日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

フィリピンで働く内定者(中)大学生が休学せずに海外で働くためには

フィリピンで働く内定者(中) 大学生が休学せずに海外で働くためには
authored by 外山雅大早稲田大学4年/ナイル株式会社内定

 ここセブ州は語学留学先として知られている場所であり、私以外にも数多くの大学生が語学学校に英語を学びに来ています。またその延長線上で、コールセンターや語学学校でインターンをしている人も少なくありません。ただ大学生が海外で働くには色々な問題が発生します。大学の授業だってあるし、英語が話せないと仕事にならないなんてこともあると思います。しかし、何かしら自分で工夫をすれば、海外で働くことは決して無理なことではありません。私のケースが誰にでも当てはまるわけではないとは思いますが、皆さんが海外で何かチャレンジをしてみようかなと考えて勇気を出そうとするときに、この記事が少しでもその役に立つことができたら幸いです。

休学しなくても海外で働ける?

 これは大学によっても異なると思いますが、私はこれまでインドで半年間留学をしていた時を含めて、休学をしたことは一度もありません。もちろん休学は海外活動に集中する良い選択肢だとは思いますが、人によって休学はどうしても避けたいという方もいるでしょう。

現地スタッフたち

 私の場合は大学1、2年生の間にできる限り多くの単位を取得したり、前期と後期で単位を調整できたので、日本にいる間に単位を多めに取って海外にいる間は出席のいらない授業を取るなどして、これまで上手くやりくりをしてきました。もちろん海外にいる間は大学の授業に一切出られないので、その分の授業料がもったいないという意見もあるとは思います。しかし、卒業を遅らせずに様々な経験をする方法としては、授業の取り方を工夫するのは悪くないことではないのかなと考えています。

 現在も子会社立ち上げの仕事の合間を縫って、ゼミの研究をしたり、レポート課題の提出を友人に依頼したり、試験があるときは日本に帰るといった生活をしています。最近はLCCのセールで1万円もしない航空券が手に入るなど、自分なりにうまくやりくりできているのかなと思います。

英語が話せないと仕事ができない?

高階良輔取締役(右)とツーショット@オフィスエントランス

 日本で外資系の企業や大手企業の駐在員を目指すのであれば、TOEICや海外での留学経験は非常に大切だと思います。一方で、私が英語をどれぐらい話せるかといえば、おそらく上位校の学生の平均ぐらいがやっとな感覚です。しかし、仕事では英語でメールも送りますし、資料の翻訳もあれば、メンバーとのコミュニケーションも全て英語で行っています。

 正直私の英語が完璧だとは思いませんし、英語を話しながら単語や文法のミスに気づく機会も少なくありません。ただそこで英語を使うことを恐れていては何もできませんし、できないのであれば勉強するなりGoogle翻訳を使うなりして、努力するしかないと思います。

 それに英語が完璧に話せなかったとしてもコミュニケーションの取り方はいくらでもあります。特にセブのような語学留学が盛んな場所だと、日本人は英語を完璧に話せないという前提で、ある程度理解があり、つたない英語でも必死に自分たちが伝えようとしていることを理解しようとしてくれます。結局は英語も努力と経験を積み重ねるしかないのですが、自分自身で英語が必要な環境に身を置くことによって、英語力を伸ばすこともできるのではないかなと思います。

オフィス内

外山雅大(とやま・まさとも) ナイル株式会社インターネットメディア事業部 マーケティング担当2016年度新卒内定インターン。1992年、長野県生まれ。茗溪学園高等学校卒業。早稲田大学政治経済学部4年。大学2年生の時に人材紹介・Webメディア運営を専門とするフリーランスの元で1年間のインターンを経験。2014年7月、ナイル株式会社(旧ヴォラーレ株式会社)のSummerインターンシップに参加し、2016年度新卒として内定。その後、インド(バンガロール)にて半年間のプログラミング留学をしながら、日系ベンチャーキャピタルのアソシエイトとして活動。帰国後、ナイルでの約3カ月間の事業研修を経て、2015年7月、取締役の高階とともに渡比。セブ州にて子会社の立ち上げに従事。