日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

「コミュ力」に悩む学生へ贈る言葉(1)就活の「黄金の方程式」って何?

上田晶美 authored by 上田晶美キャリアコンサルタント・大学講師
「コミュ力」に悩む学生へ贈る言葉(1) 就活の「黄金の方程式」って何?

 大学生のみなさん、初めまして。大学講師でキャリアコンサルタントの上田晶美です。みなさんの大学生活が充実したものになるように願って、この講座を開講します。よろしくお願いします。

高校と大学の違いとは

 みなさん、大学生活の滑り出しは上々ですか? いざ始まってみると、何かと戸惑っている人もいるかもしれません。大学生活は高校生活とはいろいろと勝手が違いますね。大学の講義(授業)ひとつとっても、時間割が与えられるわけではなく、自分で科目を選んで登録し、次々と講義室を探しては移動して行かなくてはなりません。高校時代までのように、自分のホームルームに座っていれば、いつものクラスメイトがいて、次々に先生が来て授業をしてくれるというわけではありませんね。講義ごとに違う教室で、違う講師から、違う仲間たちと講義を受けることになります。そんな中で友だちを作っていくというのは大変だな、と孤独を感じる人もいるでしょう。気軽に誰にでも声をかけ、すぐに友だちができる人ばかりではありませんから。

 私は大学の講師をしています。主に就職活動の方法やキャリアデザインを教えていますが、1、2年生向けには、「コミュニケーション」についても講義しています。私の教えている大学生のほとんどは、オシャレしてジャラジャラとアクセサリーをつけたり、髪の毛を緑色に染めてみたり、サークル活動なのか大きなギターを抱えて来たり、といつも楽しそうにはしゃいでいます。それぞれに「好き」を追求していていいな、大学生活を謳歌しているなと感じます。でも中には、大学に馴染めなかったのか、姿を見せなくなる人もいて、とても残念です。もちろんできるだけ相談に乗るようにしていますが......。

学生に就職活動やキャリアデザインを教える筆者

就活がうまくいく黄金の方程式

 なぜ私がみなさんの大学生活を心配しているのかというと、大学生活が終われば社会に出ていくことになるからです。大学時代はその後の人生を決定づける大切な時期です。大学生活を謳歌してほしいというのは、ぐだぐだと遊び放題でいい、ということではありません。学業、部・サークル活動、アルバイトなど多くの活動を通して、人間形成がなされ、ひいては卒業後の人生、仕事につながっていくのです。

 もっとわかりやすく言えば、この4年間の過ごし方で、就職が決まります。大学生になったみなさんの次なる目標は就職ではないですか? 「入ったばかりで、もう就活の話?」と、げんなりしないでください。そんなことをここで言うつもりはありません。実は「大学生活が充実している人は就活もうまくいく」という方程式があるのです。就活を教えて21年の私が、延べ2万人の学生を教えてきた経験から編み出した「黄金の方程式」です。

学生同士で話し合う演習の授業風景

 具体的に就活に役立つことをすぐ始める必要はありませんが、まずは大学生活を充実させ、謳歌するための基本スキルを身につけてほしいと思います。その1つがこの講座のテーマであるコミュニケーション能力、略して「コミュ力」です。高校生活と違い、大学生活は人間関係が広がり、多くの人と関わるようになる。すなわち、様々なコミュニケーションを取ることが必要になってきます。

コミュ力に過敏になっていない?

 みなさんは「自分は人見知りだから」とか「コミュ障(コミュニケーション障がい)なんで......」ということをよく言いますね。それはハードルを下げておいて、「だけどけっこうできる」と見せたいだけかもしれません。テレビの影響なのか、「滑舌が悪い」とか、「噛まないように話したい」など、コミュニケーションについて関心の高い会話もよく耳にします。

大教室の講義、学生たちは熱心に耳を傾けている

 みなさん、コミュニケーション力に過敏になっていませんか? みなさんの目標がテレビタレントでないのなら、普通でいいのじゃありませんか? みんながみんな、そんなにコミュ力が高くなくてもいい。少なくとも「普通のコミュ力」があれば、大学生活は謳歌できます!

 でもその「普通」がけっこう難しいと感じている人もいるだろうし、できていると思っても、実はできてない人もいるように思います。さあ、私といっしょに「普通のコミュ力」を目指して、学生生活をスムーズに送れるよう、この日経カレッジカフェの講座を進めていきましょう。よろしくお願いします!

上田晶美(うえだ・あけみ) ハナマルキャリア総合研究所代表。1983年、早稲田大学教育学部卒。流通企業に入社し、広報、人事教育、商品企画などを経験。1994年、出産を機に退職し、キャリアコンサルティング会社のハナマルキャリアコンサルタント(現在のハナマルキャリア総合研究所)を設立。大学生の就職、社会人の転職、主婦の再就職を支援する講演、執筆を幅広く手掛ける。全国20大学、20自治体にも出講。講演は年間200件をこなす。大妻女子大学短期大学部非常勤講師、女性労働協会理事。大学生から高校生まで二男一女の母でもある。山口県出身。ハナマルキャリア総研のサイトはこちらから>>

「売り手市場なのに復活する『学歴フィルター』」はこちら>>

「就活生座談会2016(1) 5人中4人が内々定を持っている?!」はこちら>>

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>