日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

卒業までにやっておくべきこと(2)大和ハウスの康乗佐知さん
「幅広く資格や体験を」

authored by 日経カレッジカフェ取材班
卒業までにやっておくべきこと(2) 大和ハウスの康乗佐知さん「幅広く資格や体験を」

 就職戦線を乗り切って内定(内々定)を勝ち取った就活生の皆さんに、先輩社員からのメッセージをお届けします。テーマは、残された学生生活を有意義に過ごすために、いま何をすればいいのか。今回、語っていただくのは、大和ハウス工業で戸建て住宅の工事管理を担当している康乗佐知さん(28)です。

「ビフォーアフター」きっかけに興味

――まず、住宅業界を志望したのはなぜですか?

「高校生のころ、テレビで『大改造!! 劇的ビフォーアフター』を見て、住宅っていいなと感動したのがきっかけです。住宅業界に進みたいと考え、大学、大学院で建築を専攻しました」

「就職活動時には、住宅メーカー各社の説明を聞いてみて、この会社が一番楽しく感じたんです。さまざまな事業を手掛けたり、ベンチャーに出資したり、好奇心旺盛な会社だと思いました。人事の方が本音で社内のことを語ってくれたので、入社後も違和感はありませんでした」

康乗佐知さん(やすのり・さち) 1987年、大阪府出身。2012年、京都工芸繊維大学大学院修士修了、大和ハウス工業入社。最初の配属は名古屋支社住宅事業部だった。名古屋では2年半勤務。2014年、東京本店住宅事業部工事部に異動し、現在に至る。二級建築士。趣味はドライブ。

――現在の業務内容を教えてください。

「住宅新築の総合管理です。多いときだと1日に東京都内で2~3カ所の建設現場を回ります。QCDSEと呼んでいますが、品質(クオリティー)、費用(コスト)、納期(デリバリー)、安全(セーフティー)、環境(エンバイロメント)の5つが大きな役割です」

「具体的には、検査記録書に沿って、工事が図面どおりに進んでいるか検査します。さらに、仮設足場のコストを削減したり、工期を守れるよう調整したり。構造に問題があれば見直すなど、さまざまな仕事をこなします。不明な点は、現場の職人さんにもきちんと確認しなければなりません」

住宅新築の管理、知恵絞って円滑に

テレビ番組がきっかけで住宅業界を志すことになった

――うれしいと思うことは何ですか?

「東京都内だと、敷地が限られることが多いのです。現場で建築資材をどこに置くかによって、工期を守って円滑に施工できるかどうかが左右されます。懸命に知恵を絞った結果、上司や先輩から『うまく考えたね』なんてほめられると、うれしいですね」

――逆に苦労もあるでしょうね。

「たとえば、建設現場の近隣から苦情が出ます。騒音や現場のマナーに関して、お叱りを受けることがあるのです。そんな時は、電話ではすませられないので、訪問して誠意を持って謝罪します。現場でも、ルールを守っているか確認します」

――将来の目標は何ですか?

管理職を目指したいと考えている

「やりたいことがあって入った会社です。いまの担当には満足しています。将来は管理職を目指したいですね」

被災地へ赴き、仮設住宅の断熱工事を

――学生の皆さんに対して、入社前にどんなことに取り組んだらいいのか、メッセージをお願いします。

「入社前に、業務に必要な資格や勉強に幅広く取り組んだほうがいいですね。入社後によかったと思えるはずです。私の場合、資格をとろうと思って、二級建築士の勉強をしました。学科や製図の試験をこなして合格しました。また、修士論文の作成には力を注ぎました。筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病の患者さんが、独居生活する住宅の環境整備をテーマにしました」

学生時代の経験がいまに生きている

「このほか、東北の被災地に赴き、仮設住宅の断熱工事を合計1カ月ほど手伝ったこともあります。これは大学院の先生が持ってきてくれた案件だったんですが、参加してよかったと思います。これらはいずれも、入社後にも役立つ経験でしたね。学生の皆さんの専攻や就職先の業種によっても違うとは思いますが、入社後につながる体験を積むように頑張ってみてはどうでしょうか」

(聞き手は村山浩一)


【関連記事】
「ライバルはグーグルとアマゾン 大和ハウス、10兆円企業の夢」はこちらから>>
「ユニクロ物流拠点を作る狙い 大和ハウス社長に聞く」はこちらから>>

連載【卒業までにやっておくべきこと】
(1)全日空の財津弘彬さん「英語学習と生活リズム維持を」
(2)大和ハウスの康乗佐知さん「幅広く資格や体験を」
(3)サントリーの中村曜子さん「"お客さん"を観察しよう」
(4)大和証券の水村茉菜さん「経済の勉強を。仲間も大切に」
(5)大塚製薬の大竹悠さん「ボランティア、いまに生きる」
(6)JTBの田中奈津子さん 「5回の卒業旅行で学ぶ」
(7)NTTデータの八巻絵美さん 「勉強会や交流会に参加」
(8)トヨタ自動車の田宮幸恵さん 「異文化と触れ合おう」
(9)日本航空の村杉汐音さん 「大学の授業を大切にしよう」
(10) 三井物産の中岡壮史郎さん 「目標を立ててクリア」を繰り返せ
(11)楽天の戸田雅子さん 「社会人と話す機会を作ろう!」
(12)東京海上日動の森山大志さん「内定後もOBを訪問」