日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

就活教室 インターンシップ(5)参加者限定イベントの誘いが来たら

就活教室 インターンシップ(5) 参加者限定イベントの誘いが来たら
authored by 渡辺茂晃日経HRコンテンツ事業部長・桜美林大学大学院非常勤講師

 インターンシップに参加したことに満足して終わってはダメ。参加経験を就活にどう活かすのかが重要です。また、インターンシップ参加後、企業からアプローチがあることも予想されます。どのように対応するのがいいのでしょうか。今回はインターンシップ参加の経験を就職活動にどう生かすかということについて説明します。

わからなかったこと、できなかったこと

 インターシップに参加することによって、業界や企業、仕事、社内の雰囲気を理解したり、自分の能力を客観的に把握したり、他大学の友人ができたりと、多くのものを得ることができます。ただ、得られなかったものもあるはずです。インターン終了後には何がわかって、何がわからないのか、何ができて、何ができなかったのかをまとめてください。

 特に「わからなかったこと」「できなかったこと」が大切になります。この2つをインターンシップの選考と参加中に分けて書き出し、今後の就職活動に向け、「わからない・できない」ことがないように対策を立てることです。具体的には以下のようなシートを作ってみるといいでしょう。

この記事は会員限定コンテンツです。続きを読むには「College Cafe by NIKKEI」に会員登録(無料)してください。

最初に日経IDを取得し、その後「College Cafe by NIKKEI」に利用登録(無料)します。