日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

ジョブヨク(67)あなたにとって「出会い」とは?@明星大学

ジョブヨク(67) あなたにとって「出会い」とは?@明星大学
authored by ジョブヨク

 2月17日(土)に明星大学で4回目のジョブヨクが開催された。都心部から遠い場所に位置する多摩キャンパスではあるが、今回も前回と同様にたくさんの方にご来場いただき、大盛況という形で幕を閉じることができた。感謝の意を表したい。これは大変喜ばしいことであると同時に、我々「明星大学ジョブヨクチーム EADS」にとってもまた一歩、成長することができたと感じた。

世界をちょっぴり明るくする

 さて、今回の明星ジョブヨクvol.4のテーマは・・・。それは「出会いとその影響~世界をちょっぴり明るくする」である。出会いと聞いて皆さんは何を想像するだろうか?私は新しい人との出会いというものを想像する。ジョブヨクという活動を初めて知る、というのも一つの「出会い」ということにもなるのではないかと思う。この出会いというものが我々にどのような影響を与えているのか、また与えさせているのかを今回考えた。いつもであったらアイスブレイクは最初に行うものであるが、今回はセッションの中でやるという新しいやり方にも挑戦した。

セッション1 初めてジョブヨクに参加しようと思ったきっかけは何ですか?

 セッション1ではジョブヨクを知った経緯についてグループで共有した。私は2016年、とある授業の中でこのジョブヨクという活動を知った。工藤さんに直接来ていただいて、ジョブヨクってどういうものなのかなど活動内容について説明していただき、「面白そうだなあ」と思って桜美林大学のジョブヨクに参加したのがきっかけであった。他の参加者からもたくさんの意見があった。知人の紹介、地元の大学、または母校でやっていたので参加した。あるいは大学のキャリアセンターの方の紹介など、ジョブヨクとの出会い方にも様々な方法があるということが改めて実感することができた。とても楽しくお話を聞くことができた。そしてアイスブレイクも行った。

セッション2 今までの人生で印象に残っている出会いは何ですか?

 席替えを行ったあと、セッション2では自分の人生の中で印象に残っている出会い、出来事は何かについて、ポストイットを用いて話し合った。付箋の数に限りはないので思いついたことをすぐに書いて形にできるのがポストイットの大きなメリットである。私は就職活動、新たな趣味の発見、ジョブヨクとの出会いなどといったものを挙げた。他の意見では、お酒との出会いなどユニークな意見が飛び出した。盛り上がりを見せたセッションでもあった。

セッション3 4コマ漫画の結末を描こう!

 ここでも席替えを行い、新たな班でスタートしたこのセッションでは、それぞれ班ごとに4コマ漫画の結末を考えてもらった。シチュエーションは3つあり、①上司に怒られた、②受験に失敗した、③失恋したという3つで、班で1つのシチュエーションの結末を考えた。

 考えた内容を全体の前で発表するというものなのだが、面白い結末が多くかなり盛り上がった。印象に残ったのは、受験生であるCさんが主人公であるストーリーだ。Cさんのクラスメイトであるもう一人の受験生にスポットを当て、そのもう一人の受験生も合格するという内容がかなり反響を呼んだ。とても面白くて皆が笑顔になって取り組んでいたのが印象的だった。

セッション4 あなたにとって出会いとは?

 最後のセッションでは、あなたにとって出会いとは何かということについてグループで考え、全体で発表し合った。中でも印象に残った発表があった。出会いとは「別れのはじまり」とおっしゃっていた方がいた。出会ったからには必ず別れが来るという言葉に私は、「確かにそうだよな」と思った。と同時に、この言葉が深く刺さったのを今でもよく覚えている。出会いについてこんなに深く考える機会は中々ないと思うのでとても貴重な時間になったのは言うまでもない。そしてこれからもっとたくさんの出会いがあると思うが、そこで出会う人というのは奇跡に近い。奇跡に近い出会いができたことに感謝をして、この出会いをずっと大切にしていかないといけないと改めて感じたと同時に、こういう大人になりたいと私は思ったジョブヨクでもあった。