日本経済新聞 関連サイト

OK
liberal arts-大学生の常識

趣味で乗るスポーツ自転車
初めての選び方

趣味で乗るスポーツ自転車初めての選び方

 街なかから郊外まで、スポーティーな自転車をさっそうと乗りこなす人を多く見かけるようになった。いわゆるママチャリ(軽快車)は気軽に買えるが、ブランドも車種も豊富なスポーツ自転車を選ぶのは意外に難しいものだ。「これからスポーツ自転車を始めたい」という人向けに、自分に合った「最初の1台」の選び方を紹介しよう。

 一口でスポーツ自転車といっても、高速で長く走ることが可能な「ロードバイク」、旅を目的とした「ツーリング車」、山道を走る「マウンテンバイク」など、用途によって専門的な車種が存在する。スポーツ自転車店で必ず「どんな用途に使いますか?」と聞かれるのは、できるだけ目的に合った自転車を薦めたいからだ。

 鳴木屋輪店(東京・世田谷)の鈴木啓之店長は「初めてスポーツ自転車を買う人には、生活自転車のように雑に扱えないこと、スタンドが付いていないこと、遠く、速く走れる自転車ほど日常生活では不便になることを真っ先に説明する。その上で使いたい場面を聞き、取り扱いブランドの車種から合いそうな自転車を紹介する」と話す。

 「職場の仲間とロードレースに参加したい」「休日に街のカフェ巡りでも」「遠くまでのんびりツーリングしたい」など、頭の中に描く、自分がやってみたい自転車の乗り方を具体的に伝えるほど、イメージに近い自転車と出あえる確率は高まる。

 とはいえそう簡単に目的をひとつに絞れるものではない。ツーリングも通勤も、将来はレースにも出たい。そんな人のために、数あるスポーツ自転車の"いいとこどり"をした「クロスバイク」が存在する。価格は5万~10万円程度を見ておこう。

 タイヤの幅はロードバイクより少し太めの28~32ミリメートルで、ある程度の速度を確保できる。ハンドルはマウンテンバイク風で扱いやすいストレートタイプ。上半身がロードバイクより起き上がった状態で乗れるよう、ハンドルを高い位置かつ体の近くにセットした車種が多い。前傾姿勢が強いロードバイクはある程度乗り慣れ、体の柔軟性を高めて筋力もつけないと首や腰が痛くなることがある。クロスバイクならその点、多くの人が乗ったその日からサイクリングを楽しめるだろう。

 乗りやすさ、経済性、取扱店舗の多さを総合的に考えると、推奨車種が見えてくる。

 たとえばジャイアント「エスケープR3」(5万9400円)。軽さが売り物のアルミニウムのフレームに、路面からの振動をやわらげる効果があるクロモリスチール素材のフロントフォーク(フレームの前輪を支える部分)を装備した。急坂でも軽いギアでゆっくり進める24段変速機を搭載。メーカー側は「"ママチャリ"から乗り換える人にスポーツ自転車の軽やかさを体感してもらえる」。対応身長が145センチメートルから185センチメートルまで4種類のフレームサイズをそろえ、夫婦で乗るにもいい。

 ただ、スポーツ自転車は雨に弱いため、購入時は必ず保管場所を考えてほしい。国内メーカーの軽快車は高い耐水性能とサビ対策が施され、雨ざらしでも5年以上普通に使える車種もある。だがスポーツ自転車はゴルフクラブと同様、純粋なスポーツ道具。雨ざらしにすれば1年を待たず快適に乗れなくなる。屋根の下での保管が必須だ。

 置き場所を確保できないなら「フォールディングバイク」も候補になる。高いスポーツ走行性能を持ちながら、瞬時に小さくたたみ、玄関先など小さなスペースに保管できる。

 スポーツ自転車を快適に乗り続けるには変速機やブレーキなどを適宜調整する必要がある。ショップとは長い付き合いになるため、値段だけで選ばず、親切にメンテナンスをしてくれる、なるべく近所の専門店を探して購入するといい。
(自転車ライター 山本修二)[日経電子版2015年7月19日付]

【関連記事】
「川遊び、都会でクールに 規制緩和で寄せる人波」>>
「規制緩和は何のため(11) 自転車が危ない『免許制』は安全の決め手になるか」>>

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>