日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

日本経済新聞「未来面」
学生から日東電工社長へ提案
「家のほこり吸収 お掃除フィルム」

日本経済新聞「未来面」学生から日東電工社長へ提案「家のほこり吸収 お掃除フィルム」

 日本経済新聞の未来面は、読者や企業トップの皆さんと課題を議論し、ともに作っていく紙面です。今回は日東電工社長・高崎秀雄さんからの「より良い生活へ テープやフィルムをどう進化させる?」という課題について学生の皆さんから多数の投稿をいただきました。

【課題編】より良い生活へ テープやフィルムをどう進化させる?

 高崎秀雄・日東電工社長

高崎秀雄 日東電工社長

 床に落ちたゴミなどを取る「コロコロ」という掃除用品をご存じですか。我々の子会社、ニトムズの商品です。社員が粘着テープでゴミを取っていたのにヒントを得て開発したもので、ロングセラー商品に成長しました。こうした様々な技術やアイデアを取り入れて商品化するのが当社の得意とするところです。

 日東電工は一般にはなじみが薄いかもしれませんが、今年で100周年を迎えます。昔は日東電気工業といい、電気の配線などに使われる絶縁材料からスタートしました。その後、テレビやスマートフォンの画面に使われるフィルムや光通信、自動車、住宅素材など幅広い分野に製品を拡大。今では1万3500種類もの部品や材料を提供しています。核酸医薬品なども新たな成長分野ととらえています。

 そのコアとなるのが、粘着剤やテープ、フィルムなどの製造に関わる技術で、それを市場の変化やお客様の要望に合わせて発展させてきました。社内では「三新活動」と言いますが、ひとつの製品を1つの技術で終わらせず、新しい用途、新しい製品、新しい需要という3つを追求するマーケティング戦略です。50年近く続く当社の遺伝子といえます。

 例えば、電気自動車や自動運転車の登場は我々にとっては大きなビジネスチャンスです。ディスプレー装置や通信用レーダーの基板などはもちろん、エンジンからモーターに替われば、創業当時から続く絶縁技術も生かされるようになります。また、通信分野ではプラスチック製の光ケーブルを開発していますが、4K・8Kの高精細放送や遠隔医療などが広がれば、大量のデータを送る回線が必要となります。プラスチックはガラスに比べ軽く、耐久性や柔軟性にも優れています。

 こうした新しい製品は自然に生まれたわけではありません。ニッチな分野でトップシェアをとる「ニッチトップ戦略」という差異化戦略により、いち早くお客様の要望を聞き、一緒になって技術を開発してきたからです。研究開発にも力を注ぎ、新しい技術ができたら、どんな社会課題を解決する製品にできるかを検討してきたからこそ、100年間成長を続けてこられたといえます。

 2020年には売上高1兆円達成を目指していますが、次の100年に備えるためには、従来とは異なる新しい発想で技術を進化させる必要があります。すでに海外売上高が7割を超えていますが、今後は日本で開発した製品を海外に販売するだけでなく、世界各地でニーズを発掘して現地で商品化し、それをほかの国に展開していくことも必要でしょう。

 そこで皆さんにお聞きしたいのですが、我々の生活や仕事をよりよい方向に変えていくには、テープやフィルムなどの技術をどう進化させればいいと思いますか。たくさんのご意見をお待ちしております。

(日本経済新聞2018年7月2日付)

◇    ◇

【アイデア編】

| 家のほこり吸収 お掃除フィルム

 長井 美香(法政大学経営学部市場経営学科、20歳)

3日前に掃除したのにまたほこりがたまっている、という体験があるだろう。私が提案したいのは、ほこりを集めてなおかつ吸収してくれるフィルムだ。テレビ台やタンスの上側などほこりをかぶせたくない場所にラップのように貼り付け、吸収力がなくなったら捨てて、新しく貼る。様々な大きさを用意すれば、適当なサイズに切り、写真立てやティッシュケースに貼ることもできる。

 透明なもの以外に、色付きや柄付きも用意すれば装飾目的の利用もできる。部屋のリノベーション、DIYが流行っているこの時代には打ってつけではないだろうか。私はハウスダストアレルギー持ちで掃除をし終わったときには、皮膚が真っ赤になっているときがある。きれいにしたいのに、できないという葛藤といつも一緒に生きてきた。もし、ほこりを吸収するフィルムが完成したら、未来の日々はもっと過ごしやすくなるだろう。

| 電波発信機能で災害時にも活躍

 石川 玲生(海陽学園海陽中等教育学校中学2年、13歳)

 家族や友人とすぐに連絡が取れるスマートフォン(スマホ)は今や必需品だ。ただ、地震や水害などの大規模災害時に電池が切れたり、落として破損したりすると家族らと連絡が取れなくなってしまう。そこで、スマホに貼るフィルム自体に電波を発信する機器としての機能を持たせ、持ち主の居場所などを知らせるようにするのはどうだろうか。そのフィルムが太陽電池になっていて微弱な電気をつくり出せれば、なお便利になるだろう。そもそもスマホに貼るフィルムはスマホを誤って落としたり、ぶつけたりしたときに保護する役割があるほか、手の脂などの汚れを付きにくくするために使われる。こういった役割も大事だが、ほかにも人を助けるための機能を持たせることは十分に可能だと考える

| 自分の細胞培養 傷口補修テープ

 山下 宗一郎(会社員、37歳)

 自分の細胞を培養したオーダーメードのばんそうこうを作ってみてはどうか。このばんそうこうを傷口に貼ると、ばんそうこうが徐々に体になじんでいき、傷が治るとともに体に吸収される。自分の細胞で作るため、体が拒否反応を起こすことなく、はがれる心配や貼り替える煩わしさもなくなるのが特徴だ。さらに自らの臓器と同じ細胞でテープを作っておけば、病気になったとき、手術にも使えるようになるだろう。切った臓器や腹部などに貼るだけで傷口を簡単に塞ぐことができる。縫合するよりも手術痕が目立たなくなるのではないだろうか。この自分を補修するテープを活用して、針や糸を使わない手術を行える便利で患者に負担をかけない時代がくるかもしれない。

◇    ◇

【講評】 高崎秀雄・日東電工社長

 皆さんからバラエティーに富んだアイデアを多数いただき、ありがとうございました。創業以来、我々はイノベーションを繰り返し実現してきましたが、幅広い世代の方にテープやフィルムの新しい活用法を考えていただき、大変刺激を受けました。

 「自分を補修するテープ」は、文字通り医療の現場を変える材料になるかもしれませんね。特に臓器向けでは、自らの細胞を培養できれば組織適合性というハードルを乗り越えることができ、より確実な治療が可能となりそうです。また病気や事故に備えて、細胞を培養して長期保管しておく「細胞バンク」のような概念も出てくるでしょう。当社もライフサイエンス分野に進出しており、このような先端医療にどんどん挑戦していきたいと思っています。

 「お掃除フィルム」は、ホコリを除去するのではなく、そもそもホコリを発生させないためにはどうしたらいいか、という着眼点が素晴らしいです。ハウスダストに悩まされているそうですが、本当に困っているからこそ生まれたアイデアだと思います。カラーや柄付のデザインにより、自由自在に住空間を創れるようにするという点も大変興味深いといえます。

 「災害時でも機能が働くフィルム」は逆転の発想に関心を持ちました。電波を吸収したり遮蔽したりする機能は広く知られていますが、逆にフィルムから電波を発信させて一刻を争う災害救助に役立てるという視点には新たな展開が望めそうです。

 今回投稿いただいたアイデアに共通するのは、世の中をもっと安全に快適にしたいという思いです。全く新しい商品を開発するだけでなく、テープやフィルムなど昔からある技術を進化させることで、皆さんの生活をよりよいものへ導く余地がまだまだあることを実感しました。これからも皆さんの健やかで快適な生活を担えるような企業であり続けたいと思っています。

(日本経済新聞2018年7月30日付)

【「未来面」からの課題】
過去のテーマ・課題は以下よりご覧いただけます。
Mirai アーカイブズ

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>