日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

池上彰の大岡山通信 若者たちへ大学の入試選抜基準
アメリカで異なる平等性の視点

池上彰の大岡山通信 若者たちへ 大学の入試選抜基準 アメリカで異なる平等性の視点
authored by 池上彰東京工業大学特命教授

 東京医科大学が入試選抜で女子を差別していたことが明らかになったのに続いて、昭和大学医学部も現役や一浪までの受験生に加点していたことを認めました。こんな条件があると知っていたら受けなかったのに、という受験生もいることでしょう。

 大学入試は、その大学で学ぶにふさわしい人材を選ぶプロセスである以上、一般論としては独自の選抜基準があっていいのですが、その基準をオープンにしていなかったため、納得できない人も出ています。

◇ ◇ ◇

 入試の選抜基準を明らかにすべきだ。この動きは、米国の名門ハーバード大学でも起きています。選抜基準を明らかにするように求めた裁判がボストンの連邦裁判所で始まったのです。

入試選抜で女子を差別していた東京医科大学

 米国の有力紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の12日電子版によると、訴えた団体は、大学がアジア系学生が不利になるような取り扱いをしていたと主張し、選抜基準を明らかにするとともに、人種で差別をしないように求めています。

 人種差別というと、黒人差別をイメージする人も多いと思いますが、米国の多くの大学では、黒人の入学比率が低くならないように得点調整をしています。長く差別されてきた歴史を持つために学力が十分つかなかったというハンディを持つ黒人学生を救済する仕組みで、「アファーマティブ・アクション」(積極的差別解消策)と呼ばれます。この対象には黒人ばかりでなく少数民族や女性も含まれます。

 しかし、その結果、「本来なら合格できたのに落ちた」と不満を持つ学生が出てきています。親が教育熱心なアジア系学生の成績は概して高いのですが、合格比率はそれほど高くありません。これは人種で差別して得点調整をしているのではないか。それは不公平だという主張です。

 ハーバード大学に限らず、名門といわれる米国の大学の多くが、選抜に当たり、「包括的手法」を採用しています。これは、高校の学業成績と大学入試の成績だけでなく、さまざまな分野の活動や個人的資質なども考慮するのです。

◇ ◇ ◇

学生に講義する池上氏

 となると、学業成績以外のところで、黒人受験生を優遇したり、スポーツに秀でている生徒や大口の寄付をしてくれた人の親族、あるいは卒業生の子弟などを優先したりしているのではないか。

 こういう疑惑がつきまとってきましたが、大学は一切基準を明らかにしてきませんでした。

 多くの大学が多様性を大事にしています。成績だけで選抜をしたら、白人とアジア系学生ばかりになるのではないか。多種多様な学生がいてこそ、学生たちが切磋琢磨(せっさたくま)して成長できる。こう考える大学は、「入試選抜が不公平だ」という主張を、これまで受け入れようとはしませんでした。

 この裁判について、米国政府の司法省は、原告を支持する声明を出しています。アファーマティブ・アクションをやめれば、アジア系ばかりでなく、白人学生の比率も高まるとみられています。白人至上主義者から支持されるトランプ政権ならではの動きでしょう。

 大学が入試選抜に当たって、独自の基準を設けることが、米国は女子や少数派を優遇することなのに、日本は現役や男子学生が多くなるように細工する。方向性が大きく異なります。

[日本経済新聞朝刊2018年10月22日付、「18歳プラス」面から転載]

 ※大岡山は池上教授の活動拠点である東京工業大学のキャンパス名に由来します。日経電子版に「現代史を歩く」「大岡山通信」「教養講座」を掲載しています。

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>