日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

就活教室 女子学生へ(3)「ESに書けるような立派な経験がない!」
~大丈夫、小さな経験でも「意味」が大事です~

就活教室 女子学生へ(3) 「ESに書けるような立派な経験がない!」~大丈夫、小さな経験でも「意味」が大事です~
authored by 菊入みゆき明星大学特任教授、JTBコミュニケーションデザイン
ワーク・モチベーション研究所長

 「私にはES(エントリーシート)に書けるような立派な経験がないです」と相談に来る学生は多いです。しかし、実は大事なのは、経験そのものではなく、あなたが経験から何を学んだのかをアピールすること。その上で、仕事にどう生かしていけるか、なのです。今回は、採用担当者に自分を上手く伝えるためのESの書き方を解説しましょう。

その経験はどんな意味があるのか

 「私は、部活とか委員会とかに入ってないし、留学もしてないし、バイトリーダーとかやってないし、ESに書くことがないんです」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 しかし、ESは本来、自分とはどういう人間であるかを企業の担当者に上手く伝えることが目的です。実は、企業の担当者が知りたいのは、部活やアルバイトなどの経験そのものではありません。あなたがその経験の中でどう行動し、何を学んだのか、ということです。そして、そういうあなたが会社に入って、何をしてくれるのかを知りたいのです。