日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

ジョブヨク(63)自信〜自分を信じるとは何か〜@相模女子大学

ジョブヨク(63) 自信〜自分を信じるとは何か〜@相模女子大学
authored by ジョブヨク

 2017年12月3日銀杏並木が彩る相模女子大学 茜館で「ジョブヨク@相模女子大学」が開催された。学生と大人がフラットな立場で「働くこと」「生きること」について話し合うジョブヨク。今回のテーマは「自信〜自分を信じるとは何か〜」だ。

 自信を持って一つのものを貫くことは、大人も学生も難しい。そんな自信について改めて考え、自分の自信が何なのか、それを伸ばすためには何をしていくべきか見つめ直してもらった。

アイスブレイク『NGワード』

 2時過ぎ学生8名、大人9名が4班に別れ向かい合っていた。陽気に流れるクラシックとは裏腹に少し硬い空気でアイスブレイクのNGワードゲームが始まった。

 「本当?」、「すごい!」、「へぇー」、「なるほど」など、会話をしていると思わず出てきてしまいそうなワードを紙に1枚ずつ書いてもらう。参加者は、それぞれワードを額の高さに持ち上げ、自分だけが分からないようにし相手には見せ、自己紹介を通しながら会話の中で相手が持っているワードを言わせたら勝ち、自分が持っているワードを言ってしまったら負けというゲームだ。相手のNGワードの紙を奪い合い一番NGワードを言わせた人を競いあった。

自己紹介を通しながらNGワードをうまく引き出すのは、大人メンターも苦戦しつつ歩き回りながら学生、大人関係なく話し合ってもらった。場の雰囲気は一気に盛り上がり、先ほどまでの硬い雰囲気が笑顔で溢れた。榎本さんと野本さんが、4人にNGワードを使わせ同列一位を記録。2人の行動力と戦略に拍手が送られアイスブレイクは幕を閉じた。

あなたの自信のあることはなんですか?

 場も和んだところで最初のお題がファシリテーターより投下された。第一セッションで「自信のあること」を話し合ういきなりの難題に、皆頭を悩ましつつポストイットに言葉を連ねていく。

 学生はピアノやお菓子作り、語学など趣味や勉学を生かした自信が多いと感じられた。それに比べ大人は、持久力・忍耐力、リスクを恐れない事、人の話を聞く事など、どちらかと言うと仕事に関係する事や仕事で伸びた自信と感じるものが多くあがった。

自信は何からくるものか?

 様々な自信について第1セッションで話し合ってもらったが、第2セッションではそもそも「自信とは何からくるものか」を話し合ってもらった。

 良い準備に良い結果ありというだけあり、準備から自信になるのではという案が出た。また、褒められると自信がつくと、学生がお菓子作りを例にし、家族に食べてもらい褒められ自信がついたと自らの経験を述べた。面白い考えは、周りの色や部屋の明るさ、天気などの外的要因と、モチベーションなどの内的要因が挙げられた。

 筆者の班では、一通り自信がどこから湧くのか考えた後、自信を持って行動すると何になるのかという疑問があがった。自信は必ずしも誰もが持っていなければならないわけではないが、自信がある人や出来る人が周りにいると、自分もやってみよう、自分も出来るんじゃないかという挑戦に繋がる。セッションの中で新たに生まれた疑問も、班の中で話し合い答えを導いていけるのがジョブヨクの良いところだ。そうやって皆で納得して話していける空間を作っていく。

〇〇に自信を持つために

 第3セッションは班ごとにお題が違い、各班のテーマに沿って模造紙に考えをまとめてもらい最後に発表してもらう形式をとった。

【人生】に自信を持つために
良きパートナーや人生を豊かにする本や知識、そして何事も健康第一という案が出た。人生を楽しみ行動するには健康な体が大切だ。また、精神の健康としてもポジティブに捉える事も自信に繋がると答えた。

【仕事】に自信を持つために
仕事に対する知識そしてアウトプットとして確かな実績、そしてそれを可能とさせる入念な準備が自信に繋がると答えた。この班での面白いところは、大人は戦略や仕事で失敗して成長し自信に繋がると答え、学生失敗は良くないという意識が強く、いかに失敗をしないかで自信をつけるかという考えで、大人と学生での考えの違いが生まれた。

【大人】といるための自信
自立と行動の責任、家族を養う経済力などが大人と言える自信と答えが出た。また、説得力や知恵などの意見も上がり盛り上がった。

【自分】に自信を持つために
まず自己分析し自分を認め目標を立てる。目標を実行するための知識や人に聞く行動に移す。挑戦の後はひたすら努力する。時として振り返り自分を見つめ直すのが、自分に自信を持つ秘訣であると発表。

 最後全体で自信についての共有をした。円を作り座る学生には、最初の緊張や不安は消え堂々とした表情でマイクを握り、話す姿がうかがえた。何かしら自分の中で自信を掴みそれに向かう目標を得たように微かにうかがえた。
「自信について考えるのは難しいから、自信がなくなった時がどんな状態かを想像しながら考えた」(野本さん)
「自信がなかったから今回のジョブヨクでやり方を知り考えさせられた」(ごとうさん)。

 自分を信じる事が堂々とした人間を作る。努力や成功も自信を伸ばすが、自信について改めて考え、自分の自信が何なのか人に伝える事で周りの人に認めてもらう。それこそが自信を伸ばすためには必要な事なのかもしれない。そんな自信について、それぞれで自分を見つめ直すきっかけとなったジョブヨクだった。