日本経済新聞 関連サイト

OK
information-お知らせ

【PR】大人たちが見る大学ブランドランキング2018国際性が高いランキング

【PR】大人たちが見る大学ブランドランキング2018 国際性が高いランキング
Text:伊藤敬太郎 Photo:平山 諭、勝尾 仁

 大人たちは全国各地の大学にどのようなブランドイメージを抱いているのだろうか? 『大学の約束』では、全国の20~59歳の社会人に対して、一斉調査を実施。「国際性」「研究力」「キャリア」「教育力」「地域貢献・スポーツ・文化」「経営力」「施設・設備」などの項目に関して、ランキングをまとめた。その結果から見えてくるものとは?

 グローバル教育に向けた大学の改革が急ピッチで進むなか、「国際性」ランキングで総合1位となったのは上智大学。トップ10のうち、同大学を含む7大学がスーパーグローバル大学(SGU)という結果となった。ただし、SGUのタイプA(トップ型:世界ランキングトップ100を目指す力のある大学)が必ずしも上位に来ているわけではない。SGUの一般的な認知度はまだまだこれからという面もあるのだろうか? 総合2位は東京外国語大学。質問項目別のランキングでも、上智大学、東京外国語大学のSGU2大学が1、2位を分け合うかたちとなった。

 なお、総合ランキングでは上位3大学とも東京の大学だが、関西在住の回答者に絞ったランキングは、1位、2位、4位は関西圏の大学という結果に。いずれも「地元のグローバル大学」としてのイメージが強いのかもしれない。

 大学を卒業してからの期間が短い20代に絞った「国際交流が活発」ランキングでは、慶應義塾大学が2位に浮上。



◇    ◇

大学で教える教員自身がグローバルリーダーとして生きているかが問われる
専門家に聞く。真の「グローバル」人材が育つ環境とは?

SGU採択も指標の1つ

 グローバルリーダーの育成を教育目標として掲げる大学は、ここ数年で急増している。では、本当の意味でのグローバルリーダー、グローバル人材が育つ教育環境とはどのようなものなのか?

 例えば、スーパーグローバル大学(SGU)であるかどうか、外国人教員・外国人留学生の数、外国語科目のコマ数、留学制度の充実度などは、グローバル教育に関して、大学を評価するわかりやすい観点ではある。

 しかし、世界的スケールで経営幹部を育成するビジネススクールIMDの北東アジア代表である高津尚志氏は、これらのこと以上に見きわめるべき要素があるという。

グローバルリーダーとは?

高津尚志(たかつ なおし)
スイスのビジネススクールIMDの北東アジア代表。日本興業銀行、ボストンコンサルティング、リクルートを経て現職。著書に『ふたたび世界で勝つために―グローバルリーダーの条件』

 「その大学が、自分たちが育てようとしているグローバルリーダーをどのように定義しているか、そして教員や職員がその理念を体現できているかということが非常に重要です」

 IMDでは、グローバルリーダーを『現在と未来の複雑で不確かな環境において、組織の変革の旅路を形作り、導くリーダー』と定義している。このグローバルリーダーには、いくつもの境界を乗り越えてさまざまなステークホルダーを結束させることが求められる。

 「境界とは国境だけを指しているのではなく、業界・職種の壁や組織の違いなども含みます。グローバル化、デジタル化が進み、『人生100年時代』を迎えている今、世界的にあらゆる常識が変わりつつある。この変化に対応し、グローバルな場で新しいものを生み出していくリーダーに必要なのは語学力だけではないのです」

 では、このようなリーダー像を体現できるのはどのような教員なのだろうか?

教員のあり方が場を作る

 「ビジネスの場であれ、教育・研究の場であれ、自分自身が現在進行形で日々境界を乗り越え、成長を続ける人材であることです。学生はそのような教員のまとう空気や態度、言葉によって『これがグローバルリーダーなのか!』と感化される。大学のような対面での教育の場で重要なのは、このように感化し、感化される関係があるかどうか。グローバルリーダーの育成には、特にそれが求められます。知識の習得だけなら、今の時代オンラインで十分ですから」

 教員の資質やマインドは、肩書きや経歴だけではわからない。そのため、実際に教員に会って見きわめることが大切だという。

〈調査概要〉リクルートマーケティングパートナーズが2018年2月16 日(金)~ 27日(火)、20~59歳のビジネスパーソンを対象に全国の大学に関するブランドイメージ調査を実施(有効回答5009件)。イメージは「幅広い教養が身に付く」「社会で活躍するリーダーを多く輩出している」「積極的に広報活動を行っている」といった21の詳細項目を「教育力」「研究力」「国際性」「キャリア」「地域貢献・スポーツ・文化」「経営力」「施設・設備」の7つに分類した。

お知らせ
  日本経済新聞社は11月29日、「大学の約束 トップメッセージフォーラム2018」(リクルートマーケティングパートナーズ共催)を開催します。上智大学、中央大学、東海大学、東京都市大学、 武蔵野美術大学、早稲田大学のトップが集まり、"世界基準"の人材を育成する教育について、企業ゲストスピーカーと議論を交わします。企業の育成・採用部門担当者をはじめ、経営・マネジメント層、教育に関心持っている保護者層など、多くの方に聞いていただきたい内容です。

<プログラム>
大学の約束 トップメッセージフォーラム2018
日時:2018年11月29日(木)13:00~17:25(予定)
受講料:無料
場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)

詳細・お申し込みはこちらから

スタディサプリ 大学の約束 2018ー2019

全国国公立・私立50校の今と未来を徹底取材。
グローバルや研究や独自の教育の魅力について紹介します。
総力特集は「大人たちが見る大学ブランドランキング2018」
出版 : リクルート
価格 : 紙 500円 / デジタル 120円 (税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon.co.jpFujisan.co.jpMAGASTORE