日本経済新聞 関連サイト

OK
liberal arts-大学生の常識

北関東3県は「宇都宮県」に
幻の28道府県案

北関東3県は「宇都宮県」に幻の28道府県案

 1都1道2府43県。日本を47に分ける現在の区分は、何かにつけ都道府県単位で考える日本人に深く根付いている。明治時代に決まったこの区分、実はその後さらに再編し、28道府県になる予定だった。幻となった再編案と、日本の都道府県の変遷を追う。

名古屋県、金沢県、松江県...... 衝撃の府県統合案

 1903年(明治36年)、内務省は「府県廃置法律案」をまとめた。日本地図学会評議員の斉藤忠光さんによると、「交通機関発達の今日府県区域の拡張を計る」のが法案作成の理由だという。

 その中身は大胆だ。以下の19県が統合により姿を消した。

 岩手、山形、群馬、茨城、埼玉、山梨、富山、福井、岐阜、静岡、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、山口、徳島、佐賀、大分、宮崎。

1903年(明治36年)に作成された「府県廃置法律案」付属の地図を斉藤忠光氏が複製した。1道3府24県に再編する法案だった。明治34年発行の「大日本帝国全図」に境界線や府県名を書き加えている(斉藤氏提供)

 改名した県もある。

 宮城県→仙台県、栃木県→宇都宮県、石川県→金沢県、愛知県→名古屋県、島根県→松江県、香川県→高松県

 宇都宮県は北関東3県をほぼ飲み込み、名古屋県は愛知と岐阜の一部、静岡の一部(浜松周辺)を取り込んだ。「地理的、歴史的つながりを考慮していて、よく練られている」と斉藤さんは評価する。

 意外に思えるのは、山口県の扱いだ。明治時代といえば藩閥政治。旧長州藩と旧薩摩藩の力が絶大だったはず。薩摩の流れをくむ鹿児島県は宮崎県を飲み込み、旧薩摩藩の支配地域をほぼ確保した。一方の山口県は大部分が広島県に吸収され、一部は福岡県となる予定だった。なぜなのか。

 「山口県を消滅させることで、反対を封じ込める意図があったのではないか」。斉藤さんは推測する。廃藩置県後、47府県に落ち着く過程で、各地域から不満が噴出した。それほど地域区分は難しい。自ら範を示したのかもしれない。

 各府県の境界線まで緻密に考えられた法案は、1904年4月の施行を予定していた。しかし事態は急転する。同年に日露戦争が勃発したのだ。結局法案は提出されず、日の目を見ないままお蔵入りした。もう1年早かったらどうなっていたか。想像せずにはいられない。

1871年、3府302県から3府72県に

1871年(明治4年)、第1次府県統合後の日本。3府72県となった。沖縄県の地図は1879年、北海道は1882年時点(斉藤忠光氏作成)

 府県の区分が現在と同じ47になったのは、1888年(明治21年)のことだ。それまで、府県区分は幾度も変更を繰り返してきた。

 1871年7月、廃藩置県によって藩が県に代わり、3府302県が誕生した。幕末からの支配領域をそのまま継承し、飛び地も残された。

 最初の大変革はその4カ月後。3府72県と、4分の1以下に再編したのだ。第1次府県統合と呼ばれている。飛び地もほとんどなくなった。

 75府県という数について斉藤さんは「古代の国の数を意識したのではないか」と指摘する。古代日本には68カ国があったといわれている。そこに明治になって分国した国を加えると73カ国。確かに近い数字だ。

 第1次府県統合で生まれた県名には、一般的にはなじみの薄い名前が並んでいる。

 磐前(いわさき)県、新治(にいはり)県、額田県、安濃津(あのつ)県、度会(わたらい)県、飾磨(しかま)県、三潴(みづま)県、美々津県......。

 名前を聞いて、どこにあるか想像できるだろうか。それぞれの地域に今も残る地名ではあるが、一般的には知られていない。それもそのはず。これらの県名が使われたのはわずか5年。すぐに次の大変革を迎えたのだ。

1876年、3府35県に再編 四国は愛媛・高知だけ

1879年(明治12年)時点の府県地図。1876年の第2次府県統合に沖縄県が加わり、3府36県だった(斉藤忠光氏作成)

 第2次府県統合は1876年、2度にわたって行われた。その結果、3府72県は3府35県に再編。実に半分だ。

 後に大阪府に編入された堺県を除き、ほとんどの県名が現在と同じになった。この間、何があったのか。府県の変遷に詳しい神奈川県立麻溝台高校の教諭、石田諭司さんに聞いた。

 石田さんは長年、府県の変遷や歴史を調べてきた。郡単位で所属がそれぞれどう変わってきたか、ホームページ上にまとめている。「府県の移り変わりを細かくみていくと、地域ごとの歴史的なつながりが見えてくる」という。

 石田さんによると、県名変更にはいくつかのパターンがある。例えば郡の名前を使った変更。盛岡県から改名した岩手県などが当てはまる。次に多いのが「人心一新」を理由にした変更だ。新しい県令就任を機に変えることが多いという。仙台県を改めた宮城県などで行われた。

 再編の結果、多くの県は姿を消した。鳥取県を吸収した島根県や、徳島県を飲み込んだ高知県などは、この7月末に決まった参院選挙区の合区を思わせる。一方、現在と違う名前の堺県の存在は、大阪都構想を巡る大阪市・県と堺市との争いを思い出させる。歴史はつながっているのだ。

 県の数を半減させた大改革は、各地の「分県運動」に火をつけた。全国で「県の復活」を求める声があがり、12年間で8県が復活。徳島、福井、鳥取、富山、佐賀、宮崎、奈良、香川が県として独立し、現在の47区分に落ち着いた。

 それから120年あまり。明治以来の大改革となる道州制の議論は、このところ停滞気味だ。「平成の廃藩置県」はなるか。行方が注目される。

(河尻定)[日経電子版2015年9月25日付]

【関連記事】
「裏参道はどこに 表参道駅に移転・改称の歴史」
「ぬれバーガーが人気 ファストフードは脱・全国一律」

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>