日本経済新聞 関連サイト

OK
information-お知らせ

【PR】大人たちが見る大学ブランドランキング2018キャリア――育成力が高い大学ランキング

【PR】大人たちが見る大学ブランドランキング2018 キャリア――育成力が高い大学ランキング
Text:伊藤敬太郎 Photo:平山 諭、勝尾 仁

 大人たちは全国各地の大学にどのようなブランドイメージを抱いているのだろうか? 『大学の約束』では、全国の20~59歳の社会人に対して、一斉調査を実施。「国際性」「研究力」「キャリア」「教育力」「地域貢献・スポーツ・文化」「経営力」「施設・設備」などの項目に関して、ランキングをまとめた。その結果から見えてくるものとは?

 各界で活躍する人材が多い印象が一般的にも強い早稲田大学が「キャリア」総合ランキングトップに。同大学は、項目別の「卒業後もOB/OGのつながりが深い」「卒業後に社会で活躍できる」ランキングで1位。

 総合2位の東京大学は、項目別の「社会で活躍するリーダーを多く輩出」ランキングで1位。また、法政大学は総合では8位だが、項目別の「就職や資格取得支援などのサポートが充実」ランキングでは1位となっている。

 「社会で活躍するリーダーを多く輩出」ランキングを関西在住の回答者と関東在住の回答者を抽出して比較すると、地域による違いが明確。関東は東京大学が1位、早稲田大学が2位で全国の結果と近いが、関西では京都大学が1位。大阪大学も3位で、両大学とも、地域のリーダー輩出大学としてのイメージは全国ランキングより強い。

 なお、京都大学は、経営者・役員に絞った「社会で活躍するリーダーを多く輩出」ランキングでも1位だった。




◇    ◇

社会に出てから重要になるのはベーシックコンピタンシーとキャリアコンピタンシー
専門家に聞く。「自らキャリアを切り拓く力」を養うことができる大学とは?

就職率が重視されやすい

 大学において「キャリア教育」が重視されるようになって久しい。では、今、学生の将来を見すえた本当の意味でのキャリア教育を実践している大学とは?

 一般的に、大学とキャリアに関して語る場合、就職率の数字や卒業生が就職した企業ラインナップが注目されやすい。そのため、大学の「キャリア教育」も就職対策に特化したものになる傾向がみられる。

 その点について、国内におけるキャリア研究の第一人者である高橋俊介氏はこう指摘する。

キャリア形成に必要な力とは

高橋俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授。ピープルファクターコンサルティング代表。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ワイアット社社長などを経て現職。

 「学生の就職率を上げるため、大学のキャリア教育が、自己分析をして、エントリーシートや面接の対策をして...といった、いわゆる"テクニック就活"対策に終始しているケースは多いですね。しかし、それだけでは、社会に出てから成長する力や変化の激しい時代を生き抜く力を身につけることはできません」

 では、本当に重要なのは何なのだろうか? 高橋氏は、社会に出たあとのキャリア形成に関して、大学時代に養っておきたい力として、次の2つを挙げる。

 「今、大学に求められるのは、どのような仕事でも共通して必要とされるベーシックコンピタンシーや主体的・継続的・自律的にキャリアを選択する力であるキャリアコンピタンシーを養うことです」

 高橋氏は、そのためには、特定のキャリア教育プログラムを設けるだけでなく、大学教育全般において、大学の外に出て、チームで協働して「アウトプット」を生み出すような授業を拡充することが重要だと指摘する。

アウトプットの経験が重要

 「教員が教えることを学生がインプットするのが一般的な大学教育。このインプット型の教育は、教員と学生の一対一の関係の下で行われます。要するに他の学生は関係ないのです。しかし、仕事で問われるのはアウトプットですし、仕事はほとんどの場合、チームによる協働で行われます。さまざまな授業を通して、そのような経験を幅広く重ねていける教育を提供することが大切になりますね」

 具体的には、企業や地域と連携したPBL(Project・Based Learning)など、チームでの協働やアウトプット中心の授業がどれだけ行われているか、協働やアウトプットを意識した教育を実践できる教員がどれだけいるかといった点をしっかりと見きわめることが必要になるという。

〈調査概要〉リクルートマーケティングパートナーズが2018年2月16 日(金)~ 27日(火)、20~59歳のビジネスパーソンを対象に全国の大学に関するブランドイメージ調査を実施(有効回答5009件)。イメージは「幅広い教養が身に付く」「社会で活躍するリーダーを多く輩出している」「積極的に広報活動を行っている」といった21の詳細項目を「教育力」「研究力」「国際性」「キャリア」「地域貢献・スポーツ・文化」「経営力」「施設・設備」の7つに分類した。

お知らせ
  日本経済新聞社は11月29日、「大学の約束 トップメッセージフォーラム2018」(リクルートマーケティングパートナーズ共催)を開催します。上智大学、中央大学、東海大学、東京都市大学、 武蔵野美術大学、早稲田大学のトップが集まり、"世界基準"の人材を育成する教育について、企業ゲストスピーカーと議論を交わします。企業の育成・採用部門担当者をはじめ、経営・マネジメント層、教育に関心持っている保護者層など、多くの方に聞いていただきたい内容です。

<プログラム>
大学の約束 トップメッセージフォーラム2018
日時:2018年11月29日(木)13:00~17:25(予定)
受講料:無料
場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)

詳細・お申し込みはこちらから



スタディサプリ 大学の約束 2018ー2019

全国国公立・私立50校の今と未来を徹底取材。
グローバルや研究や独自の教育の魅力について紹介します。
総力特集は「大人たちが見る大学ブランドランキング2018」
出版 : リクルート
価格 : 紙 500円 / デジタル 120円 (税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon.co.jpFujisan.co.jpMAGASTORE