めて言いますが、桜蔭生はもっと自分のやりたいことにチャレンジすることに野心的になってもいいのではないかと思います。よき社会人になることはもちろん大切ですが、グローバル人材が求められる中、型破りな桜蔭生がたくさん必要な気がしています。
(ライター 猪瀬聖)[NIKKEI STYLE 2018年2月26日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>