日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

2輪車の前に浄水装置
ヤマハ、途上国で「生涯の顧客」

2輪車の前に浄水装置ヤマハ、途上国で「生涯の顧客」

 発展途上国の低所得者層向けに、水の浄化ビジネスを加速させている。生活の質が向上していく中で自社製品を売り込み、成長市場の先取りを狙う。

 アフリカ西部にあるセネガルの首都ダカールから北へ約200km、セネガル川沿いの砂漠地帯に、約300人ほどが暮らす小さな集落がある。集落の中心となっているのが、セネガル川沿いにある「YAMAHA」のロゴが掲げられた装置だ。ヤマハ発動機が2011年に設置した浄水装置「ヤマハクリーンウォーターシステム」である。

 この浄水装置によって、村人の暮らしは大きく変わった。

 浄化した水を食事や飲用に使うことで、下痢や皮膚病などの病気が大きく減った。これが母親の衛生意識の向上につながり、乳児の死亡率も減少した。 この地域では、女性や子供が生活用水の調達を担っている。これまで、ポリタンクを担いで大きな町まで水を買いに行く必要があったが、こうした重労働からも解放された。

 浄化した水は、村人たちの手によってポリタンク1杯約5円で村人に販売している。村人にとって決して安価とはいえないが、「きれいな水を買って生活をもっと豊かにしたい」と考える村人が増えた。

ヤマハ発動機が提供する浄水装置(左)。水インフラがない村落の住民にとって貴重な生活用水になっている(右)(写真左:久野真一/JICA)

この記事は会員限定コンテンツです。続きを読むには「College Cafe by NIKKEI」に会員登録(無料)してください。

最初に日経IDを取得し、その後「College Cafe by NIKKEI」に利用登録(無料)します。