日本経済新聞 関連サイト

OK
information-お知らせ

【PR】大人たちが見る大学ブランドランキング2018経営力が高い大学ランキング

【PR】大人たちが見る大学ブランドランキング2018 経営力が高い大学ランキング
Text:伊藤敬太郎 Photo:平山 諭、勝尾 仁

 大人たちは全国各地の大学にどのようなブランドイメージを抱いているのだろうか? 『大学の約束』では、全国の20~59歳の社会人に対して、一斉調査を実施。「国際性」「研究力」「キャリア」「教育力」「地域貢献・スポーツ・文化」「経営力」「施設・設備」などの項目に関して、ランキングをまとめた。その結果から見えてくるものとは?

 「経営力」ランキングは、発展の可能性、広報、改革の3つの項目を総合して集計。トップになったのは、ここ数年、受験生からの人気が高まっている近畿大学。「近大マグロ」で印象に残っている社会人も多いはずだ。

 総合2位は早稲田大学、3位は慶應義塾大学と、トップ3は私立の総合大学が占めた。国立大学では4位の京都大学が最上位だった。

 なお、経営者・役員・管理職に絞った「経営力」ランキングでは関西大学がトップに。

 項目別のランキングをみると、「学校が発展する可能性がある」は京都大学、「広報活動に力を入れている」は早稲田大学、「改革に熱心である」は慶應義塾大学が1位に。

 他の業種よりは、個々の大学の改革に関して情報があると思われる教育・学習支援業従事者に絞った「改革に熱心である」ランキングをみると、2016年度入試から「特色入試」をスタートして話題になった京都大学が、清泉女学院大学と同率で1位となっている。



◇    ◇

中小規模の大学は、ガバナンスを強化して経営改革を進めることで「下克上」が可能
専門家に聞く。大学改革における「ガバナンス」の重要性とは?

民間企業とは異なる課題が

松下和彦(まつした かずひこ)
株式会社船井総合研究所 医療・介護・福祉・教育支援本部 保育・教育支援部 上席コンサルタント。大学、高校、中学校などの学校法人の経営コンサルティングに携わる。

 少子化が進行する今、大学はブランディング、教育、入試などさまざまな面で改革を必要とする局面を迎えている。そこでキーワードとなっているのが「ガバナンス」。民間企業でコーポレートガバナンスが重視されているのと同様に、改革を進めるにはそのための体制(=ガバナンス)作りが鍵を握る。ただし、企業とは異なる大学ならではの課題も多い。

 大学経営のコンサルティングに携わる船井総合研究所の松下和彦氏は、次のように説明する。

伝統的に教学組織が強い

 「課題の一つは、大学には理事長をトップとする経営組織と、学長をトップとする教学組織があり、伝統的に教学組織が強い大学が多いということです。教授会の発言力が強いので、学長が経営と目的を共有して改革を進めようとしても、先生方が一致団結できないケースも目立ちます。そもそも、学者である学長には、経営・マネジメントのプロが少ないという問題もある。全学的な改革を進めるには、アメリカの大学のように経営組織を中心にしたガバナンス体制構築が望ましいのですが、なかなか進んではいません」

 また、同社の栗山茂之氏は、もう一つの課題も指摘する。

 「民間企業の場合は利益という指標がありますが、大学にはそれがありません。当社でも、卒業生が社会に出てどのように活躍しているかを指標化する取り組みなどを進めてはいますが、今のところ大学改革の成果を測る指標に関しては、国レベルでもまだいろいろと議論が行われている段階です」

現場の教員の意識も重要

栗山茂之(くりやま しげゆき)
株式会社船井総合研究所 医療・介護・福祉・教育支援本部 保育・教育支援部 チーフ経営コンサルタント。私立大学向けの学生募集強化などを得意とする。

 ただし、10年前と比較すれば改革への意識は確実に高まっていると松下氏。学長はもちろんだが、学部長クラスの意識も変わりつつある今、重要になるのは、一人ひとりの教員に全体最適への意識がどれだけ浸透していくかだという。

 「ガバナンスというとトップダウンのイメージが強いですが、改革を進めるにはボトムアップの動きも重要。現場の先生方が改革に前向きかどうかはポイントの一つです」(松下氏)

 大学のブランド的な序列は、上位校に関しては5年、10年単位で大きく変動する確率は低いが、中小規模の大学は、大胆な経営改革による「下克上」が十分可能だという。その実現のためには、改革のためのガバナンス体制の確立が重要なポイントとなる。

〈調査概要〉リクルートマーケティングパートナーズが2018年2月16 日(金)~ 27日(火)、20~59歳のビジネスパーソンを対象に全国の大学に関するブランドイメージ調査を実施(有効回答5009件)。イメージは「幅広い教養が身に付く」「社会で活躍するリーダーを多く輩出している」「積極的に広報活動を行っている」といった21の詳細項目を「教育力」「研究力」「国際性」「キャリア」「地域貢献・スポーツ・文化」「経営力」「施設・設備」の7つに分類した。

お知らせ
  日本経済新聞社は11月29日、「大学の約束 トップメッセージフォーラム2018」(リクルートマーケティングパートナーズ共催)を開催します。上智大学、中央大学、東海大学、東京都市大学、 武蔵野美術大学、早稲田大学のトップが集まり、"世界基準"の人材を育成する教育について、企業ゲストスピーカーと議論を交わします。企業の育成・採用部門担当者をはじめ、経営・マネジメント層、教育に関心持っている保護者層など、多くの方に聞いていただきたい内容です。

<プログラム>
大学の約束 トップメッセージフォーラム2018
日時:2018年11月29日(木)13:00~17:25(予定)
受講料:無料
場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)

詳細・お申し込みはこちらから



スタディサプリ 大学の約束 2018ー2019

全国国公立・私立50校の今と未来を徹底取材。
グローバルや研究や独自の教育の魅力について紹介します。
総力特集は「大人たちが見る大学ブランドランキング2018」
出版 : リクルート
価格 : 紙 500円 / デジタル 120円 (税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon.co.jpFujisan.co.jpMAGASTORE