日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

リケ就のコミュ力講座(4)面接で伝えること
「社会貢献」より「『会社』貢献」

増沢隆太 authored by 増沢隆太戦略人事コンサルタント
リケ就のコミュ力講座(4) 面接で伝えること「社会貢献」より「『会社』貢献」

 採用選考のクライマックス、面接について具体的場面を考えてみましょう。初回に書きましたが、採用を決めるのは上手いプレゼンが出来たかどうかではなく、その企業組織の発展継続に寄与する人材だと判断されたかどうかです。その目的意識を常に持って臨んで下さい。

社会貢献より「会社」貢献

 志望動機で「社会貢献」を挙げる学生はきわめてたくさんいます。しかし企業組織は社会貢献のために存在しているのでしょうか? 企業が存続発展した結果、納税や市場流通、雇用といった企業活動すべててが社会貢献であるのは当たり前です。逆に社会貢献していない企業など存在するでしょうか。本コラムが繰り返し批判してきた「正解志向」の典型的な例が志望動機に「社会貢献」を挙げる行為だと思います。社会貢献が悪いのでも、それを志向することが悪いのでもありません。「社会貢献と答えておけば正しいだろう」と、思考停止になることが最大の欠点なのです。面接・選考に「正解」などありません。
組織が存続発展出来なければ、社会貢献など不可能です。仮に上場企業が存続発展をないがしろにしたら、株主から訴訟を起こされかねません。少なくとも新入社員として、組織に入っていく皆さんは、まず目の前の「会社」貢献を目指して下さい。それが新卒学生の皆さんに期待する企業の総意であり、組織の中で10年、20年とキャリアを積むことができれば、おそらくその過程でたくさんの社会貢献は果たせるはずです。

 面接は学生一人に対し、企業側が一人または複数で面接する個人面接と、複数学生で行うグループ面接があります。形態が違う以上、そこで果たすべきコミュニケーションも違ってきます。特にグループ面接は一問一答式以外に、学生同士でディスカッションをしたり、課題を行ったりする場合もあり、決まった形がありません。ちなみに先輩やネット情報などから、去年の形式が不確かな噂ではなく本当に正確にわかるようなら知っておいて損はありませんが、コミュニケーションの原則に沿って行動できれば、形式を全く知らなかったとしても十分対応は可能です。

 学生の皆さんの多くが誤解しています。面接がどのような形式であっても、「何と答えるか」で採否を決めるものではありません。(「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」p.133「Why&How」)その答が事実かどうかではなく、企業に「採用したい」と思われることが目的です。何となく通りの良い模範解答を述べたところで、それが使い古され、面接官も飽き飽きしているありふれたものでは、魅力を感じさせることはできないでしょう。「世界15ヵ国を放浪旅行した」「被災地ボランティアを3年続けた」「サークル副部長としてみんなをリードした」というような、面接する側(=面接官)が聞き飽きている使い古された回答など、ほとんど意味はありません。

「正解のない質問」にどう答えるか?

 文系学部生中心に一時期良く聞かれた「あなたをモノ(動物・道具・機械・食べ物......)に例えると何ですか?」といった抽象的な質問がありますが、当然ながらこんな質問に正解などある訳がありません。これに対して「私は納豆のような人間です」という回答が大流行し、あちこちの面接で納豆と答える人が続出したと人事の集まりで聞いたことがあります。抽象的な質問は、正に人柄やセンスを見るためのもので、絶対に正解などありません。それを正解思考で臨めば自爆するのは明らかです。

 「あなたの長所は何ですか?」という質問も、当然のことながら正解などありません。ただこれに対し、「私の長所はコミュニケーション能力です」と、いきなり自身のハードルを上げて自ら首を絞めるような理系学生をよく見かけます。「コミュニケーション能力が長所」と自分から言う学生とは、自分から「私はイケメン/美人です」と自慢しているのと全く同じです。仮にその通りだとしても自分から自慢されて相手はどう思いますか。アイドルや俳優ですら「私は美人/顔に自信があります」とアピールする人はまずいません。「コミュニケーションに自信あり」という自己申告は、これと同じばかばかしい自慢で、プロの会社員相手に挑戦状を叩きつけるようなものです。わざわざハードルを上げて、不利な環境を作るのも「正解思考」ゆえの失敗です。

 質問では「長所は何か?」と聞かれているのですから、何か答えなければなりません。企業で活躍できる=企業に貢献できる、またはそれに間接的に結び付くことがここでいう長所であり、それ以外の得意なことを聞いているのではありません。では「バイオリンが得意です」という答えはどうでしょう。企業への貢献を含んでいるでしょうか?

「良さそうな人」という印象を与えられるか

 バイオリンが直接組織に貢献することはないかも知れません。しかし幼稚園のころから18年やっているとしたらどうでしょう。バイオリンだろうがピアノだろうが野球、サッカー、囲碁将棋、どんな趣味であっても、長年続けているとしたら、また音楽やスポーツ、趣味に深い造詣があるとしたら、それは根気強さだったり文化的感性の高さだったり、理系の専門性を持つ学生にとって、さらにプラスアルファとなる、人としての奥行のようなポジティブなものにならないでしょうか。抽象的な質問に対しては、直接ビジネスに貢献しなかったとしても、総合的に「良さそうな人」という印象を与えることができれば十分そのコミュニケーションの目的は果たせることでしょう。

 このように、常にコミュニケーションの目的意識を忘れずに対応すれば、抽象的な質問にも、やや意地悪な質問にも、的を外さない返答が可能です。今回のポイントは多くの学生が誤解していることなので、しっかり理解して実践すればぐっと差がつけられるのではないでしょうか。