日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

西川徹・プリファードネットワークス社長が語る(下)「予算ない筑駒」での経験、AI起業の糧に 西川徹氏

西川徹・プリファードネットワークス社長が語る(下) 「予算ない筑駒」での経験、AI起業の糧に 西川徹氏

 トヨタ自動車やNTT、日立製作所など名だたる企業と次々と提携し注目を浴びる、人工知能(AI)開発ベンチャーのプリファードネットワークス(東京・千代田)。社長の西川徹氏(35)は、筑波大学付属駒場中学・高校(筑駒、東京・世田谷)時代、パソコンにのめり込んだ。しかし、単なるオタクではなかった。

 筑駒では「パーソナルコンピューター研究部」、通称「パ研」に籍を置いた。

 パ研のメンバーは1学年5~6人で、中学高校全部あわせても20~30人ぐらいの所帯でした。みんな私のようなコンピューター大好き人間。

 同期にはアルゴリズムを考える能力では私など足元にも及ばない天才もいました。彼とは小学生の時、塾が一緒でしたが、成績は私よりずっとよかった。今は外資系IT企業で活躍しています。パ研の3つ下には、瀬尾拡史君というユニークな後輩もいました。彼は東大医学部に進み医師免許も取りましたが、現在はベンチャー経営者としてもメディアに取り上げられるほど有名になっています。

西川徹・プリファードネットワークス社長

 パ研は、一人ひとりが勝手にプログラムを組んでゲームを作り、それを毎年の文化祭で発表するという活動をしていました。しかし、私が中学の部長になってからは、毎年テーマを決めてみんなで企画を立て、見る人にわかりやすい、統一感のある展示内容に変えました。

 筑駒の文化祭は、外部からも大勢の人が見に来る一大イベントです。展示作品の人気投票もあり、優勝すれば部の知名度はアップし、予算も増えます。それまでのパ研は、人気投票の順位も常に下のほうで、周りからはゲームばかり作っている変な部という目で見られていました。そんな評判を何とか変えたいと思っていました。

 もともと、人をまとめて何かをするのが好きな性分でした。当時はウィンドウズがものすごい勢いで普及していた時期で、自分も将来、世界にインパクトを与えるソフトウエアを作りたいと夢見ていました。

 ただ、そういうプログラムは自分一人では書けないだろうから、優秀な人たちを集めてチームをつくりたいとも考えていました。実際、高校時代にはパ研の仲間とチームを組んで、プログラミングの全国大会に出場したこともあります。高校のときも部長を務め、文化祭用の機材をそろえるために先生と交渉するような仕事も率先してやりました。

「公式を覚えなくてはならない受験のための数学は大嫌いだった」と振り返る

 現在、私がプリファードネットワークスでやろうとしていることは、優秀な頭脳を集めてチームをつくり、外部から資金協力を得て、世界的なソフトウエアを作ることです。考えてみれば、それはまさに、私が筑駒時代に描いていた夢でした。

 ちなみにパ研は、私が部を引退した翌年、文化祭の人気投票で見事1位になりました。後輩たちががんばったのです。これはとてもうれしかった。

 2017年末、テレビのバラエティー番組で、西川氏の受験勉強法が「赤点だらけの成績から受験勉強3カ月で東大に現役合格」とセンセーショナルに取り上げられ、話題になった。

 筑駒に入ったときと同様、東大に進もうと思ったのも、動機はコンピューターでした。筑駒時代、東大の情報科学科の先生がインターネット上で公開していた講義資料をよく読んでいました。こんな面白いことを学べるんだったら、自分もぜひその先生のところで勉強したい。そう思ったのです。

 それにはまず東大に合格しなければなりません。ところが、受験勉強を始める前の東大模試の成績は、理科1類の志望者が5000人いる中で、4500番くらい。合格するにはこれから3000人以上抜かないといけない。これは困ったなという状況でした。

 私は、別に勉強が嫌いではありませんし、それまでも結構勉強はしていました。それなのに模試の成績が悪かったのは、科目の好き嫌いがはっきりしていて、嫌いな科目、暗記科目は徹底的にサボっていたからです。数学でさえも、公式を覚えなくてはならない受験のための数学は大嫌いでした。理論さえ理解すれば、そんなものは、コンピューターにやらせればあっという間に解けるのに、その作業をなぜ人間がやらなければならないのか、理解できませんでした。

 私だけでなく、筑駒にはそういう生徒が結構多いように思います。6年間、好きなことを思う存分やって、大学受験の勉強は最後の最後に集中してやる。それでもみんな何とかなるだろうと楽観的でした。

 私が入試直前の3カ月間でやったのは、徹底した取捨選択です。例えば、化学は理論化学、無機化学、有機化学とありますが、理論化学は暗記しなくても解けるので全問正解を目指す。無機化学は完全に暗記なので最初から捨てる。有機化学はパズルなので、問題集を1冊やってパズルを解く練習をする。問題集は1日12時間、3日で終わらせる計画を立て、その通り3日間で勉強を済ませました。数学や国語など他の科目も同じように勉強したら、何とか合格できました。

 東大大学院在学中に東大や京都大学の仲間とITベンチャーを創業。それを発展させる形で、2014年、プリファードネットワークスを立ち上げた。

 プリファードネットワークスでは、AIやディープラーニング(深層学習)の手法を使った新しい技術、サービスの開発に取り組んでいます。ディープラーニングの研究・開発は、たくさんのコンピューターを効率的に動かすことがカギとなります。そのためには、コンピューターのあらゆる仕組みに精通していないといけません。また、コンピューターにとって最適の環境を作ってやることも重要です。

 ここにも、筑駒時代の経験が生きています。

 国立の筑駒は、私立に比べて予算が少ないのか校舎も古く、パ研のパソコンもほとんどが筑波大学からのお下がりでした。最近は最新のパソコンが入っているようですが、私の時代は開成や他の私立校が32ビット、CD-ROM付きの真新しいパソコンを使っていたのに対し、筑駒は16ビットで記憶媒体は5インチのフロッピーディスク。しかも、10台に3台ぐらいは、ガタがきてよく動かないという代物でした。

 でもこれが、結果的によかった。限られたコンピューティング資源の中でどうすれば効率的にプログラムが書けるのか、どこをどう工夫すれば遅いコンピューターでもちゃんとゲームを動かせるのかといったことを、プロセッサーやハードウエアの資料を取り寄せるなどして、とことん研究しました。そうする中で、コンピューターのいろいろな所に興味が湧いてきて、それが大学での研究やその後のビジネスにもつながりました。

 もし、当時の筑駒が最新のコンピューターを入れていたら、そこまで熱心に研究する気にはならなかったと思います。先輩たちも古いコンピューターを効率的に使うためにいろいろなソフトウエアを書いていたので、それも参考にしながら、日々コンピューターと格闘していました。そのことが筑駒時代の一番の思い出ですね。

 筑駒は、好きなことを好きなだけやっていいよという校風なので、勉強のことはあまり考えずに好きなコンピューターに没頭できたのだと思います。もっと受験勉強をさせられるような学校だったら、コンピューターのことをこんなに好きになっていなかったと思います。
(ライター 猪瀬聖)[NIKKEI STYLE 2018年3月12日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>