日本経済新聞 関連サイト

OK
[ liberal arts-大学生の常識 ]

ロボットが変える未来(4)ロボットの恋はありえるのか?

浅田稔 authored by 浅田稔大阪大学教授
ロボットが変える未来(4) ロボットの恋はありえるのか?

 ロボット研究の第一人者、大阪大学の浅田稔教授が中心となって、ルネサンス期の巨匠、レオナルド・ダビンチそっくりのアンドロイドを開発しました。ロボットを通じて、人とロボットの関係を明らかにする狙いがあります。今回はそんな浅田教授に、「ロボットには心があるのか」という究極のテーマについて語ってもらいます。

ロボットに「心」はあるか

 昔読んだ手塚治虫さんの作品「火の鳥 復活編」に、こんな場面がありました。紀元2482年、レオナという少年が、空中を走るクルマに乗っていて、墜落事故にあいます。瀕死の重症を負った彼は、脳の大半を人工頭脳と入れ替える手術を受け、生まれ変わります。

 人工頭脳を埋め込まれたレオナには、人間が無機質な塊にしか見えなくなったのです。実際、人間の脳には、人間の顔を認識する2つの経路があり、1つは、相手が誰であるかを認識する回路、そして、もう1つは相手に親しみを感じるかどうかを判断する回路です。後者の回路が機能しないと、レオナのような症状が起きても、不思議ではありません。

浅田教授らが開発したダビンチ・アンドロイド。まるで生きているようだと評判に

 そんなレオナは病室から、美しい女性を発見します。人間ではなく、事務ロボットのチヒロでした。2人のデートが始まります。そのうち、チヒロに「不条理な再生出力」(つまりレオナの姿)が発生し、「消去不可能」になっていまいます。プログラムされた事務の仕事が滞ってしまうようになりました。事務ロボットのチヒロがレオナに恋をしてしまったのです。

 この物語は、私の心に強烈に響いたのを覚えています。恋をするときって、実際こういうことなのではないのかと感じたこの時の衝撃が、いまの私のロボット研究の原動力になっているのです。

本当の「心」を持つのは難しい問題

 果たして、ロボットがプログラミングされた以外の感情を持つことは可能なのでしょうか? ロボットがいいことをしたら人間がほめてあげる、逆のときは叱ってやる、などのコミュニケーションを経て、ロボットが学習することはあります。人間の感情と似た行為をさせることは可能でしょう。でも、本当の意味で「心」をもつのは、なかなか難しい問題です。

「ロボットに心はあるか」という究極の問題に踏み込む浅田教授

 強いていうと、ロボットは、人間と同じ「心」を持つことは難しいが、ロボットなりの「ココロ」を持つことは可能といった表現になるでしょうか。

記憶が少ないからこそ純粋さも

 浦沢直樹さん(長崎尚志さん編集)が描いた「PLUTO」という作品があります。手塚治虫さんの「鉄腕アトム」のなかに出てくる「地球最大のロボット」をリメークしたものです。登場するのは高性能刑事ロボットのゲジヒトと、その妻であるロボットのヘレナです。ヘレナが夫を思って、涙を流す場面があります。夫への愛情や、夫とともに日本に行くことを楽しみにしていたがかなわなかったという記憶からです。ただし、作品では、本当に経験したものではなく、誰かに埋め込まれた記憶であることが暗示されていました。

 ヘレナには、人間と比べて 感情や記憶の量が少ない。しかし、だからこそ、ヘレナの流した涙には、人間よりも純粋な悲しみが感じられたという側面があります。こうしたロボットにまつわる優れた著作物が、日本で生まれたのは偶然ではないでしょう。ロボットの研究者として、刺激を受けるし、大いに注目もしているのです。

浅田教授はダビンチ・アンドロイドをきっかけに、学生たちとも議論を深めたいと考えている(写真は都内で8月に開いたダビンチ・アンドロイド発表会の様子)

 ロボットの「ココロ」の問題には、これからも真剣に取り組んでいきたいと考えています。そして日々の研究のかたわら、今回開発したダビンチ・アンドロイドを使って、人とロボットの関係についても、若者たちとも活発な議論を繰り広げられたら、と期待しています。

(聞き手は村山浩一)

浅田稔氏(あさだ・みのる) 大阪大学教授、大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻。滋賀県出身。1982年大阪大学大学院基礎工学研究科後期課程修了。 1989年工学部助教授。1995年同教授。 1997年工学研究科知能・機能創成工学専攻教授。 工学博士(大阪大学)。1986年から1年間米国メリーランド大学客員研究員。 ロボカップ創設者の1人であり、認知発達ロボティクスの第一人者。

【関連記事】
ロボットが変える未来(1)ダビンチ・アンドロイドに託す夢>>
ロボットが変える未来(2)W杯優勝チームを破ろう!>>
ロボットが変える未来(3)赤ちゃんとロボットの関係>>
ロボットが変える未来(4)ロボットの恋はありえるのか?>>