日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

大学祭に行こう2018(3) It's show time~熱くもエコなソフィア祭へ!

大学祭に行こう2018(3)   It's show time~熱くもエコなソフィア祭へ!

 みなさんはじめまして。2018年度ソフィア祭実行委員会、パブリシティ統括を担当している上智大学3年生の横山千乃です。今回は11月に開催されるソフィア祭について、学園祭で行われる企画の見どころや魅力、そして普段はあまり表に出ることの少ない本番までの準備の様子などについてご紹介していきたいと思います。

上智大最大規模のサークル「ソフィア祭実行委員会」

 ソフィア祭は今年で第72回を迎える歴史ある学園祭です。昨年度は前夜祭を含めた計4日間で約4万人の方にご来場いただきました。今年は日本独自の文化祭という文化と雰囲気を来場者の方々に観て体験してほしいという思いから『It's show time』をテーマにし、ミス・ミスターソフィアコンテストやゲストライブ、学生によるパフォーマンスなどをはじめとする様々な企画で皆様に学園祭の雰囲気を味わっていただきたいと思っています。

 そんなソフィア祭を企画、運営しているのは上智大学最大規模のサークル、「ソフィア祭実行委員会」です。当委員会は総務局、財務局、渉外局、広報局、装飾エコ局、前夜祭局、ステージ局、ミスコン局の計8局に分かれており、実務面から企画面までのすべてを学生主体で行っています。実行委員のメンバーは11月に行われるソフィア祭に向けて、約1年をかけて準備をしていきます。

ソフィア祭で排出される二酸化炭素をカーボンオフセット

 8つの局それぞれが最高の学園祭を作るために活動していますが、すべては紹介しきれないので、今回はその中でも"装飾エコ局"が行っている代表的なエコ活動についてご紹介していきます。

 ソフィア祭実行委員会では4日間に渡るソフィア祭を通じて排出される大量の二酸化炭素を相殺(カーボンオフセット)し、排出量が0となることを目指し、毎年植林活動を行っています。本祭期間中を中心に集めた募金で苗木を購入し、実行委員会のスタッフで植林から手入れまでのすべての作業を行っています。

 今年は公益財団法人主催の「鎮守の森プロジェクト」に参加し、東日本大震災の津波によって被害を受けた岩手県山田町にて、将来の津波に耐えられる防潮林を作るため植林活動を行いました。植林活動はもちろん、被災された方々のお話を直接聞くことができ、東日本大震災についてもう一度考え直す貴重な機会となりました。

 植林活動の他にも本祭期間中に出たゴミを模擬店を出店している団体やお客様から回収した後に11種類に分別することによって少しでも環境汚染を防ぐように心がけ、また模擬店出店団体にはエコ容器の使用を義務付けるなど環境負担の軽減のための活動も心がけています。

初の試み「パラスポーツフェス」、パラリンピックをより身近に

 ここからは今年度ソフィア祭の目玉企画であり、初の試みとなる「ソフィアパラスポーツフェス」についてご紹介していきたいと思います。

 「ソフィアパラスポーツフェス」とは2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて今年度から始まった企画です。国際パラリンピック協会と株式会社WOWOWの共同作である「WHO I AM」という、世界中のパラアスリート達を取材したスポーツドキュメンタリーのシーズン3の上映、そして車椅子バスケットボール日本代表である豊島英選手をお招きしたトークショーが行われる予定です。

 このトークショーでは、事前に学生らから集めた質問に豊島英選手に答えていただき、実際にパラリンピアンのお話を聞くことができる貴重な機会となります。加えてトークショーの後に行われる車椅子バスケットボール体験会では、実際に来場者がパラスポーツに触れることができ、パラリンピックをより身近に感じていただけると思います。

 何度も申し上げる通りこの企画は今年度から新たにはじまった企画です。現状、どうしてもパラリンピックへの関心はオリンピックやオリンピックスポーツに対するものよりも小さく、この点は今度のオリンピック、パラリンピックが超えるべき課題点とも言えます。その壁を乗り越える第一歩として、私たちがパラリンピックについてもっと興味関心を持つことが大切であると我々は考えています。

 その為、東京パラリンピックを2年後に控えたこのタイミングで「ソフィアパラスポーツフェス」を行うことにより、これが契機となり私たちのような若い世代だけでなく、来場者として学園祭に訪れる幅広い世代にもっとパラリンピックについて知って頂き、興味や関心を持っていただけることを願っています。

 今回は"装飾エコ局"の植林、エコ活動や、学園祭で行われる上智大学ならではの企画についてご紹介しました。もちろんこの他にもミスソフィアコンテストやミスターソフィアコンテスト、学生団体によるパフォーマンスや受験生へ向けた相談会などもございます。幅広い世代の方に楽しんでいただけるような内容となっておりますので皆様是非「上智大学ソフィア祭」にお越しください!

 ソフィア祭実行委員会一同お待ちしております!

■運営スタッフお勧めイベント
  1. サークル、部活動団体によるパフォーマンス
    特設ステージにて各団体がソフィア祭に向けて準備してきたパフォーマンスを披露します
  2. パラスポーツフェス
    国際パラリンピック協会と株式会社WOWOWの共同作である「WHO I AM」という、世界中のパラアスリート達を取材したスポーツドキュメンタリーのシーズン3の上映、そして車椅子バスケットボール日本代表である豊島英選手をお招きしたトークショーが行われる予定です
  3. 前夜祭(11月1日開催)
    人気バンドによるライブや一夜限りのサークルコラボなど見どころ満載の企画です
  4. ミス・ミスターソフィアコンテスト2018
    上智大学において内面、外見ともに最も優れた上智大生を決定する企画です。毎年多くの方にお越しいただいております
  5. ダンスバトル
    今年度が初の試みとなる青山学院大学と上智大学のダンスサークルによるプロジャックも交えたダンスバトルです

詳細はソフィア公式サイトhttps://sophiafestival.com/まで。