日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

「あわてて決めなくていい」 リクルートの採用大改革
リクルートHD人材開発室・新卒採用部の飯田竜一氏

「あわてて決めなくていい」 リクルートの採用大改革リクルートHD人材開発室・新卒採用部の飯田竜一氏

 リクルートホールディングス(HD)は2019年4月入社以降の新卒から、国内グループ9社の採用を統合する。これに伴い「30歳まで応募可能」「365日通年エントリー」をうたうなど採用の制度を大きく変えた。米インディードを買収するなど海外展開やデジタル戦略を加速するなか、未来を担う新卒にどんな人材を求めているのか。人材開発室・新卒採用部の飯田竜一グループマネージャーに聞いた。

国内9社の選考、一括で実施

 ――2019年卒の新卒からリクルートキャリアなど国内9社の採用を統合するそうですね。なぜですか。

リクルートHD人材開発室・新卒採用部の飯田竜一グループマネージャー

 「理由は2つあります。今回の『365日通年エントリー』は、もともとリクルートライフスタイルで、『30歳まで応募可能』はリクルートHDで実施していた制度です。このやり方が学生にもっとも支持されたので、9社にまで広げようと決めたのです。これが1つ目の理由です」

 「2つ目は、グループ企業を併願する人が非常に多かったからです。志望者には何度も会社に来てもらい、何度もテストを受けてもらうことになります。この負担を軽減したいと思い、窓口を1つにしました。入社後にグループ間で異動する制度もありますし、実際に動く人は多いです」

 ――「365日通年応募」はどんな仕組みですか。

 「2019年3月以前に卒業見込みの人、あるいは卒業済みの人は、3月1日以降いつでも応募できるようにしました。30歳までなら、新卒として応募できます」

 「この数年、『内々定を出したら早く決めてくれ』という企業の論理に押されて、就活を終える学生が目立ちました。これが学生にとっていいことなのかどうか。就職活動はいつ始めてもいいし、いつ終えてもいいものだと思うんです。自分たちのペースで、納得して就職先を決めていく、という形になればいい。採用担当として、学生が無理して決めているような窮屈さを感じていたんです」

 「特に8月が選考開始だった時期には、課題を感じていました。8月は体育会の試合があったり、大学院生なら論文で多忙だったりする時期です。就活がままならない学生も多いんです。時期を変えても、都合が悪い人は必ずいます。そこでリクルートライフスタイルの方式を取り入れ、6月以降も採用する仕組みにしたのです」

 ――一度不合格になった人も再挑戦できますか。

 「前回のエントリーから1年たっていれば、再度受けても問題ありません」

志望動機は聞かない

 ――募集職種や採用人数は。

リクルートホールディングスは2019年4月入社以降の新卒から、国内の主要グループ9社で採用活動を統合する(東京・千代田)

 「ビジネスコースとスペシャリストコースがありますが、採用人数は特に決めていません。スペシャリストコースは、データサイエンティストやエンジニア職を志望する学生で、初期の配属が決まっています。近年、大学などでIT(情報技術)を学び、専門職として働きたいというエンジニア志望者が多いからです」

 「12年に買収した米求人情報サイトのインディードに配属される人もいて、特にグローバルエンジニアと名付けています。インディードと当社は制度も違うので、報酬は高くなります」

 ――実際の選考はどんな流れですか。

 「一番早いケースで、3月1日から就職情報サイトのリクナビでエントリーできます。SPI(適性検査)とエントリーシートの締め切りが4月20日で、6月1日以降に選考が始まります。面接は個人面接が複数回あります。人によって回数は違います」

 ――面接ではどんな質問をするのですか。

 「社員1人に対して学生1人のスタイルで、30分から1時間ほどかけるのが基本です。質問は特に決まっていません。人となりを理解するため、その人の過去、現在、未来を含めて聞かせてもらいます。志望動機は聞かないですね」

 「もし志望動機や、当社をどれだけ知っているか確かめるような質問をすれば、学生は準備をして面接に臨むかもしれません。しかし、当社では知識で『武装』しても意味のないことしか聞かないんです。学生時代にやったことなどですね」

インターン、学年不問で2カ月以上

 ――インターンシップには、どういったものがありますか。

「面接では、人となりを理解する質問をする」と話す飯田氏

 「リクルートライフスタイルで実施していた『DESHIP(デシップ)』という長期インターンシップをホールディングスでも続けています。『弟子×インターンシップ』の意味で、実際の社員について働いてもらいます」

 「期間は2カ月以上です。社員が抱えるテーマについて長期的な戦略を考えてもらったり、じゃらんの新しいサービスを売ってもらったりします。後者の場合は、営業目標もきちんと決めます。対価は、時給1000円と交通費です。学年不問で、これまで1年生から大学院2年生まで、延べ100人ほどが参加しました。今年も、募集人数は決めずに実施する予定です」

 ――リクルートには、ハードワークの人や起業する人が多いという印象があります。どんな人材を求めているのですか。

 「就活生から『今、こんな事業をしているんですけど、どう思いますか』といった質問を受けることは多いです。当社は、何か問題意識や課題があるとき、自分から発信していくことがよしとされるし、それを求められる文化があります。極めてボトムアップな社風なんです」

 「しかし社員でも、そういう空気を『嫌だ』という人もいます。人それぞれなので、求める人物像のようなことは決めていません。しかし、入社したら『なぜこの仕事をやろうと思ったの』と問われる場面は必ずあると思います」
(松本千恵)[NIKKEI STYLE 2018年3月28日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>