日本経済新聞 関連サイト

OK
liberal arts-大学生の常識

人事が採用したい大学 3位早大、2位慶大、1位は東北大

人事が採用したい大学 3位早大、2位慶大、1位は東北大

 人事担当者が採用したい大学は3位早大、2位慶大、1位は東北大――。リクルートマーケティングパートナーズの大学ブランド力調査で明らかになった。東北大は「教育力」「研究力」のブランドが高く、慶大、早大は「キャリア」が評価された。人を見るプロである企業の人事の評価に対しても、大学のブランド力は重要なようだ。

 調査はリクルートマーケティングパートナーズが2月、ビジネスパーソンを対象に全国の大学に関するブランドイメージを聞いた。イメージは「幅広い教養が身に付く」「社会で活躍するリーダーを多く輩出している」といった21の詳細項目を「教育力」「研究力」「キャリア」など7分野に分類した。同調査では、合わせて「卒業生を採用したい」大学名も聞いており、その回答とイメージ項目の回答を「採用担当者」「経営者・役員・管理職」別にまとめた。

「研究に力を入れている」東北大

 首位の東北大学は「有名な教授が多い」「研究に力を入れている」というイメージが高く、「教育力」「研究力」の分野で評価が高かった。世界最高水準の教育や研究を目指す「指定国立大学法人」に文部科学省から指定されており、このような公的評価が採用面からも注目されていることがうかがえた。

 2位の慶応大学に対するイメージは「社会で活躍するリーダーを多く輩出している」「幅広い教養が身に付く」などが高い。そうしたイメージが「キャリア」「教育力」の分野での評価を押し上げた。

早大は国際性に評価

 3位の早稲田大学の評価は「キャリア」のほか、「国際性」で高かった。具体的には「海外で通用する力がつく」というイメージが高い。早大が5000人を超える留学生を受け入れる、日本で最も外国人留学生が多い大学(2017年5月1日時点、日本学生支援機構調べ)であることを反映しているようだ。

 上位3校に共通しているのは、大学の取り組みがブランド化されており、そのイメージが企業にも明確に伝わっているということだ。人を見るプロである人事担当者に限らず、全体のランキングをみても、上位の顔ぶれはほぼ同じだ。

 卒業生を採用したいランキングの全体をみると首位が早大、2位北海道大学、3位神戸大学・電気通信大学となった。北大は「教育力」「キャリア」への評価が高く、電通大は「研究力」が評価されている。

 経営者・役員・管理職が選んだランキングでは、昭和女子大学が4位に入った。社会人が学生にキャリア形成について助言する「社会人メンター制度」を導入するなどキャリア教育に力をいれている姿勢が評価されたようだ。

◇    ◇

〈調査概要〉リクルートマーケティングパートナーズが2月16 日(金)~ 27日(火)、20~59歳のビジネスパーソンを対象に全国の大学に関するブランドイメージ調査を実施(有効回答5009件)。イメージは「幅広い教養が身に付く」「社会で活躍するリーダーを多く輩出している」「積極的に広報活動を行っている」といった21の詳細項目を「教育力」「研究力」「国際性」「キャリア」「地域貢献・スポーツ・文化」「経営力」「施設・設備」の7つに分類した。同調査は9月21日発売のムック「スタディサプリ 大学の約束2018-2019」で発表する。

関連ランキング
【PR】大人たちがみる大学ブランド 教育力が高い大学ランキング
【PR】大人たちがみる大学ブランド 地域貢献・スポーツ・文化に力を入れる大学ランキング
【PR】大人たちがみる大学ブランド 経営力が高い大学ランキング
【PR】大人たちがみる大学ブランド 国際性が高い大学ランキング
【PR】大人たちがみる大学ブランド 研究力が高い大学ランキング
【PR】大人たちがみる大学ブランド キャリア――育成力が高い大学ランキング

スタディサプリ 大学の約束 2018ー2019

全国国公立・私立50校の今と未来を徹底取材。
グローバルや研究や独自の教育の魅力について紹介します。
総力特集は「大人たちが見る大学ブランドランキング2018」
出版 : リクルート
価格 : 紙 500円 / デジタル 120円 (税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon.co.jpFujisan.co.jpMAGASTORE